納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » 高級マンションと高級注文住宅に住むならどちらがオススメ?

高級マンションと高級注文住宅に住むならどちらがオススメ?

違いを知ってライフスタイルに最適な住まいを

立地や設備などが贅沢にそろっていて、価格が高い高級住宅は誰もが憧れる物件です。例えば、最近話題になっている高層タワーマンションや、デザインにこだわったオンリーワンの注文住宅は、多くの人の憧れの的となっています。

しかし、どんなに素敵な物件でも、違いや特徴を知った上で、選択しなければ自分のライフスタイルに合わず住みにくい家になってしまいます。高級マンションを選択したとしても、分譲で購入するか、賃貸にするかで、全く違います。

自由に室内をリフォームしたいなら分譲が最適ですし、特にこだわりもなくセキュリティーや設備が充実している物件がいいなら賃貸でも十分です。人それぞれ考え方やライフスタイルは違うので、その人にとって快適に過ごせる家も違ってくることは当たり前です。

自分にとって理想の住まいを探すのなら、事前に住宅関係の様々な情報を知っておいてください。ここでは高級マンションや高級注文住宅の違い・メリット・デメリットを紹介します。

高級マンションの特徴とは

マンションからの夜景

高級マンションは多くの人が憧れるもので、その時代のマンションを引っ張っていく存在でもあります。そもそも高級マンションとは、一体どんな条件を満たしているマンションを指すのでしょうか?

ハッキリとした定義があるわけではありませんが、立地条件が高級マンションを作りあげている大きな要因です。例えば、都心部の地価が高い場所、歴史ある場所、駅近くなどの利便性の高い場所、住宅地として優れている場所などが、高級マンションを作り出す立地条件として挙げられます。

このように、住宅地として多くの人が求める土地に建っているマンションは必ず高額になって、高級マンションと呼ばれます。広さは単身者向けのワンルームが作られるケースは少なく、室内の広さも100㎡以上が当たり前です。

高級マンションによっては200㎡・300㎡台など、かなり広い部屋もあります。広さがあれば自然と価格が高級になり、敷地計画・サービス・共有部分・管理・セキュリティーのグレードも上がっていきます。

そんな高級マンションが街のランドマークのようになれば、その時代を代表する高級マンションとなります。

高級マンションのメリット・デメリット

高級マンションを分譲でも賃貸でも手に入れた場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

主なメリットとしては、同等の立地条件の場合は一戸建てより価格が安い傾向があることや、将来の修繕計画がしっかりしていて、防犯面での優位性があることがあります。

立地条件が同じで高級マンションか高級注文住宅かで悩んでいるなら、高級マンションがオススメということになります。

また、一戸建てと違って多くの人が住んでいるため、修繕計画がしっかりしていて、セキュリティーも十分保証されている点から、高級マンションを選ぶ人もいます。

特にセキュリティー面では管理人が常駐していたり、オートロックであったり、セキュリティー会社との契約があったりしますので、安心できる部分が大きいです。

デメリットとしては、一戸建てよりも将来の資産価値は保証されないこと、管理費・修繕費・駐車場代の負担があること、騒音などで近所に配慮が必要になること、管理組合に加入しなければならないことがあります。

将来、売却することを考えている人にとっては、一戸建ての方が資産価値を保証してくれるのでいいかもしれません。諸費用がかかることは承知で、近所に騒音などの配慮ができる人ならば、マンションが向いています。

ここで挙げたメリット・デメリットは、一般的なものですが、その物件によって違ってくることを考慮しておいてください。

高級注文住宅の特徴とは

雪と高級住宅

高級マンションで高級となる要因となっている立地条件は、高級注文住宅にも当てはまります。自然と立地条件がいい所には、高級住宅が立ち並んでいるものです。現在ある高級住宅地は立地条件がいいという所が第一条件なのです。

高級注文住宅の場合、フルオーダーメイドで、その人の希望するものを取り入れた、こだわりの住宅を作り上げるわけですから、高級マンションより価格が高くなることが頷けます。高級注文住宅を手に入れるなら、予算の余裕はもちろんですが、心の余裕も必要です。ただ生活をするためだけではなく、四季の移り変わりを感じたり、小さなことに幸せを感じたりすることができる心の余裕がある家が、高級注文住宅と言えます。

高級注文住宅を手掛ける、ハウジングオペレーションアーキテクツでは、実際に建築した家を作品集として紹介していて、それはまるでアートのような高級注文住宅の写真集のようです。アートのように感じるのは、どの家も自然を感じさせてくれるようなデザインや、広さに余裕があるからではないでしょうか?

高級注文住宅のメリット・デメリット

高級注文住宅のメリットは、管理費・修繕のために積立金・駐車場代などがかからないこと、築年数が経っても土地の資産価値があるので、ある程度の資産価値が残ること、1つの家として独立しているのでプライバシーを守れることがあります。

他にもマンションより隣家と距離があるため、騒音を気にすることがないこと、自由に増築やリフォーム、建て替えができるなどのメリットがあります。特に自由に建てたり、建て替えができたりする所は、理想の住宅へのこだわりが強いという人には向いています。

最初から新たに建築プランを立てて、理想の家を建てたい人も高級注文住宅はオススメです。

高級注文住宅のデメリットは、同等の立地条件の場合はマンションより高額になること、修繕費は自分で用意する必要があること、セキュリティーが気になる場合は意識的に検討しなければならないことがあります。

高級注文住宅の場合、セキュリティーが誰でも心配なので、自分で自分の家を守りたいなら、高級マンションより多くの防犯設備やサービスを自分で付けられる、高級注文住宅の方がいいかもしれません。

金銭面では土地の取得、最初から家作りをするため、高級注文住宅はコストがかかります。さらに、こだわりがあればあるほど考える負担は大きくなり、時間もかかることがデメリットとなります。

誰でも譲れない条件があるように、快適な住まいもそれぞれ違う

ここまで、高級マンションと高級注文住宅の違いを説明しましたが、一概にどちらが優れているということはありません。

例えば、高級住宅街の一角に高級注文住宅を建てたい、高級タワーマンションの最上階で優雅に暮らしたい、一戸建てで都会にいながらにして自然を満喫できる庭が欲しいなど、住みたい家の条件が誰にでもあります。その条件は、できれば譲りたくないものです。

住んでいて快適に過ごす家を選ぶには、住みたい家の条件を満たしていて、ライフスタイルに合っている物件を優先することは自然なことです。そのため、それぞれ高級マンションが合っている人がいれば、高級注文住宅が合っている人もいます。

自分にとってどちらが最善なのかは、個人で違うものなので、悩んでいる人は、自分の求める条件を書き出してみるといいかもしれません。

まとめ

高級マンションと高級注文住宅の違いを知ることで、自分にとってどちらが最適な物件なのかが分かります。

違いを知ったら、さらにメリット・デメリットを知って、比較する材料とすれば、おのずと何を優先するのかが決まります。

こうして順序立てて考えることで、理想の住まいとは何なのか改めて考えることができ、迷いがなくなります。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト