本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級住宅街を高槻で建てる

大阪府の高級住宅エリアとして知られる「北摂ブランド」に含まれる高槻市は、森林や丘陵地がある北部エリアに邸宅街も広がる、高級住宅地として知られています。その住宅地以上に、山林エリアが多く残されていることも特徴のひとつでしょう。大阪市と京都市の中間エリアに位置していることからも、それぞれの都市のベッドタウンとして高槻市は発展してきました。

ここでは、そんな高槻エリアの魅力や特徴、坪単価についてまとめています。

高槻で暮らす

高槻の特徴

古い街並みも残る自然豊かなエリア

大阪府の高槻エリアでも、高級住宅地としてとりわけ富裕層が住んでいるエリアは、「奥天神町」「唐崎北」「西面北」「西面南」などが挙げれます。大阪市および京都市への交通アクセスもとても利便性が高いため、自然が多く残っている住居環境から、北摂エリアのベッドタウンとして発展しています。市域は105平方㎞で大阪府内では4番目の広さ。のびのびと穏やかに暮らすことができるのも魅力のひとつとなっています。

高槻市の歴史をみてみると、古くは淀川および西国街道の要衝として発展してきました。「古代史上大王陵」といった古代史跡もたくさん残されており、歴史の深さを感じさせます。戦国時代には浄土真宗の拠点として栄えた「寺内町」などの古い街並みが今でも残っており、当時の雰囲気を感られる貴重なエリアもあります。

昭和3年になると「阪神電鉄」が開通したことで、高槻駅を中心にしながら、市街地が形成されていきました。戦後は、「サンスター」や「明治製菓」といった大企業の本社工場も建設されています。住宅地としては、大阪府営住宅の整備をはじめ、鉄道企業などが「昭和台町」や「天王町」などの住宅街も整備されており、ベッドタウンとしても栄えています。

高槻の坪単価

坪単価は57万3,361円/坪

大阪府高槻エリアの坪単価は、2020年(令和2年)時点におけるデータによると、57万3,361円/坪という価格になっています。地価でみれば、17万3,441円/㎡で、変動率は+0.68%で上昇しています。地区区分の変動率は、全国の市町村でも260位という位置につけており、自然豊かな地域に人気があることが窺えます。エリア別の地価ランキングでは、1位のエリアは「高槻市駅」で、坪単価は74万9,311円/坪(地価としては22万6,666円/㎡、変動率は+2.05%)です。吹田市で最も坪単価が高い地点は、高槻市駅付近の「大阪府高槻市城北町2-3-5」で、地価は57万5,000円/㎡ 、坪単価は190万0,826円/坪、前年比は+8.49%です。宅地の平均価格は、53万8,918円/坪となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/osaka/takatsuki/)

高槻の魅力

自然豊かで交通の便も良し

高槻の魅力としてよく挙げられるのが、アクセス面の良さです。大阪市と京都市のちょうど真ん中に位置している高槻市は、新快速に乗ればいずれも15分以内に行くことが可能というアクセスの良さが人気です。大阪でショッピング、京都へはのんびり観光…といった贅沢な暮らしを楽しむことができます。

自動車を使ったアクセスも向上しており、「新名神高速道路」の「高槻IC」や「高槻JCT」を利用すれば、大阪や神戸方面にも楽に移動できます。

また、自然環境豊かで緑が多いことも、高槻の魅力。地域の約70%が開発制限を設けられている区域になっており、緑地や農地が残っています。「JR高槻駅」の市街地には、ショッピングモール、映画館などの施設も充実しています。