本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を茅ヶ崎で建てる

湘南らしい海の街並みが広がる茅ヶ崎。海岸線までほど近く、都会とはまた違った穏やかな雰囲気があります。身近な環境で楽しむことができるマリンスポーツも魅力のひとつですね。今回は、そんな茅ヶ崎の特徴、魅力、地価などを調べてみました。

茅ヶ崎で暮らす

茅ヶ崎の特徴

温暖な気候から首都圏のベッドタウンに

街の中心部である「茅ヶ崎駅」は、「JR東海道線 湘南新宿ライン」と「JR相模線」を利用することができる駅。横浜までは約30分程度、新宿までは1時間程度で移動できます。都心まで若干時間はかかりますが、その湘南エリアらしい街並みから、根強い人気を誇っています。

海に近いことから年間を通して温暖な気候の茅ヶ崎エリア。夏は暑くなりにくく、冬は暖かいため、東京や横浜のベッドタウンとして発展してきました。サーフィンをはじめとするマリンスポーツが盛んなため、地域にはサーフショップや輸入雑貨店も多く見られます。ほかにも海岸沿いの防風林を通る散策路やサイクリングロードなども整備されています。夏場は海水浴や観光に多くの人々が訪れます。

また茅ヶ崎と言えば、「サザンオールスターズ」の桑田佳祐や、加山雄三といったミュージシャンを輩出したことでも有名な街。「茅ヶ崎駅」付近には、「サザン通り商店街」や「雄三通り」といった商店街もあり、そのほか「イオン茅ヶ崎」や「ラスカ茅ヶ崎」などの複合商業施設もあるため、地域ならではの雰囲気を味わいながらショッピングを楽しめるのも魅力の1つとなっています。

そんな茅ヶ崎は、高級住宅街がある街としても有名。駅の南側、東海岸南エリアは、高級マンションや大きく余裕がある戸建て住宅が広がっています。感じられるのは、「湘南ブランド」の特徴であるスローライフな雰囲気。明るい陽がさす穏やかな海沿いの街は、都会の喧騒を離れてゆっくりとした暮らしを楽しむのに最適です。

茅ヶ崎の坪単価

坪単価は平均67万3,829円

茅ヶ崎の坪単価は、2019年時点での調査で、1坪あたり平均67万3,829円(地価は平均20万3,833円/㎡)となっています。変動率としては、前年から+0.57%と上昇しています。全国の相場と比較してみると、茅ヶ崎の坪単価は全国順位で78位と高め。なお、茅ヶ崎で最も地価が高い住所は「茅ヶ崎市新栄町8-2」で、地価は47万5,000円/㎡となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/chigasaki/)

茅ヶ崎の魅力

海辺の街らしいコミュニティが魅力

「烏帽子岩」をはじめ、湘南エリアらしい海辺の街ならではの魅力が詰まっている「茅ヶ崎」。海岸線までの距離は約1.5kmととても近いのも特徴でしょう。その開放的な雰囲気もあいまって、駅から一歩踏み出すとオープンな感覚に、まず新鮮さを感じることができます。マリンスポーツやショッピングをはじめとする観光地としても愛されていますが、茅ヶ崎の穏やかで明るい雰囲気に惹かれて移住する人もたくさんいます。

茅ヶ崎で魅力的なグルメと言えば、茹でたての「しらす」。古くから茅ヶ崎で行われている地域ならではの漁法で水揚げされたしらすは、鮮度抜群。釜揚げしらすとして味わうことができます。もちろん、そのほかにも新鮮な魚介類を味わうことができ、食の面でも海辺の街ならではの恩恵に溢れたエリアと言えるでしょう。

茅ヶ崎で暮らす人々は心がオープンな人が多いことも、この街ならではの魅力。初対面でもすぐに打ち解けられるコミュニケーションが取れます。「洗練された都会らしさ」と言うよりは、地域全体に「ローカル感」があるため、距離感が近く、居心地の良い雰囲気を感じることができます。スローライフや日々の喧騒から少し離れて暮らしてみたい方にはオススメなエリアです。

茅ヶ崎の治安

茅ヶ崎はおしゃれで住みやすい街として、一人暮らしの女性からの人気も高く安心して暮らせるイメージがあり、インターネット上でも茅ヶ崎の治安については良好とする記事や口コミが散見されます。

神奈川県警が公表している「市町村別の犯罪認知件数(令和2年確定値)」(※)を見ると、茅ヶ崎における犯罪認知件数の総数は790件とやや多めに思えますが、凶悪犯と呼ばれる事件はそのうちの1件のみ。多くは駅周辺での自転車窃盗など「その他の刑法犯」であると分かります。

週末の繁華街などは酔っ払い客同士のトラブルなどもありますが、駅周辺には街灯も多く、仕事や学校で帰宅が遅くなった時も明るく人通りの多い場所を選んで行動すれば、特別不安に感じる必要はないでしょう。

なお「住居侵入」が令和2年12月末の時点で14件発生していますので、戸締りについては徹底するよう習慣づけておくべきだと言えます。

※参照元:【PDF】神奈川県警察|令和2年確定値 刑法犯 罪名別市区町村別 認知件数(https://www.police.pref.kanagawa.jp/pdf/c0030_42.pdf)

茅ヶ崎の教育環境

茅ヶ崎には小学校、中学校、高校と複数の教育機関がそろっており、さらに高等教育機関として、文教大学や茅ヶ崎看護専門学校、茅ヶ崎リハビリテーション専門学校といった大学や専門学校も点在しています。学校&人口の多いエリアであるため、塾や予備校も多く、適度な競争意識で子供の成長を促されるでしょう。

教育施設が充実しているということは、周囲の教育意識がある程度の水準まであるということ。両親が必ず学習を見てあげなくとも、周りからのサポートを受けられるという点で、教育面についての不安は少ないと推測できます。

公立・私立を問わず数多くの保育園や幼稚園が運営されており、働きながら子供を育てている人にとっても選択肢の多い環境になっています。加えて茅ヶ崎市には事業所内保育も複数届け出がされており、民間企業の福利厚生として保育意識が高い点は、将来的な教育環境の拡充を目指す上でも魅力的といえるでしょう。

その他、駅前の広々とした公園で遊んだり、海を眺めて暮らしたりと、季節の変化を感じながら子供の情操教育を進めていけることも大切です。

参照元:茅ヶ崎市公式サイト「待機児童数一覧(令和3年3月)」(https://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/kosodate/hoikuen/1004777.html)

茅ヶ崎のショッピング環境

茅ヶ崎駅の北側にある駅ビル「ラスカ茅ヶ崎」を始め、「イオン茅ヶ崎」のような大型商業施設があり、日常的な買い物から休日のショッピングまで幅広く楽しめます。

「サザン通り商店街」や「雄三通り」は地元民から愛されている商業エリアである上、サザンオールスターズや加山雄三のファンからも人気の観光スポットであり、茅ヶ崎の雰囲気を味わいショッピングを楽しもうと多くの人でにぎわっていることも特徴です。

茅ヶ崎駅の南側は飲食店や商業施設よりも医療機関が多いため、駅を中心として街の用途が分けられている印象があります。駅近くに病院がある点は、通院に対しての心理的ハードルが下がるといったメリットであるとも考えられるでしょう。

茅ヶ崎に住む方の口コミ

子育てで困ることがない

小学校から高校まで、茅ヶ崎市内にたくさんの学校があるので、子供の進学や教育に困ることはないと思います。治安も良いので、小学校に入学する前の子供がいても安心して育てられることは素敵です。近所の方々も親切な人が多くて、みんなで一緒に街を良くしていこうという意識を共有している感じです。

参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/chigasaki/review/educate/)

自然が多くて交通アクセスも便利

茅ヶ崎には海や自然が多くて、気候も温暖なので快適に過ごせます。東京へ出かけたい時も、JRを使えば茅ヶ崎駅から1時間程度でアクセスできるので、不便を感じることはありません。

参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/kanagawa/chigasaki/review/educate/)