本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

カラマツ

HOPがこだわる木の家。カラマツの特徴や用途は?

ここではHOPがこだわる木の家の木材として、カラマツの特徴や用途などをとりまとめてご紹介していきたいと思います。

カラマツの特徴とは?

別名で「富士松」や「日光松」などとも呼ばれ、元々はその別名の通り、富士山や日光、浅間山、八ヶ岳などの高地山岳エリアに自生しており、また日本固有の樹種になります。

日本に生息する松類の中では、唯一の落葉する針葉樹としても知られています。

前述しました通り、富士山などの高標高、寒冷な場所に強く、また火山灰や溶岩などの本来樹木が生育しにくい土壌でも生育することから、日本各地に盛んに植林されています。

特に、山火事後の森林再生に植林されることが多く、大きな約割を担っています。

北海道では明治時代の中期頃から植林が開始され、現在では総人工林面積の約3割がカラマツとされています。最大で高さ40m、直径は1mに及ぶものもあります。

カラマツの木材として優れているところは?

心材は褐色で辺材はやや白味がかっており、年輪もくっきりと浮かび上がっています。

針葉樹の木材としては硬く丈夫で耐久性、耐湿性にも優れているのが特徴。また脂気を多く含んでいるため、経年変化によって木肌が赤味がかった色に変化していくのを楽しめます。

建物の風格を演出するのにはうってつけと言えるでしょう。

一方で、繊維が螺旋状に育つという特性から、乾燥後に割れや狂いが出やすく、またエゾマツやトドマツ材の白い木目が好まれていたこともあり、近年まで建材としては一段下という評価がされがちでした。しかし、乾燥技術の向上によって弱点を改善できるようになり、またその色合いも家に独特の個性や美しさをもたらすことができると、評判を高めています。

関連記事

トドマツの特徴や用途

カラマツの主な用途

上記の通り、樹齢が高く独特な風合いを出している天然の個体は、本州などでは「天カラ」と呼ばれ神社仏閣用などにも重用されるほどでしたが、人工植林の間伐材は人気が低かったというのが現実でした。

梱包用やパルプ用、住宅建築においても土台まわりなど耐水性や強度が必要であっても見栄えを必要としない部位に用いられるケースが多く見られました。

しかし、近年においては乾燥技術の向上や、独特の風合、経年変化による美しさなどが見直され、北海道においてもカラマツ材を内装や外装にふんだんに取り入れた住宅の事例を多く見られます。

HOPにおいても屋根板や飾り柱など、その風合いや経年変化が楽しめる特性が活かせる部位に、積極的に用いています。

<<高級注文住宅で用いられるその他の木材。一覧でご紹介>>