本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を城南五山で建てる

城南五山は古くから高級住宅街として知られていて、落ち着いた雰囲気のある街並みも魅力的です。また、5つの地域の総称でもあり、それぞれ特徴があります。それでは城南五山の特徴や坪単価、魅力について解説します。

城南五山で暮らす

城南五山の特徴

歴史ある高級住宅地

城南五山は、山手線目黒駅から品川駅に沿った地域です。また、5つの地域を総称して城南五山と呼んでいます。

古くから財力のある一族も住んでいたとされ、豪族(南北朝時代)などが屋敷を建てていたようです。明治以降も富裕層や旧藩主・実業家が住み続け、昭和初期に入っても実業家や官僚なども住んでいました。

このように城南五山は、古くから権力者・財力のある一族などが住んでいる、特別な地域でもあります。

地名として残っていないが名のある5つの地域

城南五山は、現在の地名に使われていないため、隠れた高級住宅街・名所ともいえる地域です。また、城南五山にかつて存在した5つの地域も同様に、現在住所などに残っていません。

それでは簡単に、各地域の特徴と現在に置き換えた住所を紹介します。

  • 池田山:現在の品川区・東五反田4・5丁目、高台あたり
  • 御殿山:現在の品川区・北品川3~6丁目、高台あたり
  • 島津山:現在の品川区・東五反田1・3丁目、高台あたり
  • 花房山:現在の品川区・上大崎3丁目、高台あたり
  • 八ツ山:現在の港区・高輪3-4丁目あたり

ほとんどが品川区に含まれていて、なおかつ高台付近ということが分かります。高台付近の土地という点も大きな魅力のひとつとなっています。

5地域の歴史と特徴

池田山は江戸時代に大名屋敷が存在する価値の高い土地で、明治・大正時代に入ると現在の赤十字社の社長「花房子爵」の別邸が建てられることなります。また、品川区に属していますが、目黒駅に近い地域のひとつでもあります。

島津山は、その名の通りかつて島津家が所有していた地域で、歴史好きの人の中にはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。現在でも高級住宅が多く建てられていて、高台ということもあり景色も良い特徴もあります。

御殿山は、誰もが知っている徳川将軍の品川御殿のあった土地で、鷹狩のために建てたとされています。また、明治以降から富裕層の住宅街となりつつあり、戦後には大手企業ソニーが移転してきたという特別な土地です。

花房山は、他の土地と異なり大名や将軍が住んでいたということではありませんが、明治以降外交官も数多く住む土地になりました。また、こちらにも日本赤十字社の創業者「花房子爵」がありました。現在も高級住宅地で、大使館などもあるのが特徴です。

八ツ山は、八人の諸侯がもとになっている、などさまざまな由来があり、同土地には「八」の付く建物や橋、通りも多いのが特徴です。現在では駅名にも用いられている高輪として知られています。江戸時代に山から平地に切り崩された土地で、住みやすい環境とも言えるでしょう。

城南五山の坪単価

城南五山に相当する地域は軒並み坪単価上昇の傾向

現在の品川区に相当する城南五山周辺は、2020年時点で前年比6%から9%台の坪単価上昇率を記録しています。

たとえば東五反田3丁目エリアは、343万8,016円/坪という価格です。坪単価で見ても高級住宅地といえる水準でしょう。また、城南五山に含まれる東五反田は6.79%上昇、北品川5.48%、大崎は6.82%、港区高輪は7.27%となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/tokyo/shinagawa/)

城南五山の魅力

落ち着いた雰囲気で品のある街並み

城南五山の魅力は、歴史の重みも感じさせる雰囲気もありつつ、高級住宅地ならではの品の良さ・閑静な街といった点ではないでしょうか。東京都の中心地にある土地ですが、比較的静かで別の場所に来たのではないかと感じさせる空気もあります。

単に坪単価が高いということではなく、歴史の重みや自然も残されていて静かな街という点が魅力の1つです。

高台という立地条件も魅力

城南五山は高級住宅街だけでなく、水害に比較的強い土地柄という点も多くの実業家などに気に入られている部分でもあります。

八つ山など一部切り崩されている土地もありますが、高台として現在も残されている土地ですし、元々地盤が固く地盤沈下や水害や地震に強いのも大きな特徴です。