納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » 住宅の品質を決める、本物の素材へのこだわり

住宅の品質を決める、本物の素材へのこだわり

住まいづくりの重要な要素となる素材。高級注文住宅だからできる素材選びやこだわりとは、どういったものなのでしょう。

高級注文住宅だからこその素材選び

高級注文住宅だからこその素材選び住宅において、プランと同じくらい大切なのが仕上げの素材と、そのデザインです。それは、その質感、色合い、実際に触れる感触などが、雰囲気や心地よさを大きく左右するからです。このため、最終的な仕様の決定まで、インテリアについての検討が行われるのが一般的です。
一方、意識されることは少ないものの、実は住宅の根幹を支える部分──たとえば土台、柱、梁など見えない部分の素材も大切な要素です。高級注文住宅においては、さらに下地となる材料や断熱材などにもこだわり、住まいとしてのトータルな品質が追求されるケースが一般的です。

素材が左右する暮らしの安全

素材が左右する暮らしの安全ホルムアルデヒド、VOC。これらの言葉にピンとくる方は、住まいと健康について特に高い関心を持たれているといえるかもしれません。有機溶剤や揮発性有機化合物など、住宅の材料に使われている接着剤、可塑剤などが室内の空気を汚染し、めまい、頭痛に始まり体質によっては甚大な健康被害をもらすシックハウス症候群。
多くの被害発生を受け、建材などから発生するこうした物質の量が規制されるようになりましたが、こうした部分にも意識を向け、素材を吟味するのも高級注文住宅の特徴といえるでしょう。近年、多くの人にみられるアレルギーなどにも細心の配慮を払いつつ、心地よく、かつ健康的な環境づくりには素材選びがとても重要です。

国産材を活用するという選択

国産材を活用するという選択工業製品に頼らざるを得ない部分は別として、住宅の骨格をなす柱、梁、壁・床の仕上げ、造作家具や窓枠に至るまで使用される木材に関しては、最も健康的な無垢材ということに加え、国産材にこだわる住宅会社もみられます。
家は裏山の木で建てるに限る。これは、かつての住まいづくりにおいて言われた言葉で、同じ風土で育った木材が、その土地での住まいづくりには最もふさわしいという意味です。それよりは範囲は広がりますが、日本で育った木は、日本の住宅によくなじむことは理解できると思いますし、積極的に国産材を使うことは森林の更新につながり、環境を守るほか、関連産業の振興にもつながります。
たとえば、15年以上前に原木の確保に始まる国産材利用の仕組みづくりを確立し、製材、加工、そして植林活動などにも取り組むハウジングオペレーションアーキテクツなどの例をみると、国産材を使うことが今や住まいづくりに求められる大切な要素とさえなっていることが理解できるでしょう。

住宅の品質を決める、本物の素材へのこだわり

高級住宅を建てる時に、設備や内装にこだわる人は多くいます。

その一方で、住宅そのものを形作る素材にこだわりを持つ人は案外少ないようです。

そこでここでは、高級な建築用木材を紹介します。

有名なものから一般には知られていないものまでチョイスしたので、建築素材にこだわりたい人はご一読ください。

ヒノキ

高級建材と聞いて、日本人がパッと思い浮かべるのはヒノキではないでしょうか?

ヒノキにはヒノキチオール、フィトンチッドという香りの良い成分が含まれておりリラックス効果があります。リビングの床材や柱材として使えばストレスを軽減できること請け合いです。

ヒノキは水に強くて腐りにくく、シロアリにも強いといった特性から、日本では古くから神社仏閣の建築に多く使われてきました。その耐久性は折り紙つきで、日本産のヒノキは海外からも評価されています。

抗菌性にも優れているため、ヒノキ造りの住宅で暮らせば健康的な生活を営めます。

昨今の日本には外国産のヒノキが増えてきているため、国産にこだわるのであれば有名な『木曽ヒノキ』など国産ブランドのものを使ってください。

黒檀

漆黒で重厚な高級感が漂う、世界中で人気の高級素材です。エボニーとも呼ばれています。

黒光りする落ち着いた色味には精神安定効果もあるとされています。色が黒い物ほど希少とされ、高値で取引されています。

非常に硬いことで知られており、加工する時に工具の方がダメになることがあるようです。

多少物がぶつかった程度ではへこまないので、床や壁に使うと美しい内装が持続します。

また、害虫に強く抗菌作用があるため、シックハウス症候群対策としても効果を発揮します。

紫檀

希少価値の高い材料です。多くは仏壇や楽器、工芸品に使われます。

住宅では美しさを活かすため、床柱として採用される例が比較的多く見られます。

正倉院の唐木細工にも多く使われていることから、紫壇の耐朽性は歴史が証明していると言っていいでしょう。

やや紫がかった赤褐色の木材なので、ポイントを押さえて使えば部屋全体が引き締まって見えます。

紫壇からはほのかにバラの香りが漂う特徴もあり、ローズウッドとも呼ばれています。

爽やかな空気に包まれて過ごしたい方にオススメです。

タガヤサン

黒檀・紫檀とともに遣唐使時代に唐から伝わった材木です。この3つは『唐木3大銘木』と呼ばれています。

鉄の刀のように硬くて重いことから、漢字で「鉄刀木」と書かれます。

腐りにくいため、建材として使うと家が長持ちするとされています。

頑丈なだけでなく美しい木目も特徴です。大きなものを使えば人目をひくため、住宅が華やかになります。

マホガニー

世界的に有名な高級木材です。賞賛の意味を込めて「カリブの宝」という異名を付けられています。

マホガニーは「黄金色」を意味する言葉です。黄金の名に違わず、ひと目でわかる高級感がセールスポイントと言えます。

古くからヨーロッパの宮殿、豪華客船やホテルの内装などに使われてきました。

マホガニーは年月が経つに連れて色味が深みを増していきます。人間の成長とともに変化していく素材なので、その変化を楽しみたい人にはオススメです。

チーク

マホガニーと並んで高級素材です。豪華客船や高級住宅に多く使われています。

天然の油脂成分を含んでおり、ニスやワックスなどを使わなくても光沢を保って汚れをある程度弾きます。

乾燥しても割けたりヒビが入ったりしづらい特徴から、寸法が狂いにくい利点を持ちます。

水と汚れに強いので手入れが簡単です。表面材として利用することで高級感を演出しつつ表面保護材としても活用できます。

ブビンガ

超高級店のカウンターなどに使われている重厚な木材です。

良質な油脂を含むため、丁寧に手入れをすれば鏡のようなツヤが出ます。

重さと頑丈さを活かして、フローリングや装飾板としても使われます。高級家具の素材としても人気です。

耐朽性が強く虫にも耐性がありますが、乾燥で変形しやすいデメリットがあります。このためウレタンで塗装するなどして乾燥対策をするのが一般的です。

非常に存在感のある素材なので、よく見えるところに使うと高級感を実感できる生活を送れるでしょう。

ジャカランダ

最も評価が高い木材の一種です。ワシントン条約で伐採が禁止されているため、入手困難な素材でもあります。

最高級木材の名に相応しく、強度・硬さ・抗菌性・耐朽性・耐摩耗性が非常に強く、曲げや反りも一定の強さを誇ります。

希少さもさることながら、劣化を避けるために人工乾燥をさせる必要があること、加工の際の粉塵でかぶれること、油脂が多いため接着剤が使いづらいこと、硬すぎて加工時に道具を傷めることなどの理由から、加工費が価格に反映されて非常に高値で取引されています。

入手が難しいのが難点ですが、もし利用できるのであればぜひとも使うべき木材です。家の高級感が一気にワンランクアップします。

こだわりの石材

高級住宅にふさわしいこだわりの石材

高級住宅では洗練された空間を演出したり、高級感を出したりしたい時に、大理石やミカゲ石(花崗岩)を建築石材として活用することがあります。

使用される場所としては、キッチン・床・階段・玄関フロア・壁・外構・浴室・洗面・トイレが挙げられます。イメージで床に大理石があるような家しか思いつかなかった方は、活用シーンの幅広さに驚いたかもしれません。

実際に高級注文住宅の大手メーカーである、ハウジングオペレーションアーキテクツなどでは、玄関のアプローチ・外壁に石材を多用した住宅を建築しています。

ここでは、高級住宅にふさわしい建築石材を紹介します。

建築石材として使われる主な石種

一言で石と言っても、数多くの種類が存在しています。しかし同じ石種でも、建築石材として採用できる部位が違うことがあります。石の説明をすると、建築と関係ない石種の話になってしまうので、建築でよく使われている主な石種についてだけ紹介します。

以下、建築石材として主流のミカゲ石(花崗岩)、大理石、ライムストーン(石灰岩)の3種についての紹介です。

ミカゲ石(花崗岩)

ミカゲ石は墓石のイメージもありますが、石種によって全く表情が違います。

代表的な石種は、グレーのG306・黒とベージュのテキサスパール・白いサモア・グレーとベージュのG682、赤のカパオポニートレッド・黒のブラックギャラクシー・黒とブラウンのリラジェライス・白とグレーのオリーブグリーンとなっています。同じ石種とは思えないほど見た目に幅があるので、選択肢が広がります。

そもそもミカゲ石は、地球のマグマが地下深くで固まってできた石で、硬くてツヤがあって綺麗な所が最大の特徴です。すり減ったり、様々な天候に強かったりする特性なので、外壁・内壁・床・カウンター・外構など多くの場所で使われています。磨けばさらに光沢が増すので、ツヤがある石材を探している方にオススメです。

ミカゲ石には磁鉄鉱の成分を含むものもあるので、マイナスイオンを発生させたり、天然の抗菌・防腐の役割があったりします。

成分産出国はアメリカ・アフリカ・ブラジル・インド・中国など、世界各地となっています。ちなみに国内では、瀬戸内地方を中心に産出しています。

大理石

高級な建築石材の代名詞と言えば、大理石です。

大理石はライムストーン(石灰岩)が、熱と圧力によって、結晶化して堅く変化した石になります。ミカゲ石と同様に多彩な色調と、独特な模様が上品さと高級感を醸し出せる石材と言えます。

色調は、石灰質の混入鉱物によって、白・ベージュ・灰・緑・紅・黒の多彩な色調が生まれます。模様も無地以外に、縞・筋・更紗・蛇紋の模様があります。人工的に作ることができない色調や模様が魅力的で、古代から彫刻や建造物に使われてきたことが頷けます。

そんな大理石の代表的な石種を紹介してみます。例えば、真っ白に近いスイスホワイト・白にグレーの模様が入ったアラベスカート・ベージュのクレママルフィル・赤と白のエラジグヴィズネ・ブラウンのティーローズ・藍色の台湾蛇紋・黒っぽいグリージョカルニコ・黒とベージュのエンペラドールダークがあります。新しい石種もあるので、もっと種類は多くなります。

建築石材としては酸性雨に弱いため、室内で使われることが多く、内部の壁・床・カウンターに多く使われます。キッチンの天板や目立つ場所の柱などで使う高級マンションや高級注文住宅も多いです。高級感があるため、ホテルやデパート、美術館などでも使われています。

大理石の産出国はヨーロッパが中心ですが、イランやベトナムなどでも産出しています。日本でも国産の大理石は、数多くの場所で産出されていますが、粉砕して工業原料・彫刻・工芸品・インテリア製品として活躍しており、高級品として珍重されている建築石材です。

ライムストーン(石灰岩)

貝や動物の遺骸が海の底で積み重なり、固まってできた石です。優しい色調と質感が暖かい所が特徴です。

代表的な石種は、少しブラウンがかったモカクリーム・真っ白に近いブランコドマール・ブラウンの模様が入ったモカクリームダーク・黄味がかったジュライエローなどがあります。ライムストーンは熱による影響を受けていない石なので、建築用石材では最も柔らかく、吸水性も高い性質を持っています。

主に使われる場所は、内部の壁などです。

家の周りに華やかさを添える外構で使える石材

従来は外構工事で使用される仕上げ材は、コンクリートの製品がメインでした。最近では自然のままの石材の暖かさや、色調の揺らぎを好んで使う方が増えてきました。

さらにガーデニングを趣味にしている方も増加しているので、植物と相性がいい石材を使うことを検討する方も増えています。日本産の石材はもちろんですが、石材を多く建築用として使うようになったため、海外から輸入された自然石や、自然石に似た質感を持つ擬石も扱われるようになりました。そのため様々な場所に最適な石材が見つかります。

コンクリートで外構を固めてしまうとあまりに人工的な雰囲気になり、高級感が失われてしまう場合は、外構に石材を利用することを検討してみてください。以下では外構で使える自然石材の種類について、大きく分けて4種類あるので紹介していきます。

鉄平石

この石の特徴は厚みがあって、平面的な表面をしている所です。人工的にカットされているような表面は他の石にはない特徴と言えます。

色調としては暗い褐色、濃いグレーが入り混じっていて、伝統的な和風住宅などの門塀や玄関には欠かせない石材です。

原産地は日本・長野県諏訪・佐久地方が多く出回っています。

石英岩

光沢のあるダークグリーン系・ベージュ系・ピンク系が多く、玄関・アプローチ・浴室で使われることが多いです。

淡い色から濃い色まで幅広くそろいますが、天然石のため、不規則な色調や模様、濃淡があらわれます。産出国は北欧・ブラジルが中心です。

粘板岩

粘板岩はスレートとも呼ばれている岩で、石英・雲母・粘土鉱物・長石・赤鉄鉱・黄鉄鋼などが含まれています。

防水性・耐水性があることから、屋根や床はもちろん、外構にもよく使われます。

国内では宮城県産の玄昌石が有名ですが、インド産やブラジル産が多いです。海外産のものはベージュ・ピンク・グリーン系の明るい色合いが多く、現代的な洋風住宅に良く合います。

砂岩

砂が固まってできた砂岩は、柔らかい質感と風合いが特徴です。吸収率がよく壁材としてよく使われていましたが、近頃床に使えるものが出てきました。

色調はベージュ・ブラウン・ピンク系が多いです。

まとめ

建築石材として使える石材には、様々な石種が存在します。

特性や色合いによって住宅の適材適所に利用できるので、理想の住まいを実現するために建築石材はオススメです。

ここでは高級住宅にふさわしい石材ばかり紹介したので、高級注文住宅を依頼する時の参考にしてみてください。

国産材を生かした高級注文住宅の実例はこちら >>>

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト