本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

幸福と温もりをもたらす光が入る家

太陽光が入る明るい住宅は、やはり人気ですね。

HOPの事例を見ると、太陽光が木材の温もりをさらに引き出していることがよくわかります。

採光性にこだわった、HOPの高級注文住宅をご紹介していきましょう。

神奈川県: F様邸「明るさと変化のある邸宅」

オーナーの要望とHOPの想い

モダンなキューブスタイルの形状をベースとしながらも、木目のルーバーや車庫の扉をセンスよく組み合わせた高級注文住宅。

オーナーさまの希望は「自然光が終日差し込む明るい家」というものでした。

そこでHOPは、家の南側に最大の開口部を設けた上で、リビングに吹き抜け階段を配置。

その上で、吹き抜けにもハイサイド窓をあしらい、東からの光を取り込み、その光が1階へと注ぎ込む仕掛けを行いました。

一方で、和室はあえて採光性を抑えたつくりとし、同じ家の中で光のコントラストを楽しめるようになっています。

高級注文住宅チームの見解

リビングに差し込む光が印象的な高級注文住宅ですね。夜間は外観がライトアップされ、木のシルエットが美しく映えているのも魅力的です。

札幌市: I様邸「日常を豊かにする風雅な終の棲家」

オーナーの要望とHOPの想い

曲線と直線を組み合わせた、近未来的な外観が印象的な高級注文住宅です。

白壁に木目の柱や梁、サッシ、さらには家具や建具などの木の温もりが感じられる演出がほどこされており、さらには床の間を持つ本格的な和室も備えられています。

そして、この家の採光性を担っているのが、この物件の特色でもある曲線。

リビングの開口部をなめらかに波打つラインとすることで、自然光が室内に降り注ぐ仕組みとなっています。そして夜には、街の灯が揺らめく空間へ。

1日で光の変化を楽しめるとともに、リビングの開口から四季折々の変化も堪能できます。

高級注文住宅チームの見解

光と灯が交互に楽しめる住宅事例です。なんと、浴室にはサウナもついているのだとか。癒しの機能もしっかりと備えていることがよくわかります。

神奈川県 :T様邸「四季の情景に寄り添う家」

オーナーの要望とHOPの想い

相模湾が一望できる高台に立地する高級注文住宅。

敷地は実に6mもの高低差のある丘陵地でしたが、そうした条件をむしろ物件の個性として最大限に活かしてみました。

具体的に、1階部分はガレージとし、2階には曲線を描く大きな吹き抜けで構成されるリビングとダイニングを配置しています。

抜き抜けから得られるのは、ふんだんな自然光と四季折々に変化する情景。

南には相模湾、西側には箱根の山々という、大自然が生み出す絵画のような光景を楽しめる仕掛けを用意しました。

高級注文住宅チームの見解

何といっても圧巻なのが、ダイナミックな吹き抜けではないでしょうか。晴れた日には、リビングから青空を眺めることができるのも魅力的です。