本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

高級注文住宅を成城で建てる

東京23区でもっとも人口が多く、90万人以上の住民が暮らす世田谷区。その世田谷区の高級住宅街と言えば成城です。東西に2本の小川が流れ、緑が多く残る街並みは落ち着いた雰囲気。そんな成城エリアの特徴と土地単価、住宅街に建てたい高級注文住宅の施工事例を紹介します。

成城で暮らす

成城の特徴は?

広々暮らせる一等地

成城は世田谷区にある高級住宅地です。世田谷区のHPによると、成城1~9丁目の世帯数は13,470世帯、人口は22,983人です(2019年4月1日現在)。1㎢あたりの人口密度は世田谷区内で2番目に低く、広い敷地でゆったり暮らす住民が多いことをうかがわせます。

学園とともに始まる街の歴史

成城の名の由来は、1925年にこの地にできた「成城学園」から来ています。1927年には小田急電鉄が開通。成城学園前駅ができ、地名が定着するきっかけになりました。 成城地域の東西には仙川・野川が流れ、住宅地は台地の上にあります。天候が良ければ富士山を望める場所もある、高台の住宅街です。

街を美しく保つ協定

成城に古くから暮らす住民の間には「成城憲章」という取り決めがあります。住宅敷地内の緑化や敷地の細分化制限、低層住宅の保全など、街の景観を守るための協定です。高級住宅街ならではの、住民の意識の高さがあらわれています。

成城の坪単価

文化水準の高い人気エリア

成城学園前の2019年平均坪単価は207万7685円。前年からの変動率は2.1%の上昇です。

成城の中でいちばん坪単価が高いのは、成城学園前駅から100mの成城2丁目の土地で、坪単価303万1404円。次いで、成城6丁目の279万3388円となっています。

高級住宅地であると同時に、学園都市としての側面も持つ成城。成城大学をはじめ、私立・公立の教育施設が多くあり、登下校の時間帯は、成城学園駅周辺が学生たちでにぎわいます。文化人・芸能人の多く住むエリアでもあり、教育・文化面でも水準の高い、人気の住宅街です。

成城の魅力

季節を感じつつ贅沢に暮らす

高級住宅街として知られる成城。街区は碁盤目状に整備され、ひとつひとつの住宅はゆったりとした区画がとられています。成城学園前駅の北側にあるイチョウ並木、街の東側を流れる仙川のサクラ並木など、歩くだけで四季を感じられる美しい街並みです。

利便性に優れる駅前のショッピング施設

成城の街の発展とともにある成城学園前駅。小田急線の立体化事業で駅を地下に移し、踏切の問題が改善されました。2006年には駅直結のショッピングモール「成城コルティ」がオープン。スーパーマーケットにレストラン、書店や保育園など、充実したテナントが成城住民の生活を支えています。

成城の名を冠する高級スーパーマーケット

駅前にある「成城石井」は1927年創業の高級食料品店。成城の名前を冠していることからもわかる通り、この地で誕生した会社です。現在では、関東を中心に近畿・中部地方にまで展開する大手の食料品店に成長しました。ワインやチーズなどの輸入品が充実していて、グルメの多い成城住民も納得の品ぞろえです。

緑の濃さに癒される

緑にあふれ、住民の憩いの場が多いのも成城の魅力です。野川沿いの成城3丁目・4丁目には「みつ池緑地」「なかんだの坂」などの緑地が点在しています。クヌギやハンノキなどの樹木が生い茂り、夏にはゲンジボタルが舞う自然の中を、気ままに散策してみるのもおすすめ。住宅街の中のオアシスのような、贅沢なエリアが成城なのです。

高級注文住宅の施工事例

成城で叶える。高級注文住宅のチームの見解

サワガニが生息する小川が流れ、カブトムシが集まる木々が茂る成城。緑の多い高級住宅街にマッチするのが、和モダンの家です。まず目を引くのが、本格的な日本庭園。眺める角度によって違う表情を見せる、美しい設計です。庭園を挟むように、入母屋造りの住宅が2棟建てられ、渡り廊下でつながれています。

成城住民たちの間の協定・成城憲章には「低層住宅地の保全」が記載されています。平屋の住宅ならば、街の景観を害することなく、穏やかな充実した成城ライフが送れるでしょう。街の雰囲気に家のスタイルを合わせるのも、高級住宅地に住む楽しみのひとつです。