本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

高級注文住宅を青山・表参道エリアで建てる

都心でも人気の青山・表参道エリア。オフィスや高級ブランド店、商業ビルが集まる全国屈指のファッショナブルな街の土地単価はいくらぐらいでしょうか?青山・表参道エリアの特徴と高級注文住宅の施工例も紹介しています。

青山・表参道で暮らす

青山・表参道の特徴は?

ハイクラスエリアにある閑静な住宅地

表参道

明治神宮の参道であったことから名づけられた表参道。青山通りも含めた一帯は、高級ブランドやセレクトショップが立ち並ぶ、日本屈指のオシャレな街へと発展しました。青山・表参道エリアは代々木公園や明治神宮など緑の多い地域があるのが特徴。点在する森林地区の向こう側には都会の喧騒が及ばないエリアがあり、今も閑静な住宅街で住む人たちの日常があります。

地下鉄の乗り入れや都営バス、コミュニティバスなどがあり、交通の便がとても良い青山・表参道エリア。住宅購入を検討する人にも人気の地区です。日本有数の繁華街である六本木や渋谷に近く、日常を楽しみながら刺激も感じられます。

青山・表参道の坪単価

都内で地価の高さで上位を占める地区

土地単価が高くて有名な渋谷区と港区。表参道の平均坪単価は1713万円、青山は1659万円と、やはり高額です。特にオリンピックを控えたこの時期、東京全体の土地価格の下落は考えられません。オリンピック終了後も、元々地価の高い東京都内の一等地なので、それなりの資産価値をもった土地であり続けることでしょう。

そんな地価の高い地区でありながら、明治神宮や代々木公園、青山霊園など広大な面積を誇る施設が点在しています。贅沢に広がる森林地帯は、都会のざわついた空気が静まるほどの静寂をもたらし、エリアの価値をより一層高めています。

地価の高い地区に建つ物件の多くはマンションタイプの集合住宅で、オートロックや監視カメラなどセキュリティーは完備。一軒家も高級住宅と呼ばれるクラスが多く、家自体のセキュリティーが高いので、エリア全体で空き巣や強盗などの住居犯罪は少ないと言われています。そんなエリアに家を購入し住み続けるには、それなりの経済力が求められるのは必然です。青山・表参道エリアに住むということは、それだけでステータスです。

青山・表参道エリアは地価が高く、平均的な収入ではおいそれと家を建てられる土地ではありません。それだけに経済力のある人こそが住むべき、まさに「高級住宅街」だと言えるでしょう。

青山・表参道の魅力

アクセスの良さで発展する街

東京都内でもあらゆる路線が集まる渋谷駅近くにある青山・表参道エリア。歩いていける距離に刺激的な施設がたくさん並んでいます。

代表的なのが表参道ヒルズ。ファッションや飲食店が約100店舗も集まる複合施設では、ファッション・アートイベントも多く開催されています。また青山・表参道エリアは、文化的な刺激があふれる街。ニューヨーク近代美術館のセレクトショップ「MoMA Design Store」、根津美術館、骨董通りと、古美術から近代美術まで、幅広い文化が集合するエリアです。

高級注文住宅の施工事例

青山・表参道で叶える。高級注文住宅チームの見解

家の内外になめらかな曲線を施し、住む人の心に優雅さを与える作りとなっている家。高低差5mという地形を活かした、地下階を含む3階建て構造となっています。まるで劇場のような階段のもとに大人数で集まれるピロティホールを配置。濡縁まで伸びる広いスペースにはジャグジーが置かれています。家族だけでなく大勢の人と楽しめるスペースを、ふんだんに盛り込んだ贅沢な間取りです。

地価の高い青山・表参道エリアで理想の高級注文住宅を建てるには、地形やコストを考慮したアイディアや高級注文住宅の建設実績を多くもつ、建築会社との出会いが大切と言えるでしょう。