本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を本駒込で建てる

子育て世代が多く治安の良さも評判の本駒込は、東京の高級住宅エリアです。このエリアの特徴であり注目すべきは寺院の多さ。およそ400~500mおきに寺院があるのではないか、と言われるほどです。白山上向丘商店街にはお買い物ができる商店だけでなく、たくさんの飲食店があるため、休日を楽しめるでしょう。ここでは、本駒込エリアの魅力や特徴、坪単価、高級住宅の施工事例とあわせて紹介します。

本駒込で暮らす

本駒込の特徴

女性の一人暮らしもしやすい高級住宅地

本駒込は、東京都文京区向丘2丁目付近のエリアで、寺院が多く落ち着いた雰囲気があります。人口は2019年3月31日時点で27,436人、世帯数は14,476世帯となっています。東京メトロの南北線が通っているため、通勤通学も便利、本駒込エリアの学校数も多いことから、子育て世帯が数多く住んでいます。本駒込駅を降りて街を歩いてみるとわかりますが、大きめのマンションが立ち並んでいます。街灯の数もあり夜道の危険が少ない、飲み屋が少ないという点も治安の良さにつながっています。

本駒込エリアの中でも高級住宅地として知られるのは「大和郷(やまとむら)」と呼ばれる地域。昔から続く屋敷が立ち並びます。現在でも政治家などの権威ある人が多く住んでいることで有名です。それぞれの邸宅は敷地も広く、本駒込の中でもひときわ風格のある場所です。

東京のメインエリアである新宿や渋谷にも行きやすく、池袋へは東京メトロで15分程度。目黒や巣鴨へは都営三田線を使っていくのがおすすめです。本駒込でお出かけを楽しむ場合は、文京グリーンコートへ。住宅やオフィスと一緒にショッピングモールも併設される複合施設です。

本駒込の坪単価

坪単価は上昇傾向

本駒込エリアの坪単価は、2019年時点のデータでは361万2,121円/坪となっています。時代ごとの変動を見てみると、坪単価は200万円を下回ることがないながらも金額の上がり下がりが激しいエリアであることがわかります。最高値は1988年の1,090万9,090円/坪。1992年ごろから下落し始め、2006年に上昇、再び2009年には下落し始めていました。2013年から現在までは毎年情報傾向にあるようです。

エリアごとに見てみると、本駒込1丁目エリアの坪単価が高く、一番高いものでは2020年公表単価で641万3,223 円/坪。前年比12.14%と上がり幅も大きいことがわかります。本駒込1丁目は本駒込駅より徒歩数分の圏内であるため、利便性が良く、人気が高いのがうかがえます。

※2019年(令和元年)時点
参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/hon-komagome/)

本駒込の魅力

日本の古き美しき庭園が残された歴史的な地

本駒込には「六義園(りくぎえん)」と呼ばれる庭園があります。西側には大和郷があるので、高級注文住宅を大和郷に建てたいという方は、自然も楽しめるので一石二鳥でしょう。旧山の手と呼ばれていた地域であるため、山の手文化の色が強く見えますが、商店街も栄えていたこともあり、温かみのある下町文化も感じられます。品があり風格もあるのですが、どこか過ごしやすい、本駒込にはそのような魅力があります。

本駒込と言えば「吉祥寺」と思い浮かべる人も少なくないでしょう。吉祥寺の由来は江戸城を建てる際に発掘された吉祥金印からつけられたといわれています。東京で高級住宅街としても名高い吉祥寺エリアは、本駒込の吉祥寺が大火により立て直された際に移り住んだ人が多くいたことから名づけられたとされるので、現在の吉祥寺エリアの名前の由来にもなっているのです。