本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級住宅街を吹田で建てる

「万博記念公園」があることでも有名な吹田は、大阪府でもとりわけ高級住宅街がたくさん造成されている「北摂ブランド」のエリアに属する地域。「JR吹田駅」を中心部としながら、裕福なホワイトカラー層などが高級住宅を建てています。駅のすぐ前にある図書館もまた、吹田エリアらしい落ち着いた雰囲気を演出しています。

ここでは、そんな吹田エリアの魅力や特徴、坪単価について紹介しています。

吹田で暮らす

吹田の特徴

日本万博展覧会」の開催地

大阪府の吹田エリアでも、とりわけ高級住宅街として知られているエリアは、「千里山西」「円山町」「五月が丘北」などが挙げられます。裕福なホワイトカラー層が戸建て住宅を構えており、まさに「北摂ブランド」らしい高級住宅街が形成されています。

そんな吹田市の歴史を振り返ってみれば、そもそもは「神崎川」沿の港町としてスタートしました。日本が近代にさしかかると、「アサヒビール」で知られるビール産業が起こります。これは現在でも「JR吹田駅」の北側に「アサヒグループエンジニアリング」の大きな工場が立地している由来になっていますね。その他の産業としては鉄道事業が有名です。現在でも観光名所として知られている「吹田操車場」に、その跡を見ることができますよ。戦後へと移り変わっていく中で、「計画人口15万人」という日本で最初の大規模なニュータウン、「千里ニュータウン」が造成されました。また、「日本万博展覧会」の開催地としても有名な地でもあります。万博開場後は「万博記念公園」に生まれ変わり、「太陽の塔」や「市立吹田サッカースタジアム」などが、当時の熱気を伝えています。

吹田の坪単価

坪単価は93万3,223円/坪

大阪府吹田エリアの坪単価は、2020年(令和2年)時点におけるデータによると、93万3,223円/坪という価格になっています。地価でみれば、28万2,300円/㎡で、変動率は+2.98%で上昇しています。地区区分の変動率は、全国の市町村でも99位という位置につけており、高級住宅街としての矜持を感じられます。エリア別の地価ランキングでは、1位のエリアは「江坂」で、坪単価は234万0,495円/坪(地価としては70万8,000円/㎡、変動率は+13.05%)です。吹田市で最も坪単価が高い地点は、江坂駅付近の「大阪府吹田市豊津町14-10」で、地価は214万円/㎡ 、坪単価は707万4,380円/坪、前年比は+32.10%となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/osaka/suita/)

吹田の魅力

暮らしやすさで人口増加中

京阪神とのアクセス環境も抜群の吹田市は、住宅街としての過ごしやすさはもちろん、公園や商店街、病院といった生活施設の水準も高く、とても暮らしやすい地域として知られています。その暮らしやすさゆえに、国勢調査による人口増加数をみても、政令指定都市・特別区を除けば、全国で1位の増加となっているほど。駅前には、豊富な図書資料が所蔵されている図書館もあり、読み聞かせなどのイベントも多く実施されています。

1970年に開催された「日本万博博覧会(大阪万博)」の跡地は、「万博記念公園」として整備されており、四季折々の花や木々によって彩られています。シンボルとなった「太陽の塔」も現存しており、全国からたくさんの人が足を運んでいます。

ショッピング環境に目を移せば、2015年にオープンした大型の複合施設「EXPOCITY」の名前が挙がります。大規模なショッピングモールのほか、日本で最も高い観覧車、ミュージアムやシネコンなど、一日中訪れる人を足しませる各種のエンターテイメント施設が揃っています。