納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » 高給注文住宅を建てる際には、どんな業者に頼むべき?

高給注文住宅を建てる際には、どんな業者に頼むべき?

高級注文住宅を建てる時に実際に依頼する業者の選定はとても重要です。自分のこだわる点と業者の得意分野が一緒であることが、理想の家に近づくポイントになります。

工務店、ハウスメーカー、建築事務所の違い

注文住宅を手がけている業者は大きく分けて、工務店、ハウスメーカー、建築事務所の3つがあります。それぞれ、得意な分野が違いますし、メリットデメリットが存在します。まずは、何が違うのかを整理します。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーは、TVのCMなどでもよく見かける業者ですし、大きな総合住宅展示場を開設していて、家を建てる時に真っ先に思い出す存在はないでしょうか。大手のハウスメーカーは、全国規模であり施工棟数も圧倒的に多く実績も豊富にあります。

その豊富な経験値から、安心して任せられることは間違いないでしょう。

工務店とは

工務店は、地域密着型の業者でその地域の特色や、地域性を考慮した家を建てるのが得意です。地域に根付いた業者のため、建った後のアフターフォローもしっかりしてくれます。施工された家を見ることで、実際に立つイメージをつかむことができます。

大手のハウスメーカーから請負で施工している工務店や、FC店などもあり工務店とハウスメーカーの違いが分かりにくくなっている原因かもしれません。

建築事務所とは

建築事務所は、設計士や建築士がハウスメーカーなどから独立して運営をしています。設計から施工管理までを請け負い、施工は担当の工務店や自分で選んだ工務店が行います。

建築事務所は設計に特化しているため、個性的なデザインやこだわりの強い独自の家を建てることが可能です。綿密な設計をしてくれますが、個性的なデザインゆえに施工期間が延びたり、費用が高くなったりする面はあります。

工務店、ハウスメーカー、建築事務所のメリットデメリット

それでは、3つの戯業者のメリットとデメリットについて紹介します。

ハウスメーカーのメリットデメリット

ハウスメーカーで依頼するときのメリットは、最新の設備や機能を有す家を建てられることでしょう。ある程度の設計パターンをもっているため、自分のライフスタイルに合ったパターンを、細かな設計をせずに提案してくれます。長期保証や手続きのスムーズさ、安心感が最大のメリットでしょう。

デメリットとしては仕様がある程度固まっているので、独自のデザインや設計の自由度が少ないです。こだわりのある設計や規格外の仕様には対応していないハウスメーカーもあります。自由な設計にこだわる人には大きなデメリットになります。

工務店のメリットデメリット

工務店のメリットは、気候風土や風習、地域の特性を考えた設計施工ができます。きめ細かい設計や建てた後の相談など、お客により身近に寄り添ってくれるのが最大のメリットです。

デメリットは、施工事例が少ないため提案力に欠けたり、工期が伸びたりする可能性があることです。建材や設備の費用が割高になることもあります。また、情報が少ない工務店ではどんな家になるのかをイメージしにくい点もあります。

建築事務所のメリットデメリット

建築事務所は、自由な設計がウリです。小さな土地に規格外の家を建てることや、変形地に家を建てるなどには自由な設計が必要なので、建築事務所に依頼するのが最適でしょう。こだわりの一棟を建てることができるので、デザインを叶えるために特注品を入れる事も可能です。しっかり設計をするために、追加コストが発生しにくいのもポイントです。

デメリットは、設計後にしか最終コストが分からないのでコスト比較は難しいことです。自由な設計ができる反面、特注品のためにコストがかかったり工期が長くなったりするデメリットもあります。

どこに依頼するべきか?

注文住宅を建てる業者は、それぞれに強みや弱みがあります。自由度の高い家を建てるハウスメーカーもありますし、規格にそった家を建てるのが得意な工務店もあります。同じ工務店、ハウスメーカーでも、特異なことは違います。

そのため自分が建てたい家のどこにこだわり、どこを中心にするのかをまず考えることが重要です。こだわるポイントを得意とする業者を選ぶことが、自分の理想の家が建てられることになります。

まとめ

ハウスメーカー、工務店、建築事務所の違いからメリットデメリットについて紹介しました。業者選びの参考にしてみてください。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト