本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を田園調布で建てる

田園調布といえば、都内でも歴史ある高級住宅街として知られるエリアです。緑豊かで閑静なエリアなので、憧れる方も多いのではないでしょうか?そんな憧れの高級住宅街・田園調布の特徴や坪単価をご紹介します。

田園調布で暮らす

田園調布の特徴

都市計画で生まれた歴史ある住宅街

田園調布

田園調布は、1918年に東急電鉄の創業者が中心となった都市計画によって生まれた高級住宅街。田園調布駅の西側には、パリ凱旋門周辺にみられる「エトワール式道路」をモデルに作られた扇状の道路が広がっています。田園調布には東急東横線や東急多摩川線、東急目黒線という3路線が乗り入れているのも特徴。出勤やお出かけにも不便しない、便利なエリアだといえます。

高級住宅街ならではの特徴

田園調布といえば、閑静な高級住宅地というイメージが強いもの。景観維持のため、都心にあるような高層マンションは一部エリアを除いて一切ありません。駅前にはコンビニや大型商業施設がありますが、エリアによっては買い物できる場所が非常に限られてしまうケースもあります。その一方で、地元の人から愛され続けている老舗の飲食店が多いというポイントも。田園調布で高級注文住宅を建てる際は、この点を踏まえてエリア選びを行うことが大切です。

田園調布の坪単価

他の高級住宅街よりも比較的リーズナブル

田園調布の坪単価は、2019年時点で235万8861円です。前年比より2.85%の上昇がみられています。都内で同じく高級住宅街として知られる渋谷区松濤や港区麻布といったエリアと比べると、リーズナブルな坪単価だといえます。

田園調布の魅力

守られ続けている高級住宅街としての品格

景観を守るためのルールが機能

東京大田区にある田園調布は、都内有数の高級住宅街として知られるエリアです。歴史ある邸宅やデザイン性の高い高級住宅が立ち並び、美しい街並みを形作っています。

田園調布には、「田園調布憲章」という美しい街並みを守るための建築物ルールがあります。田園調布憲章には「建物の高さは地上2階、9メートルまで」「ワンルームの集合住宅の建築は不可」「植栽の石垣をできるだけ取り入れる」といったルールが示されています。これらのルールは新築物件だけでなく、リノベーションの際にも適用されるのが特徴。田園調布の調和のとれた街並みは、こうしたルールのもとで成り立っているといるのです。

田園調布エリアの治安・犯罪率

治安が良く子供や女性も安心

犯罪発生率が低く女性や子育て世代が住みやすいのも田園調布の魅力。駅のすぐそばに交番があることに加え、高級住宅が多くパトロールが頻繁に行われていることや、道幅が広く見通しのいい場所が多いことなどが治安の良さに一役買っていると思われます。田園調布せせらぎ公園のように自然豊かな公園もあり、より身近に四季を楽しめるのもポイント。子育て世代の場合も、子供たちを遊ばせる場所にも困りません。

穏やかに過ごせる住宅街

大田区のなかでも田園調布は治安がよいエリアです。2019年の総犯罪件数が100件以下で、閑静な高級住宅地ならではの穏やかな時間を過ごせます。

道が広く買い物できるお店の数が多くないため、車を所有している人も数多い地域ですが車の窃盗件数も少ないです。

田園調布の買い物スポット情報

駅前にお店があるので通勤・通学帰りに済ませられる環境

田園調布の東口には、商店街があるので、便利。また、スーパーマーケットも駅周辺にあるので便利です。

  • プレッセ(田園調布2丁目)
  • ナショナル田園(田園調布2丁目)
  • OK(田園調布本町52-1)
  • まいばすけっと(1丁目/本町29-2)
  • 自然市場えころじあ(田園調布1丁目)

口コミではプレッセを利用しているという声が多く、その他のスーパーマーケットは撤退したり新店舗になったりすることもあるようです。

通勤や通学で田園調布から主要都市へ出かける人は出先で買い物を済ませて帰ってくるルーチンのほうが過ごしやすいかもしれません。

田園調布の教育環境・学区

住所による選択なので住まい選びは慎重に

田園調布の小学校は学校選択制ではなく、大田区立田園調布小学校または私立の田園調布雙葉小学校に通う子どもたちが多いようです。区立は小学校も中学校もあります。また、田園調布雙葉中学高等学校への進学は、田園調布雙葉小学校卒業者のみなので、小学校受験をする人も多いようです。

勉強できる場所では大田区立図書館もあり、便利。また、田園調布学園大学図書館があり、大学図書館ですが、一般の人への貸出も行われています。

田園調布の住みやすさに関する口コミ

  • 高級住宅地だけあって金額が高いスーパーが多いです。商店街も店の入れ替えが激しいため、定期的な買い物に利用するのは難しいケースもあります。交通アクセスは良く、羽田空港までもシャトルバスで行けますし、都心へも簡単に行けるのも便利です。
  • 田園調布は、実は多くの人がイメージする田園調布と下町らしさの残るエリアに分かれています。高級住宅地のイメージが強い丘の方は有名人や芸能人を見かけることも。都心へ行きやすく治安も良いのでかなり住みやすいと思います。ただ、買い物は下町エリアまで下っていく必要があるので車が必須ですし、飲食店の数もあまり多くありません。
  • 緑豊かな場所で田園調布そのものの外観が整えられているのでキレイです。運動をしたい人は多摩川沿いをウォーキングできますし、過ごしやすいです。一軒家というか豪邸が多く、外食できる場所も少ないことから、自宅で食事を取るファミリー世帯に向いているエリアだと思います。交通の便はいいです。
  • 基本的に治安のいいエリアですが、住んでいた期間内に数件空き巣がありました。それ以外に目立った事件は見られません。主要都市への移動がしやすいためか、高級住宅地であるためか分かりませんが飲食店の数がかなり少なく、外食がメインになっている人は自由が丘などへ出かけている人が多いイメージです。武蔵小杉も近いので買い物も特に困りません。

高級注文住宅の施工事例

田園調布で叶える。高級注文住宅チームの見解

伸びやかな深い屋根や庇の重なりが陰影を生み、それが変化しながら豊かな表情と重厚感のあるたたずまいを生み出しています。室内においては、こだわりぬいた材料に多様なデザインを駆使しながら、格式を感じられる空間となっています。

田園調布の魅力は、静かで自然豊かな点や治安の良さといった点があげられます。歴史ある邸宅やデザイン性の高い邸宅が多く立ち並び、注文住宅を建てる場としてふさわしい場だといえるのではないでしょうか。

ただし前述したように、田園調布には景観維持のためのルール「田園調布憲章」が存在します。高級注文住宅を建てる際は、そのルールに則る必要があります。街の景観を壊さないよう意識しつつ、注文住宅を建てなくてはなりません。そこで、ルールを逆手にとって住宅のデザインに活かすこともひとつの手です。美しい植栽のある石垣を作ったり、低めの柵や塀で開放感のある住宅を演出したりと、自分では今まで浮かばかなったデザインが浮かぶ可能性もあります。建築家や工務店と相談しつつ、十分な建築計画を立てていきましょう。