本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を番町で建てる

千代田区にある番町は、かつて作家や文化人などが多く暮らしていた歴史ある町です。散策すると、そうした文化人達の居住跡等を目にすることもでき、趣ある閑静な雰囲気を感じ取られるのも楽しみ方の1つでしょう。また、「イギリス大使館」を代表に各国の駐在施設もそこかしこにあり、まさに高級住宅街と呼ぶにふさわしいエリア。そんな番町の魅力や特徴、坪単価、高級住宅の施工事例を紹介します。

番町で暮らす

番町の特徴

文化が住まう閑静な街

番町は、東京都千代田区にある高級住宅街。都内有数のビジネス街の一角にありながらも、文化的な趣きを感じさせる閑静な雰囲気を持ったエリアで、高級住宅街の代表格として有名です。皇居から西に位置し、南は新宿通り、北は靖国通りに挟まれています。

歴史的に番町は、江戸時代、城の守備にあたる家臣である旗本たちが暮らしていた地域でした。町名となっている一番町から六番町は、当時の旗本たちの一番組から六番組に由来しています。そうした旗本たちが暮らしていた地所には、「イギリス大使館」をはじめ、各国の大使館が立地しており、現在も多くの駐在員たちも番町に暮らしています。このような海外駐在員の居所であったことも、番町が高級住宅街として発展してきた理由の1つとなりました。

有名な建築物としては、格式高い建築美を感じさせる「ローマ法王庁大使館」や「桂宮邸」などがあります。また、ミッション系の名門学校「上智学院」や「雙葉学園」もあるほか、「大妻女子大学」、「東京家政学院」などの教育機関も多く立地しており、アカデミックな雰囲気を持つ一面もあります。

さらに番町ならではの特徴として、作曲家の滝廉太郎や文学者の島崎藤村や与謝野晶子など、多くの文化人が居所を定めた地域だったことも挙げられます。こうしたことに由来し、「四ッ谷駅」前の「新宿通り」から「半蔵門駅」がある「大妻通り」までを結ぶ通りが、「番町文人通り」と名付けられています。約1kmの沿道には、明治から昭和にかけて名を馳せた文学者の住宅跡を見ることができ、これらの住宅跡を示す案内プレートが設置されていますので、観光散策にもおすすめのスポットです。

番町の坪単価

1坪あたり1117万7226円と高額

番町エリアの最新の坪単価ですが、参考として番町エリアを含む麹町の坪単価が、2019年時点での調査で、1坪あたり1117万7226円となっています。変動率としては、前年から+4.94%で上昇しています。千代田区らしく、全国有数の高額地価になっています。番町としては、「千代田区二番町3番4」の地価が418万円/m2と最高額になっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/kojimachi/)

番町の魅力

国際色と伝統美が融合

千代田区番町には、各国の大使館が移転当時から変わらず点在しており、「ローマ法王大使館」や「ベルギー大使館」などの荘厳な洋風建築が、番町に国際色豊かな雰囲気を与えています。その他、迎賓館やカトリック系の修道院などを眺めることもでき、明治以降、日本の近代に海外の文化が入ってきた当時の雰囲気を感じとることができるでしょう。一方で、天皇家の住まいである皇居も近く、靖国神社や豊川稲荷など、神道や仏教の建築物も楽しむことができます。このように、明治期の文明開化による日本の国際化と、伝統的な日本美が入り混じっていることも、番町の魅力なのです。

また番町は、都内有数の名門校が多く立地することでも有名です。「九段小学校」や「麹町中学校」、「都立日比谷高校」などの名門公立校のほか、私立女子大学も集まっています。かつて多くの文化人が住っていた地域は、現在でも文化発信の拠点として、多くの学徒を輩出し続けています。

おでかけスポットとしては、旧江戸城の一部にあたる「千鳥ヶ淵公園」があります。春になると約170本もの桜が咲き誇るため全国からお花見めあての観光客が訪れるほか、日常的にも都内のリフレッシュスポットとして親しまれています。皇居にはジョギングに励む人の姿もありますから、都内中心部でありながら伸び伸びとした空気を感じることができるでしょう。

番町の治安

皇居が隣接し大使館などもあって治安は落ち着いている

番長は東京都内の中でも比較的治安がよいエリアです。皇居が隣接していること、各国の大使館があること、歴史的な名門校などもあって落ち着いた住宅街を形成しています。

犯罪が多発するエリアにはできず、警察などの公的機関からも重要視されるエリアで、番町の人口と交番や駐在所がカバーしている比率は全国でもトップクラスです。

監視カメラも設置して防犯への意識を高めていますし、繁華街を見れば警察官が頻繁にパトロールしています。「平成30年度千代田区安全・安心まちづくり行動計画」には、死角のないまちづくり、学校・幼稚園・区立施設について犯罪防止面から総点検を行うことが盛り込まれました。

また、安全パトロールの強化、SNSを通じた防犯に関連する情報提供を実施し、積極的に治安が悪くならない取り組みを行っています。

番町の教育環境

名門校が多く進学のため他エリアから引っ越しする家庭も

子育てを含め、教育環境が整っています。千代田区は中学生まで医療費助成を実施しており、有名進学校も多数あるエリアです。将来的に東京大学へ進学する子どもも多い「区立番町小学校」「区立麹町中学校」「都立日比谷学園」などもあります。

明治時代に創立された歴史の長い学校も多く、子どもの進学のため千代田区に引っ越しをしてくる家庭もあるぐらいです。2019年までは四番町に、上智大学市ヶ谷キャンパスもありました。ミッション系の名門校「雙葉学園や東京家政学院」も全国的にも知られています。

番町のショッピング環境

商業施設や商店街もあって日常の買い物で困らない

「有名企業のビルも多いオフィス街」「閑静な高級住宅街」そんなイメージも強いですが、ショッピング環境も充実しています。中心はあくまで住宅街ですが、教育施設や商業や業務施設もあり、全体的に調和し共存する街づくりに取り組んでいるのです。

半蔵門駅と麹町駅周辺では、日常の買い物で利用できる成城石井や東急プラザ赤坂などのスーパーマーケットがあります。日本テレビ通り、二七通り、麹町駅を結ぶ一番町児童館前の通りの沿道には、建築物の低層部に生活利便性を高める店舗が並んでおり、商店街もあります。

一番町や三番町の一部は既存商店街を活かすため、楽しく快適な歩行空間づくりにも取り組んでいる街です。

番町に住む方の口コミ

クリーンな環境です

東郷公園や外堀公園や皇居もあります。学生は多いですが道にゴミが落ちていることもありません。クリーンな環境です。緑もたくさんあり、水辺には蝶やトンボなどを普通に見かけます。朝は皇居方面から吹いてくる風がとても気持ちいいです。

安心して暮らせる住環境

治安について特に問題を感じたことがありません。安心して暮らせる環境です。夜道も街灯があるため明るいですし、不安になるところはあるかな?と考えてみましたが、思いつきません。それほど平和な街というイメージです。

治安のよさは都内一

皇居に近い一番町ですが大使館もあって治安のよさは都内一だと思います。土日でも静かで人通りは少なめです。夜に歩いていても不安になることはありませんでした。治安を気にされる方にとってはとてもよい環境です。

クリニックも多く名門校もあり子育て環境もいい

一番町ですがクリニックも多いですし、麹町小学校は日本有数の学校です。近くにレベルの高い私立校もあって交通も便利ですから、都内の学校に通うとしても便利な環境だと思います。千代田区自体が、子ども向けイベントを多く行っているため、小学校低学年以下の子どもに対する文化的な環境も整っています。