納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » 質の高い高級住宅を演出するエクステリアのタイプと必要なアイテムを紹介!

質の高い高級住宅を演出するエクステリアのタイプと必要なアイテムを紹介!

住宅はお金をかけて建てた、いわば家族の城。毎日寄り道せずにまっすぐ家に帰りたくなるような、あるいは近所から羨ましがられるような高級感あふれる家にしたいとは思いませんか?

住宅の高級感は、外装から。帰宅したとき真っ先に目に入る外装が素晴らしければ、おのずと自宅に誇りを持つことができるでしょう。この記事では、高級注文住宅のハウジングオペレーションアイテムとして、質の高いエクステリア案をご紹介します。

エクステリアのタイプ

エクステリアとひと言で表しても、その種類は多岐にわたります。よく考えずに家のデザインとマッチしないエクステリアを採用してしまっては、せっかく高い費用をかけてできた住宅が台無しです。

ここではエクステリアのタイプをいくつか紹介し、それに見合った住宅を解説します。

和モダンタイプ

城壁や武家屋敷をイメージした外装が魅力のエクステリアです。その独特の雰囲気は重厚感があるため人気があります。門も大手門風にするとさらに格調高い住宅になるでしょう。

和モダンタイプのエクステリアが向いている住宅は、もちろん和風の高級住宅です。ただ歴史感を出すだけでなく、近代的な演出を採り入れると一層おしゃれに見えるのでオススメです。

機能性重視タイプ

防犯性の高いクローズドタイプのガッチリとした外構が特徴のエクステリアです。防犯性が高いというと閉塞感がありそうですが、質の高い門塀を採用することで閉塞感のない外観も実現可能です。

また、門を開いたときに受ける開放感とのギャップを楽しむこともできるので、庭や住宅の外装にこだわりがある人向けのエクステリアと言えるでしょう。

アーティスティックな夜間照明

今や高級住宅といえば玄関アプローチに間接照明は当たり前。ここでは表札やポスト前、ガレージにも間接照明を導入するタイプのエクステリアをご紹介します。

家の外壁に映り込む車や庭の木々の影が、アーティスティックな印象を与える高級住宅を演出。夜間には昼間とは違った魅力を発見できるでしょう。

基本的にはどのような住宅でも採用できますが、窓が多い住宅で採用すると中が見えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

取り入れたいエクステリアアイテム

エクステリアのタイプを紹介しましたが、これらのエクステリアを実際に演出するためにはこだわりのアイテムが必要です。そこで、自慢のエクステリアを実現するためのアイテムをいくつかご紹介します。

ガレージ

ガレージ選びの鍵は高級感と安全性の両立。安全性の高いシャッター付きタイプと、開放感のあるシャッター無しタイプが選べます。また、正面や側面にパネルを取り付けるなど、車庫空間を自分好みにアレンジも可能。

こだわるだけこだわりぬいて、あなただけの秘密基地を演出してみてはいかがでしょうか。

門扉

帰宅時や来客に強い印象を与える門扉。最もこだわりたいエクステリアのひとつです。門の高さひとつとっても、高いと厳かな雰囲気に、低いと親近感を湧かせる印象になるため、家のイメージに合わせてしっかりと決めたいところ。

どちらにしても、通りがかりにぱっと目を引く質の高いアイテムを選定するようにしましょう。

照明

間接照明のうまい活用は、あなたの家の高級感をさらに増すことを可能にします。たとえば、庭木に自信があるのなら下から間接照明を当てることで、美しく演出したり、影を芸術的に映し出したりできます。

このように取り付ける位置で住宅の魅力を何倍にも高められることが間接照明の効果です。

高級注文住宅のハウジングオペレーションは妥協しないことが大事

高級注文住宅のエクステリアは、住宅の顔。中途半端だったりセンスがなかったりすると、帰宅するだけで辟易してしまいますし、周辺住民からも変な目で見られてしまうかもしれません。

エクステリアアイテムを選ぶ際は、妥協せずにイメージに徹したものを選定し、センスある住宅を実現するようにしましょう。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト