本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を高輪で建てる

高輪は江戸時代から重要な街の1つとして活用されているエリア。歴史的建造物や伝統的な建物などが並んでいるのも魅力的です。また、江戸の要所という特徴だけでなく、現代でもビルが立ち並ぶ活気のある街の1つでもあります。それでは高輪の特徴や坪単価、魅力について解説します。

高輪で暮らす

高輪の特徴

江戸時代は南の要所として活用

高級住宅地として有名な高輪ですが、その歴史は古く江戸時代初期から要所として栄えていた土地でもあります。また、現代でも当時の雰囲気を感じさせる建物も残っていて、以下のような建築物にも注目です。

  • 泉岳寺
  • 開東閣
  • 霊南坂教会
  • 慶応義塾三田演説館

歴史的建造物が好きな方、歴史を感じさせる場所を巡りたい、歴史を感じながら日々暮らしたいといった方にもおすすめの高級住宅地でしょう。

交通の便が良い

高級住宅地としても目立っている高輪ですが、アクセス面の充実さも魅力のひとつと言えます。

ニュースでも話題になった「高輪ゲートウェイ駅」や地下鉄白金台駅、そしてバスも比較的多いので、通勤・通学にも困らない土地と言えるでしょう。また、駅から近い場所に住みたい場合は、高輪2丁目周辺で住宅を建てると高輪ゲートウェイ駅から徒歩10分~15分程度で着きます。

活気のある街並み

伝統的な建築物も多く、歴史の重みを感じさせる場所も多い高輪。一方で現代的かつ活気のある街というのも特徴のひとつです。

白金高輪駅周辺(高輪1丁目)は、高級住宅地でもあり人気のある土地でもあります。そして白金高輪駅周辺には、レストランやカフェ、商店街もあり家族・夫婦で暮らす場所としても適しています。

さらに銀行やスーパーといった生活に必要な施設もあるので、ショッピングだけでなく生活しやすさという点でもメリットのある高級住宅地です。

治安の違いに注意

高級住宅地としても魅力のある高輪ですが、治安という点では事前に確認しておくと良いでしょう。高輪台駅の東側では、犯罪件数(暴行事件など)が他の地域と比較する少し多い傾向があります。

高輪台駅周辺は落ち着いた雰囲気で、街の景色も良い点もあります。ただし、治安という点で考えると、高輪2丁目や3丁目よりも白金高輪駅から見て西側(1丁目など)が比較的落ち着いた雰囲気となっています。

高輪の坪単価

高輪の坪単価は前年比で約7%上昇

高級住宅地の高輪は、前年比で7.27%(2019年度)の坪単価上昇率を記録しています。そして坪単価は「869万4,214円/坪」です。周辺地域の坪単価も上昇傾向ですので、東京都港区は全体的に高めの水準です。

また、高輪3-25-22が同地域で最も上昇幅が大きく、前年比11.61%「1715万7,024円/坪」と坪単価も特に高いのが特徴です。さらに港区高輪2-19-19も「1305万7,851円/坪」と、特定地域のみ突出して高い坪単価といえるでしょう。

高輪1丁目は5.22%や6.34%の上昇率で、坪単価400万円台、高輪4-20-19は上昇率5.65 %「433万578円/坪」と1丁目と大きく変わりません。

ちなみに高輪周辺の家賃は、3LDK35万円台の安い地域もありますが、東京メトロ南北線の近くでは少し高めの相場となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/takanawa/)

高輪の魅力

商業施設・交通機関の発展による住みやすさ

高輪は高級住宅地というイメージも強く、商業施設やスーパーなどが少ないと考える方もいるかと思います。

高輪台駅東側はスーパーなどが少ない側面もありますが、白金高輪駅周辺はレストランやカフェ、商業施設や銀行など住みやすさという点でも優れています。

高輪で住宅を建てる際は、坪単価や景観だけでなく、どこに商業施設や銀行などが集中しているのか確認しておきましょう。

伝統的な建物が数多く残る地

高輪は江戸時代から要所として栄えた歴史があります。そのため今でも歴史的建造物が見られるので、当時の街並みや雰囲気を少しでも感じたい方にもおすすめしたいエリアです。

たとえば江戸時代に造られた高輪大木戸は、現在も残されていて直接見ることが可能です。

さらに小説やドラマなどで、何度も取り上げられている忠臣蔵の赤穂事件の現場でもあった泉岳寺は高輪2丁目11-1にあります。

駅周辺から少し離れると、自然を残して木々も多い街並みが増えているので、伝統と自然を感じながら住みたい方は検討してみてはいかがでしょうか。