納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

HOME » 【厳選】東京近郊の高級注文住宅会社10 » 佐藤秀一級建築事務所

佐藤秀一級建築事務所

ここでは「佐藤秀一級建築事務所」の高級住宅(高級注文住宅)の特徴やデザイン、施工例を紹介しています。

高級注文住宅メーカー「佐藤秀一級建築事務所」の特徴

  • 建築家佐藤秀三の遺志を継ぐ建築会社
  • 設計デザインの幅が広く顧客それぞれにニーズに合せられる
  • グッドデザイン賞など連年の受賞歴

年月の経過とともに深みを増す家

「佐藤秀(さとうひで)一級建築事務所」は「佐藤秀調」とも称された独自の世界観を持つ建築家・佐藤秀三の遺志を引き継ぐ建築会社です。コミュニケーションを大切に施主のニーズを引き出して、プロとしての提案を盛り込むことを基本のスタイルにしています。

株式会社佐藤秀が目指すのは永く愛され続ける家。年月の経過とともに味わいや深みを増す本物の住まいが佐藤秀デザインのポリシーです。

得意なデザイン

総勢24名の一級建築士それぞれが持つデザインの幅が広いことが「佐藤秀一級建築事務所」の特徴です。設計事務所のオリジナル性にこだわるより、クライアント一人一人の要望に応えて「お客さまの作品」にすることが重要というスタンスで設計デザインを行っているそうです。

和モダンな家
「佐藤秀一級建築事務所」の代表作 平屋をベースに、一部二層構造になっているシンプルな外観の住宅。内装は、落ち着いた雰囲気の和テイストとモダンを融合させた、和モダンなデザイン。施主が所有している家財とも調和する空間になるよう、様々な工夫を施しています。
「佐藤秀一級建築事務所」の代表作 「佐藤秀一級建築事務所」の代表作1 「佐藤秀一級建築事務所」の代表作2
大屋根の家
「佐藤秀一級建築事務所」の代表作 佐藤秀調と呼ばれる「佐藤秀一級建築事務所」オリジナルの、大屋根が迫力満点な住まい。内装は木の表情を活かし、家具や照明も佐藤秀調デザインを再現して作られています。
「佐藤秀一級建築事務所」の代表作 「佐藤秀一級建築事務所」の代表作1 「佐藤秀一級建築事務所」の代表作2

受賞歴が多数

「佐藤秀一級建築事務所」は1929年創業の建築設計会社です。創業者の佐藤秀三氏が数々の文化財にも指定された建築を手掛けたことで有名な同社ですが、現在は一級建築士24名、一級建築管理技士60名、一級建築大工技能士11名など多数の技術者が在籍しています。

佐藤秀三氏以降も受賞歴は数多く、社会法人東京建築士会主宰の住宅建築コンクールや東京建築賞、デザインコンテストなどを何度も受賞しています。ほかにも2000年、2004年、2006〜2010年で全てグッドデザイン賞(建築環境デザイン部門)を受賞しています。

「佐藤秀一級建築事務所」の基本情報

会社名 株式会社佐藤秀
所在地 東京都新宿区新宿5-6-11
建築家 佐藤秀三(1897〜1978)
【プロフィール】
・1897年 秋田県に生まれる
・1914年 米沢工業高校建築家卒業
・1929年 佐藤工務所創業
・1979年 日光プリンスホテルが社団法人建築業協会BCS賞を受賞
・2003年 志賀アルペンローゼが山ノ内町の有形文化財に指定
・2004年 住友俣野別邸が国の重要文化財に指定

東京の高級注文住宅会社を厳選!5社を紹介しています>>

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト