納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » 高級輸入住宅という選択肢

高級輸入住宅という選択肢

「地中海風の家やプロバンス風の家に住みたい」マイホームを建てる時、そんな思いを持つ方も多いのではないでしょうか。最近では、そんな建築主の希望を叶えるために、海外の建材を使ったこだわりの家づくりに力を入れているところも多くあります。

今回は、そんな高級輸入住宅についてご紹介します。

「高級輸入住宅」とは

高級住宅

高級輸入住宅とは、どのようなものを指すのでしょうか。ゆったりとした間取りや木の質感、高級感あふれる内装といったものをイメージされるかもしれませんが、実は明確な定義のない言葉なのです。

輸入住宅産業協議会においては「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を「輸入住宅」と呼んでいます。ただ単に、海外風に内装や外装を作ったり、部材の一部だけを海外製品にしていても、輸入住宅とは呼ばれません。

設計に海外の思想が取り入れられて初めて「輸入住宅」と呼ばれるのです。

輸入住宅の魅力とは?

海外の住宅は、機能性が高くできています。例えば、気密性や断熱性、耐震性、耐久性、耐火性といった、住宅の住み心地を大きく左右する性能が充実しているのです。

海外の住宅は、何世代にも渡って住むことを前提として作られています。そういった家づくりを実現するためには、基本性能が非常に高く設定されているのです。

また、家づくりに使用されている部材は、無垢のパイン材やテラコッタの床、白い漆喰壁といった自然素材になります。こういったぬくもりを感じられる素材で作られた高級住宅は、住む人に安らぎを与えてくれると人気です。

また、高級輸入住宅ならではのオープンな間取りも、人気の理由となっています。部屋と部屋が続いているような、仕切りの少ないオープンな空間が、高級輸入住宅の素敵な所ですよね。

輸入住宅は、壁で荷重を支える構造になっており、また気密性・断熱性が高くなっているため、日本でも実現可能な間取りなのです。

高級輸入住宅を建てる時の流れ

では、実際に高級輸入住宅を建築する際には、どのような流れになるのでしょうか。

まずは、ハウスメーカー選びから始まります。展示場や見学会に行き、それぞれのメーカーの特徴を掴みます。「このメーカーの雰囲気が好き」というところが見つかったら、プレゼンテーションを依頼します。

建築を予定している場所に関する調査も同時に行われ、その結果に基づいたプランニングをしてもらいます。提案されたプランで満足した場合は、そのまま契約となり、契約金を支払います。

その後は打ち合わせを行います。壁の色、ドアの形、窓のデザイン、細かいところではコンセントやスイッチの場所など、すべてを打ち合わせによって決めていくので、想像以上に大変な面もあるでしょう。でも、ここでしっかりと打ち合わせをすることで、理想の家を手に入れることが出来ます。

打ち合わせで間取りやデザインが決まると、3D CADを使って、設備や家具の配置を確認し、外観を最終決定します。家というものは、簡単に買い換えられるものではありませんから、こうしてしっかりと納得がいくまでハウスメーカーと打ち合わせをすることが必要となります。

最終的なプランが決まると、いよいよ着工です。まずは、基礎工事からスタートします。基礎工事をしている間に、海外に発注した資材が届くスケジュールが組まれているのが一般的な流れとなっています。

基礎工事が終わると躯体、外装、内装、設備と工事が進みます。竣工までには、大体3~4ヶ月となっています。家が完成した後は、定期点検やアフターサービスで、ハウスメーカーとのお付き合いは続きます。

ハウスメーカー選びは重要!

輸入住宅

高級住宅や輸入住宅を建てたいと考えた時、その家を任せるハウスメーカー選びは満足のいく家を手に入れられるか否かが掛かっているといっても過言ではありません。ですが、想像以上に簡単に、ハウスメーカーを決めてしまう方が多くいるというのが現状です。

ハウスメーカーは、家を建てるにあたり、さまざまなことを一緒に決めていく大切な存在。特に、高級輸入住宅の場合、建築主側には通常の一戸建てを新築する時以上に知識や情報が少ないため、より多くの情報を惜しみなく提供してくれるハウスメーカーと出会うことがポイントとなります。

また、家を建てると言っても人間関係を築いていく必要がありますから「どうしてもフィーリングが合わない」というケースも出てくるでしょう。そういったミスマッチを防ぐために、ハウスメーカー選びは慎重に、簡単に「ここでお願いしましょう」と決めてしまうことがないようにします。

家族の間でも、その認識を共通にしておかないと、ご主人が一方的に「ここでいいじゃないか」と言い出したり、奥さんが「お願いしちゃいましょう」と言ってしまうような事態も起こり得ます。一生ものの買い物である不動産、ましてや高級輸入住宅。納得のいく相手を慎重に選ぶようにしましょう。

まとめ

「高級輸入住宅を建てる」というと、豪華で優雅な、ハイクラス住宅と夢は広がるばかりではないでしょうか。

その夢を少しでも現実とするためにも、納得のいくハウスメーカー選びを行うことがカギと言えるのです。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト