本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

おもてなしを匂わせる高級旅館のような家

日本人の特徴を表す「おもてなし」という言葉。

ゲストを安らぎと優しさで包み込むHOPの高級注文住宅の随所にも、おもてなしを感じることができます。

特に今回は、高級旅館のような美しさとおもてなしを感じられる高級注文住宅を集めてみました。

神奈川県:S様邸「自然の美を感じながら暮らす家」

オーナーの要望とHOPの想い

オーナーさまご夫妻が希望したのは、「覚悟の家」。

「人生のすべてを包みこみ、健康で安心して子供を育てることができ、それが仕事に反映できる」という家がテーマでした。

そんな要望に対しHOPは、社寺建築に学んだ一流の大工の技を集結。一貫して製作を行いました。

天井には上質な杉板、床には木目が美しく温かなタモ材と、国産の無垢材を適材適所に使用。庭や茶室は、自然を映したような美しさを取り入れています。

高級注文住宅チームの見解

オーナーのこだわりと、HOPの技術で造り上げられた、モダンな旅館のような佇まいの高級注文住宅。見た目だけではなく、実際に生活することで実感できるこだわりや誇り、自信といったものがふんだんに詰め込まれています。

京都府:K様邸「京都の高級住宅」

オーナーの要望とHOPの想い

こちらの高級注文住宅は、京都・東山の閑静なエリアに所在。

場所柄もあり、ともすれば本物の高級旅館と間違えてしまいそうな気品と風格を醸し出しています。

室内には、和の要素を取り入れたリビングやダイニング、そして茶道を趣味とされている奥様のための和室も完備。

各部屋からは、いかにも京都らしい雰囲気に満ちた枯山水の美しい庭を、目で楽しめるように配慮しています。

様々な木材を使用することで、古くなるほど深みを増す楽しみも感じてもらえることでしょう。

高級注文住宅チームの見解

何かと気ぜわしい時間の流れる現代社会において、この高級注文住宅では、まるで時間の流れが外界とは違うような感覚となるのではないでしょうか。整理された庭からも、高級旅館のようなおもてなしを感じることができます。

札幌市:O様邸「ホテルライクな機能と開放感が調和」

オーナーの要望とHOPの想い

山の尾根、もともと4m もの擁壁がある奥行きの深い変形の角地に誕生した高級注文住宅。

自然素材を多用した和の雰囲気、ホテルライクな機能性、そして家族がゆったりくつろげる心地いい空間という要望を受け、ロの字型のプランを 提案。中庭テラスを設けて季節ごとに表情を変えるシンボルツリーを配置することで開放感と安心感を共有させ、さらに和の風情を醸し出してい ます。

リビングとダイニングキッチンは高さ3.5m の吹き抜けとし、大胆な縦格子を採用することで、空間にさらなる広がりを演出しています。サニタリー を備えた主寝室には遮るドアを設けず、まさにシティホテルのような使い勝手の良さと開放感を実現しました。

高級注文住宅チームの見解

外観は、和のテイストに現在のスタイルを融合させた和風モダンのテイスト。ダークブラウンの落ち着いた色調に、ラワンの羽目板張りを施すなど、 品の良さが感じられます。専用庭をもつ1 階浴室の風情も魅力的です。