本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

高級注文住宅を東京都内で建てる

世界でも有数の大都市、東京。多くの人が憧れて日本各地・世界各地からやってきます。そんな東京の特徴や魅力、高級注文住宅を建てるうえで気になる坪単価について調べてみました。

東京都内で暮らす

東京都内の特徴は?

土地の大きさに合わぬ人口の多さ

東京には人口1365万人が暮らしており、日本人はもちろん外国人も多く有する土地です。世界に名をはせる大企業も都内に本社をおいており、その数は2,964社に及びます。東京はアメリカの大都市に比べて犯罪件数が低いのも特徴。ワシントンDCで起こった住居侵入及び侵入盗が730件に対して東京は103件という結果が出ています。安全性において世界トップクラスの実績だといえるでしょう。

現在は23区が都心として機能していますが、もともと東京都内は15区から始まりました。一時期は35区となり一気に区が増えましたが、その後整理統合されて現在の23区になったいきさつがあります。

東京都内の坪単価

300万円を越える坪単価

2018年の東京都の平均坪単価を確認してみると、314万円/坪となっています。高級住宅街として知られるのあ大田区・港区・世田谷区で、それぞれの坪単価は179万円、1282万円、223万円です。

大田区の高級住宅街と言えば田園調布。パリをモデルにした土地計画が行なわれており、美しいい町並みが広がります。100坪~300坪の豪邸が多く軒を連ねているのだそう。

坪単価単価が1番高い港区は、白金が高級住宅街として有名。江戸時代は武家屋敷、明治時代は歌人・財閥の邸宅など古くから多くの有名人や大物経営者が家を所有してきました。白金で有名なのが「八芳園」その大きさは1万2,000坪に及び、東京とは思えない美しい日本庭園を楽しめます。

世田谷区は成城が高級住宅街として有名。成城学園を中心に栄えた歴史がある、学園都市です。作家や芸能人、文化人など芸術・芸能面で活躍する人が多く住む土地として知られています。

東京都内の魅力

インフラの充実と歓楽施設の多さ

東京は交通網が充実していて、さまざまな地域にアクセスしやすいのが魅力です。また、衣食住に関わるお店が豊富で、欲しい物がすぐに手に入ります。娯楽施設も多く、遊びにレジャーにと困りません。最新の情報が生まれやすく、発信される場所でもあり、ビジネスをしている人にとってメリットの多い土地だと言えます。

高級注文住宅の施工事例

東京都内で叶える。高級注文住宅チームの見解

日本庭園を備えた東京都にある高級注文住宅です。中に入ってみると近代的なデザインを随所に取り込んでおり、和魂洋才が光る家になっているのが特徴。リビングダイニングには庭全体が見渡せる大きな窓ガラスがあり、景色を楽しみながら食事ができます。

東京都内は土地の大きさが限られてしまうのが難点。普通に家を建てると、狭さを感じてしまう場合も。高級注文住宅を建てるなら、上手に土地を活用するのが重要です。光の取り入れ方、ぬけ感、メリハリの付け方など家を建てるうえで創意・工夫が必要となってきます。紹介した施工事例の家は上手に光を取り入れており、東京とは思えぬ静けさや豊かさを醸し出しています。開放感がありながらもプライバシーに配慮されており、ストレスフリーに生活できるのが魅力です。

土地代が全国でも1位の東京都内。理想の高級注文住宅を建てるなら、土地代と建物代の兼ね合いが大切です。広い土地を買っても建物代に回す分が減ってしまっては、理想から遠ざかってしまうことになりかねません。土地代と建物代を十分に検討して計画を立てる必要があるでしょう。