納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【特集】高級注文住宅だからこそ叶えられるこだわり » ツーバイフォー工法のメリットとデメリット

ツーバイフォー工法のメリットとデメリット

ツーバイフォーと言う言葉はよく聞くけれども、あまりよく分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、ツーバイフォー工法の特徴、メリットやデメリットについて詳しく解説していきます。ツーバイフォー工法の住宅を取り入れているハウスメーカーも多くありますので、参考にしてみてください。

ツーバイフォー工法とは

ツーバイフォー工法はアメリカの技術で、1974年に三井ホーム株式会社が初めて日本で採用をしている、木造住宅の建築工法です。ツーバイフォーは、2インチ×4インチの角材を使用するところから呼ばれるようになっています。この均一サイズの角材と合板を接続して、柱や梁の代わりに壁、床、天井、屋根部分を構築して箱状の空間を作ります。これを組み合わせて建てる工法が、ツーバイフォー工法なのです。

ツーバイフォー工法は、決まったサイズの角材と合板を合わせて作っていくため、高度な建築技術を必要としません。アメリカで西部開拓時代に家を建てる際に、技術者が不足していて職人不足を解消する手段として開発された工法です。今では、世界中に普及するほど有名な工法となっています。

ツーバイフォー工法の特徴

ツーバイフォー工法は、「木造枠組壁工法」とも呼ばれ箱を横に並べたり縦に積んだりして家を作ります。箱の一部をくり抜いて窓にしたり、壁の一部を壊して出入口にするという感じです。工場で箱を組み上げて、現場ではその箱を積んだり並べたりして家にしていきます。四方を壁で仕切られた箱がベースなので、壊れにくく地震に強い工法と言われています。

阪神淡路大震災で木造住宅の1階部分が倒れて2階部分が落ちてくるような倒壊が多く、下敷きになった人々が犠牲になりました。そこで大地震でもつぶれない家をハウスメーカーが探し始めてたどり着いたのが、このツーバイフォー工法だったのです。

従来型の工法との違いは

従来からある日本の木造建築工法は、「木造軸組工法」と呼ばれ柱を立て、梁を通し筋交いによって強化する枠組みを作っていく建て方です。つまり、「線」で家を建てていくイメージです。ツーバイフォー工法は、「面」で建てるイメージです。日本の木造住宅の多くが、従来型の工法で建てられています。

従来型の工法では、設計上の制限が少ないのですが工法が複雑になり、高度な技術を持つ職人が必要とされます。職人の技術によって仕上がりや耐久年数が変わってしまうのが難点でした。ツーバイフォー工法では、職人によって仕上がりや耐久年数が変わってしまうようなことありません。

ツーバイフォーのメリットとデメリット

ツーバイフォー工法がどういうものか理解できた上で、メリットはどのようなことがあげられるでしょう。その際に発生するデメリットとはどんなものかを押さえておきましょう。

メリット

ツーバイフォー工法を選ぶときのメリットですが、特徴でもあるように耐震性、耐風性が高いことです。地震に強く、台風や竜巻などの突風にも強いのです。

箱をベースにしているので、気密性が高く断熱性も高いことです。冷暖房の効果が高く、快適な住環境を維持することができます。また、耐火性も高いために火災保険料が安く抑えられるといったメリットもあります。

高度な技術が無くても建てられることもあるのと、基本枠組みは工場などで前もって組み立てて置けることなどから施工期間を短くすることが可能となっています。システマチックな部分があるため、分業をしやすくなっていて手作業も少なくて済むので建築費用も抑えられます。

デメリット

デメリットとしては間取りに制限ができます。箱を基準とするために、壁をぶち抜いて広いリビングを作るようなことが難しくなります。広い開口部を作ると耐久性が落ちてしまうためです。間取りもほぼ同じような形状の部屋になり、自由な設計で家を建てたいときには向かないでしょう。

後から大掛かりなリノベーションを行おうと思っても、間取りの変更を伴うような大きな工事は難しくなります。間取り変更や、大規模な改築には向かない建築工法であるので、建てる際には後で変更をしなくてもいいようにする必要がありますね。

機密性が高いことで、湿気対策や結露の問題があります。ダニやカビの発生しやすいこともあり、注意が必要です。ただし、現在では技術も上がってきていて、通気方法や湿気を内部に溜まらないようになってきてはいます。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト