本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を豊中で建てる

隣の吹田市にまたがる「千里ニュータウン」でも知られている豊中は、大阪市のベッドタウンとして有名な高級住宅エリアです。豊中市は早くから郊外住宅地として発展してきており、2012年4月にはついに中核市となりました。ここでは、豊中エリアの魅力や特徴、坪単価、高級住宅の施工事例とあわせて紹介します。

豊中で暮らす

豊中の特徴

利便性の高い高級住宅地

豊中

豊中は、大阪市北部、北摂豊能地域にある中核市です。その人口は約40万人で、大阪府の中では大阪市、堺市、東大阪市、枚方市に次いで第5位の人口となっています。豊中は、明治以前には能勢街道の中心地として栄えていました。明治以降にはさらに大きく発展していきます。これには、現在の阪急電鉄の前身に当たる「箕面有馬電気軌道」の沿線開発による住民の増加が大きく関係しています。また、豊中には大阪から15km圏内という大きな利点がありました。そのため、豊中では昭和30年代から大阪のベッドタウンとしての千里ニュータウンの開発、および北東部に当たる新千里地区を中心とした大阪の衛星都市としての発展が急速に進行しました。そのため、豊中のインフラ整備率は高いレベルにあり、下水道普及率は全国でもトップクラスのほぼ100%となっています。これも豊中が高級住宅地である所以のひとつでしょう。

豊中は交通アクセスに優れていることからも人気のエリアとなっています。メイン駅となる豊中駅は、大阪の中心地である梅田駅まで乗換なしの12分、しかも平日8時台には梅田行きの電車が19本も出ているので、通勤・通学にはまったく不便がない環境であると言えるでしょう。終電も遅い時間まで出ているので、仕事や飲み会などで遅くなっても安心です。空の便へのアクセスも良好で、モノレールを利用すれば空の玄関である大阪空港まで10分程度で行けるので、海外出張の多いサラリーマンにとっても利便性の高いエリアなのです。

豊中の坪単価

坪単価は全体的に上昇傾向

豊中エリアの坪単価は、2019年時点のデータでは76万7069円/坪となっています。地区区分ごとの変動については、全体的に坪単価は上昇傾向にあります。地価ランキングでは、1位は千里中央で、地価は36万6666円/㎡ 、坪単価は121万2121円/坪、前年比は+5.75%です。最下位の第14位は大阪空港で、地価は12万7000円/㎡、坪単価は41万9834円/坪、前年比は+0.55%です。

1983年からの37年分のデータによれば、豊中の最高公示地価は1991年の138万8214円/㎡、最低公示地価は2016年の22万1863円/㎡となっており、両者の差はおよそ6.26倍となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/osaka/toyonaka/)

豊中の魅力

数多くの資産家と商店街が集まる高級住宅地

豊中は、空の玄関である関西空港、大阪の中心地である梅田、新幹線の駅である新大阪といった交通の要衝へのアクセスが良好なため、必然的にビジネスや旅行で世界中を飛び回っている資産家やビジネスマンが多く住んでいる高級住宅地となっています。特に、「東豊中」「緑丘」「上野」は隠れた高級住宅地としても有名です。

かつては能勢妙見山へと向かう能勢街道沿いの集落であった豊中ですが、鉄道の開通後に住宅地としての整備が進み、大阪のベッドタウンとなりました。そんな豊中の魅力といえば、たくさんの商店街です。1910年、現在の阪急電鉄宝塚線の前身となる箕面有馬電気軌道にて、梅田駅から宝塚駅までが開通しました。これによって交通の主流が能勢街道から鉄道へと移行し、豊中駅前には「阪急豊中市場」が生まれたのです。そして、その周辺に次第にさまざまな商店が集まり、大規模な商業拠点として発展していったのです。

現在でもその充実した商店街は健在で、「豊中駅前一番街」「豊中銀座商店街」「豊中駅前商店会」などの商店街が軒を連ねています。