本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を帝塚山で建てる

帝塚山古墳群があることでも知られている帝塚山は、大阪屈指の高級住宅エリアです。住宅だけでなく、周辺にはスイーツの名店や名門として知られる帝塚山学院もあります。ここでは、帝塚山エリアの魅力や特徴、坪単価、高級住宅の施工事例とあわせて紹介します。

帝塚山で暮らす

帝塚山の特徴

歴史ある高級住宅地

帝塚山

帝塚山は、大阪府大阪市阿倍野区南西部から同市住吉区北西部にかけてのエリアの総称で、古代から豪族が住んでいた土地だと言われています。位置的には上町台地の西端となり、大阪でももっとも有名な高級住宅地のひとつです。人口は2019年3月31日時点で2,642人、世帯数は1,214世帯となっています。大阪の中心地からはやや離れていますが、エリアを南北方向に走る南海高野線とそのメイン駅となる帝塚山駅のほか、阪堺電気軌道上町線も走っており路線は豊富です。

天王寺、難波、梅田、堺などをはじめとする大阪のメインエリアへ行くのには不便しないでしょう。高級住宅地として有名な帝塚山エリアは「第一種低層住居専用地域」に指定されています。第一種低層住居専用地域に指定されている地域では、その景観を守るために住宅、診療所、学校など以外の建物を建造することが禁じられています。住宅兼用の店舗なども専有面積も50㎡以下でなければいけません。そうした制限があるので、近辺に病院、コンビニやスーパーなどが少ないという点ではどうしても不便なところが出てしまいますが、そうした不便さを補って余りある高級住宅地としての魅力が、帝塚山にはあるのです。

帝塚山の坪単価

坪単価は全体的に上昇傾向

帝塚山エリアの坪単価は、2019年時点のデータでは111万0743円/坪となっています。地区区分ごとの変動を見てみると、全体的に坪単価は上昇傾向にある中で、北畠三丁目エリアは横ばいの数値となっています。地価ランキングを見てみると、1位は大阪市阿倍野区北畠1-8-59 で、地価は42万6000 円/㎡ 、坪単価は140万8264 円/坪となっています。前年比は+0.24 %です。最下位の第6位となっているのは大阪市住吉区万代4-17-20 で、地価は24万9000 円/㎡、坪単価は82万3140 円/坪 となっています。前年比は+0.40 %です。

帝塚山の地価についてのデータは1983年からの37年分があり、その中での最高公示地価は1991年の141万9000円/㎡、最低公示地価は1983年の25万5000円/㎡となっており、両者の差はおよそ4.49倍となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/tezukayama/)

帝塚山の魅力

大阪屈指の歴史ある高級住宅地

帝塚山エリアは、かつては高級住宅街とは縁のない、何の変哲もない農村地でした。しかし、明治時代から大正時代にかけて、耕地が住宅地として利用されるようになり、それが現在の高級住宅地としての帝塚山の原型となったのです。住宅地として整備された北帝塚山は、大阪の中心部へのアクセスが便利だったことと、当時急増していた大阪の人口の受け皿が必要だったことから急速に人口が増加し、承認や富裕層が屋敷や別邸を構えるようになってきました。こうして帝塚山は大阪屈指の高級住宅地として成長してきたのです。

こうした歴史を持つ帝塚山には、当時の姿を偲ばせる美しい街並みがあります。この町並みを守るため、帝塚山エリアは「聖天山風致地区」に指定されており、建物の高さ、隠蔽率、風致の維持など建築物には厳しい規制がかけられています。そうして守られてきた帝塚山の街並みは、高級住宅地の名に恥じない上品で風格のあるものとなっているのです。

帝塚山エリアには、たくさんのおすすめスポットがあります。地域の名前の由来ともなった「帝塚山古墳」、桜の名所として有名な「万世池公園」、平安時代の陰陽師である安倍晴明を祀る「安倍晴明神社」など、魅力的なスポットばかりです。