本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を藤が丘で建てる

名古屋市内でも5本の指に入る高収入世帯がマイホームをかまえる「藤が丘」エリアは、閑静な高級住宅街として有名です。ここでは、藤が丘の魅力や特徴、坪単価、高級住宅の施工事例とあわせて紹介します。

藤が丘で暮らす

藤が丘の特徴

暮らしやすい高級住宅地

名古屋の中心街からはやや離れますが、その分、閑静な住宅街として好まれる「藤が丘」エリア。地下鉄東山線の始発駅ということもあり、「駅から座って通勤できる」と、サラリーマンがマイホームを新築するベッドタウンとして人気を持った街です。本格的な開発が行われてきたのは、2005年の愛知万博から。有名な「リニモ」が開通して以来、一段と賑やかな街となりました。以前から立ち並ぶ邸宅と、新しく建てられていく住宅が調和しながら街の外観を形作り、暮らしやすい郊外の高級住宅街になっています。「藤が丘」エリアが位置する名東区は、名古屋市内でも区民の平均年収が高いエリアとして、5本の指に入っています。

最寄駅となる「藤が丘駅」は、名鉄東山線とリニモの始発駅。東山線であれば、中心街である名古屋駅や栄駅にも乗り換えなしでアクセス可能。その他の他の路線に乗り換える場合も、アクセスの良さが魅力です。バリアフリーも設置されるなど、あらゆる人に向けた配慮がなされており、利便性も抜群。その他、幹線道路や名古屋ICにも比較的近いエリアでもあり、自家用車があれば遠方へのおでかけにも便利です。

藤が丘の坪単価

91年をピークにゆるやかに変動

「藤が丘」エリアの坪単価は、2020年時点のデータで、66万1,411円/坪となっています。前年比からの変動は、エリア内のほぼすべての地域で地価が高まっており、高級住宅街としての藤が丘の人気を伺えます。地価ランキングを見てみると、藤が丘駅に近い名古屋市名東区明が丘124番2が最も地価が高く、50万0,000円/㎡、坪単価は165万2,892円/坪となっています。変動率は、前年比+6.38%です。エリアで最も低い順位になっているのは、名古屋市守山区四軒家1丁目1016番外。地価は10万3,000円/㎡で、坪単価は34万0,495円/坪。それでも前年比+1.98%です。

藤が丘の地価に関するデータは1983年から残されており、1991年の78万6,833円/㎡が最高公示地価になっています。最低公示地価は1983年の13万7,333円/㎡になります。両者の差はおよそ5.7倍ということになります。

※2020年(令和2年)時点

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/nagoya-fujigaoka/)

藤が丘の魅力

高収入世帯のホームタウン

高級住宅街として知られる「藤が丘」エリアは、日当たりがよい丘陵地帯にあるため、かつては農業が盛んに行われていました。60年代を過ぎた頃に区画整理の事業が進行していき、1970年に「藤が丘」という現在の地名が名付けられています。区画整理が行われていることもあり、開放感も覚ぼえるほど道路も広々としおり、エリア一帯にゆとりが感じられます。

2005年の「愛知万博」にあわせて開通した「リニモ」の始発駅になっており、以降は高収入のサラリーマンがマイホームを構える住宅街として発展しました。

エリアの中心となっている「藤が丘駅」には、「藤が丘effe」をメインとするショッピングモールがあり、「藤が丘中央商店街」「マックスバリュ藤が丘店」など、駅の近くで便利に買い物を済ませることができます。子育て世代で人気がある公園としては、「明が丘公園」が挙げられます。駅から歩いていける距離に住宅街が広がっており、名古屋市内で5本の指に入る高収入世帯が一戸建てを購入してマイホームを構えている、閑静な高級住宅街の街並みを見ることができます。

藤が丘の治安

今後に期待が高まる、郊外再開発エリア

2019年ARUHIが実施した、本当に住みやすい街大賞2019in東海で2位*を獲得している地域、藤が丘。新興住宅地が多く緑豊かなエリアで訪れた人に明るい印象を与えます。

居酒屋が軒を連ねる夜まで賑やかなエリアもあり街灯も多いため、帰宅時間に暗い道を通らなくて済むところも。住宅街は落ち着いておりのどかな雰囲気です。セキュリティの充実している大型マンションもあります。

藤が丘は郊外再開発エリアの先駆けとも言われており、今後ますます発展し街全体が活気付くことが予想されています。小中学校の近い住宅街は比較的新しい建物が並ぶ綺麗な街で、治安の良いエリアのようです。藤が丘に住んでいる方の口コミでも治安に関しては好意的なものが散見されます。

*国内最大手の住宅ローン専門金融機関アルヒによるランキング。住環境、交通の利便性、教育・文化環境、コストパフォーマンス、発展性の5つの基準を設定し アルヒの膨大なデータをもとに住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定。

藤が丘の教育環境

豊かな自然と、新しい街が融合

自然豊かでありながら新しい住宅も多く落ち着いているエリアとされる藤が丘からは、保育園や幼稚園だけでなく小学校から大学まで通えます。

「のびのびと駆け回って遊びながら学ぶ」という教育方針で運営している「もりのようちえん(自然幼稚園)」も、車で10分ほどの距離にあります。

藤が丘駅を最寄りとしている大学もあるため、家から学校に通いやすく、大人になるまで藤が丘に住むことも可能でしょう。愛知淑徳大学長久手キャンパスや愛知学院大学日進キャンパスなどは、送迎バスも運行。車がなくても通える利便性も魅力的な土地であると言えます。周辺には歴史的名所もたくさんあるため、校外学習にも力を入れられそうです。

藤が丘のショッピング環境

車いらずで買い物ができる

藤が丘周辺は近年都市開発が進んでおり、大型ショッピングモールも新規オープンしています。長久手のイオンやIKEAといった近隣施設へのアクセスも良好。スーパーや薬局は徒歩圏内に点在しているため、散歩がてら買い物に行く人も多いようです。

藤が丘駅周辺にもショッピングエリアがあるため帰宅途中に買い出しができるでしょう。藤が丘駅近くにある「effe(エフ)」は、日用品や食材などの品揃えが充実しています。わざわざ足を運ぶというよりも、何かのついでに用事を済ませられる利便性が魅力的。商店街も活気があるため休日のイベントも楽しめそうです。

街の人口や年代的に若年層が多いため、おしゃれなカフェや雑貨屋が多いのも藤が丘ならでは。ふらりと散歩をして新しいお店を見つけるような、そんな街歩きをしてみたくなります。

藤が丘に住む方の口コミ

街中だけれど住みやすい

街の中ですが、比較的自然が多く綺麗です。夜は静かですし、散歩も気持ちいい地域ですね。治安も良く、公園や図書館も充実しています。介護施設は少ない印象を受けますが、子育て&ファミリー層にはおすすめの街です。

参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/aichi/nagoya/meito_ku/fujigaoka-eki/review/)

公共交通機関がたくさん

地下鉄東山線始発駅なので利便性が良いです。東山線なので本数も多く、金曜日は終電が延長されます。セントレアまでは高速バスでアクセスできるのも便利ですね。街の中にショッピングスポットも多くて、満足しています。

参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/aichi/nagoya/meito_ku/fujigaoka-eki/review/)

散歩も楽しい

日用品は徒歩圏内で済ませられます。ちょっと歩けばカフェもありますし、飲食店も多いですね。街並みも綺麗ですし、治安も良いエリアです。外食の選択肢もたくさんあるので、日々楽しんでいます。

参照元:スマイティ(https://sumaity.com/town/aichi/nagoya/meito_ku/fujigaoka-eki/review/