納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » 高級住宅のモデルハウスでチェックするポイント

高級住宅のモデルハウスでチェックするポイント

住宅を建築する際には、必ずモデルハウスに足を運んでください。 モデルハウスは住宅に関する情報の宝庫です。

住宅のイメージを実際の物件を見ながら確認できます。時間の許す限り多くのモデルハウスを見ることが大切です。

本記事では、特に高級住宅を建てる場合のモデルハウス巡りにおける注意点をご紹介していきます。

行くなら総合展示場

高級住宅

総合展示場には各住宅メーカーのモデルハウスが並んでいます。

他のメーカーとの差別化をアピールするため、総合展示場のモデルハウスには各社の最先端技術が使われる傾向があります。

また、他メーカーからお客を奪う必要があることから、見栄えを良くするためにセンスの良い外観や内装のモデルハウスを用意しています。

案内してくれる営業担当者には各社のエースクラスの人を配置していることが多く、大抵の質問に適切な回答をしてくれます。

高級住宅を建てるのであれば、総合展示場のモデルハウスに行くと良いでしょう。

持っていく物

モデルハウスを見に行く際には、以下のものを持参すると便利です。

物件資料

チラシやパンフレット等、物件の様子がわかる資料です。

カメラ(スマホのカメラで可)

モデルハウスの気になる部分を撮影しておきます。

総合展示場では複数のモデルハウスを見回る事が多いので、後で各モデルハウスを比較して検討する時に便利です。

メジャー

物件の実際の大きさを測るためのものです。

物件の広さだけでなく、キッチンやシンク、洗面台の高さを測ることもあります。

筆記用具

スマホのメモ機能を使う人もいますが、図を書く必要がある場合も多いのでペンとメモ帳の方が楽です。

モデルハウスに行く前の心得

モデルハウスは『超高級品』であると思うべし

住宅展示場のモデルハウスは「高級に見せる」ための住宅です。

このため、通常の坪単価の1.5~2倍以上のコストを費やして作られています。実際に建てる住宅よりも高級感のある素材を使ったり、グレードの高い設備を入れたりしているのが普通だと考えてください。

このことを知らないと、建ててから「なんだかグレードが違う…」とガッカリすることになりかねません。

モデルハウスと全く同じものにしたい場合は、その旨を営業担当者に伝え、正直な値段を教えてもらいましょう。

家族全員で見学に行くべし

家族がいる場合は全員で見学に行ってください。

個人によって重視するポイントが違うので、多くの視点から住宅を見ることができます。

例えば大人にとって使いやすい高さにある設備であっても、子供には使えない高さにあることがあります。

また、男性と女性では住宅に関する考え方も違います。

できるだけ家族全員が満足できるようにするために、家族の日程を合わせることが大切です。

モデルハウスの見学で確認すべきこと

モデルハウスを見るときは、以下の部分を確認してください。他に気になる内容がある場合は、予めチェックリストを作って持参しましょう。

素材

建材に使っている素材を確かめてください。見てわからない場合は担当者に聞きましょう。

予め希望している素材がある場合は、変更できるかどうかも合わせて確認が必要です。

実サイズ

モデルハウスではインテリアをうまく配置することで実際の面積より広さを感じるような工夫がされています。

悪く言えば「広く見えるように錯覚させる作り」になっているのです。

実際のサイズがわかりづらいので、メジャーを使って実測してください。

生活動線

実際に動いてみて、動きやすいかどうかを確認します。

何か障害物があって移動を阻害される場合は、その物の移動や除去が可能なのかを営業担当者に質問してください。

動くだけではなく、照明のスイッチの位置は押しやすいか、コンセントの位置や数は適切か、水道は使いやすい高さにあるのかなども見ておくと良いでしょう。

耐震性

地震に対する対策が取られているかを質問してください。

免震か制震のうち、いずれかのシステムが組み込まれていればとりあえずは安心です。

断熱性

断熱性能は外部から見ただけではわかりません。

できれば具体的な数値を提示してもらって、他の住宅と比較した方が客観的に検討できます。

断熱材の種類も確認しておき、家に帰ってからネットなどで断熱性能を調べると良いでしょう。

自分の好みにあった断熱材があるのであれば、それを使えるのかどうかを確認してください。

防音性

住宅を立てる場所によっては、ご近所トラブルを防止するために防音性が大切となります。防音についてのデータがあるか営業担当者に聞いてください。

営業担当者もチェック

高級住宅の室内

モデルハウスで見るべきは建物だけではありません。営業担当者の対応もチェック対象です。

質問への受け答え方

投げかけた質問にちゃんと答えられるか、すぐに答えられない場合でも調べてくれるかをよく見てください。

小さな声で答えたりごまかしたりしないか、ハキハキと答えてくれるかも要チェックです。急がせてないかやたらと見学を急がせるような素振りがあったら要注意です。

モデルハウスの中にあまり見られたくないポイントがあるか、ノルマ重視で契約を急いでいる場合があります。

提案力がある

高級住宅を希望する人の多くはオリジナリティを求めています。

モデルハウスにない機能や設備、仕様を要求することも多いでしょう。そういったリクエストに対応できるかどうか、対応できない場合はどのような代替案があるかは重要な要素です。

会社に提案力があるかどうかは営業担当者から透けて見えることが多いので、注意深く観察してください。

ウマが合うか

非常に感覚的ですが、人間同士の付き合いがある以上、相性が合うかどうかは意外に重要です。雑談等をしてみて、話しやすいかどうかを確かめてください。

まとめ

高級住宅のモデルハウスを見るときは、当然ながら他のモデルハウスを見るときに比べて入念なチェックが必要です。

メーカーに柔軟な対応を求める必要もあるので、モデルハウス自体だけでなく担当者の対応もよく見なければなりません。

フィーリングは大切ですが、フィーリングのみで住宅を見て回るのではなく、自分なりのチェック項目を用意しておくのが好ましいでしょう。

 

高級注文住宅を検討するならモデルハウスを見学しましょう

高級注文住宅を検討する時、どの業者に依頼するのかを悩まれる方も多いのではないでしょうか。「ハウスメーカー」「設計事務所」「工務店」どこもよさそうな気がするけれど、その違いがよくわからない――そんな時には、モデルハウスに行ってみることをお勧めします。最近は、ホームページが充実している会社も多く、なかなかサイト上の情報だけではイメージがつきにくい面もありますが、モデルハウスを実際に見てみるとそれぞれの会社が得意な分野が見えてきます。 

「高級注文住宅を建てる」成功の秘訣は業者選び

ハウスメーカーや設計事務所、工務店と、高級注文住宅を建てたいと考えた時に思い浮かぶ業者はさまざまでしょう。そして、それぞれの違いについて、実はよく理解できないまま依頼をしてしまうケースも多くあるようです。「家を建てる」という経験は、人生においてそう何度もできる経験ではありません。ましてや、建売ではなく高級注文住宅を建てるとなると、人生に一度訪れるかどうかというチャンス。それにも関わらず、意外と業者の選定に重要性を見いだせておらず、すぐに依頼業者を決めてしまう方が多いのです。業者によって得意分野や不得意分野もありますし、どういった建物が多いかなどという傾向もあります。納得ができる家を建てるためには、しっかりと建築会社を選ぶことが大切なのです。

大手ならではの強みでコストを抑えられるハウスメーカー

理想とする高級注文住宅を建てるためには、ハウスメーカー、工務店、設計事務所のいずれかに頼むことになりますが、それぞれの違いをご存知ですか?ハウスメーカーとはもともと、積水ハウス、セキスイハイム(積水化学工業)、大和ハウス、パナホーム、ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)、ミサワホーム、住友林業、三井ホームの大手住宅メーカー8社を示す言葉として用いられてきました。最近では、この8社だけではなくその他の新興住宅メーカーに対しても使われることが多くあるようです。ハウスメーカーと呼ばれる会社はある程度の企業規模があることから、強みとして部材生産から設計、施工と全てシステム化されており、コストが抑えられるという点が挙げられます。部材生産からすべてを手掛けているため、工期短縮や品質の安定性もメリットとして挙げられるでしょう。ただ、規格化されている仕様が多く、設計の自由度という面では低い面もあります。規格内に希望が収まればコストを抑えて建築することが可能ですが、規格外となってしまうと費用が嵩んでしまうことも。場合によっては、規格外の設計は断られるケースもありますから、希望がある場合にはあらかじめ対応してもらえるかどうかを確認しておいたほうがいいでしょう。また、規模の大きな企業が多いため、アフターサービスが充実している等の安心感があるというのも、大きな魅力です。

こだわりを実現してくれる「工務店」

工務店は、戸建て住宅を請け負う建築専門の建設業者を指します。叶えたいこだわりがあったり、狭小地に家を建てる建築主にとっては、細かい部分にも柔軟に対応してくれる手仕事をしてくれる工務店の存在はありがたいもの。ただ、工期が長くなるケースもあるので、そのあたりはよく相談しながらプランを立てましょう。工務店の多くは地域に密着しているため、建てた後にも相談がしやすいというメリットや、工務店独自のカラーとして打ち出しているポイント――例えば無垢素材にこだわっていたり、独自の工法を持っていたりといった魅力もあります。

自分の希望を叶えてくれる「設計事務所」

個性的な住まいや、デザインや住み心地にこだわった住まいを一緒に作り上げてくれる建築士との家づくりを行いたい方には、建築事務所がお勧めです。設計事務所は自由度が高く、建築主が希望するものにより近い設計を行うことができるのが最大の特徴。設計事務所の場合は、建築士が描いたプランを実現できる工務店に依頼して施工するため、工務店の特色も建築物に反映されるということを理解しておきましょう。仕様などの制限がなく、より建築主のイメージに近い家づくりができるのが、建築事務所の強みと言えます。ただ、コストの面においては、工期が比較的長くなるケースが多いため、高くついてしまうこともあるということを理解しておきましょう。また、先ほども触れたように、設計事務所を選ぶ場合は委託する工務店がどこになるかも確認し、その工務店の特色もチェックしておくといいでしょう。自分好みの家づくりが実現できそうな工務店かどうかは、理想の家づくりには大きなポイントとなります。

モデルルームでイメージに近い業者を探そう!

それでは、具体的に業者選定のためにはどうすればいいのか、考えてみましょう。やはり、実際に手掛けている建物を見に行くのが一番の早道ですから、最初にもご紹介した通りまずはモデルハウスを見に行ってみましょう。そして、気に入った家が見つかったら、その業者をメモし、実際に相談に行ってみます。家づくりの第一歩としてイメージを掴みやすく、気持ち的にも盛り上がるモデルハウス見学。ぜひ、家族で行ってみることをおすすめします。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト