本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

異素材が生み出す上質な空間を楽しむ家

HOPは、国産木材の使用に大きなこだわりを持っています。

しかし、決して木造一辺倒ではなく、RC造の事例も多数手がけていますよ。またそうした物件の内装や建具などに、こだわりの木材を用いることも多々。

HOPの技術とセンスを最大限に活かした、高級注文住宅の事例を見ていきましょう。

札幌市:O様邸「RC打放しのモダン邸宅」

オーナーの要望とHOPの想い

コンクリートの地肌をそのまま外壁として用いる打放しスタイルで仕上げた、RC造の高級注文住宅です。

近未来的でスタイリッシュな反面、無機質で冷たい感じになってしまうケースもありますが、HOPは玄関ドアやリビングの床材などにこだわりの木材を用いて、温もりを表現。

また茶道を趣味とする奥様のために本格的な茶室も備え、柱や梁も再現しています。

その一方で、ダイニングの入口はRC造ならではのアーチ型。

吹き抜け部分もコンクリート打ちっぱなしの壁とするなど、RC造の長所を活かしながら、木材の温かみを加えています。

高級注文住宅チームの見解

コンクリートと木材の調和が絶妙な事例です。ハイセンスな魅力あふれる内観は、オーナーの奥様がこだわったとのこと。

「RC造の家」

オーナーの要望とHOPの想い

傾斜地や崖状の土地など、本来住宅の建設には適さない敷地形状を逆手に取り、地形を活かした物件を立案・設計してしまうのも、HOPが得意とするところ。

こちらは、細長い坂の途中の傾斜地に建てたRC造の高級注文住宅になります。

隣家との境界は直線の壁、道路に面した側の壁は緩やかな曲線と、造形の自由度の高いRC造の特性を上手く利用。

一方で室内には床板や天板、家具建具などに、木目を活かした素材をふんだんに用いるというHOPらしさを発揮しました。

高級注文住宅チームの見解

コンクリートだから表現できる、現代的なデザインは独特な雰囲気を醸し出しています。この高級注文住宅の内装に、温かみのある木材が使われていると誰が想像できたでしょうか。

札幌市I様依頼 「木造+RCの和洋折衷建築」

オーナーの要望とHOPの想い

こちらは札幌市のオーナーさまの依頼により、三重県に建てられた別荘兼研修施設です。

「外と内のつながりを大切にしたい」「室内を木の香りで満たす」といったこだわりやテーマをもとに施工。

鉄筋コンクリート造と木造の混構造となっているのが大きな特色で、外観にも屋内にも、打ちっぱなしコンクリートと木目の素材が配置されています。

ちなみに梁や柱はHOP御用達の北海道産木材(タモ)、天板には三重産のスギ材としているのも、大きなこだわりのひとつ。

高級注文住宅チームの見解

重厚感のあるデザインながら、玄関ホールには中庭に面し開口部を、遠くの阿児(あご)湾が見渡せるリビングを設けるなど、開放的な印象を与える工夫も忘れていません。