本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級住宅街を池田で建てる

大阪府の西北部にある池田エリアは、兵庫県との県境にありながら、北東部は人気エリアである箕面市とも隣接。南部は市街地としても発展しています。インスタントラーメンの発祥の地としても知られ、「カップヌードルミュージアム 大阪池田」には多くの観光客が足を運んでいます。自然が豊かに残されている「五月山公園」もまた、池田のシンボルです。

ここでは、そんな池田エリアの魅力や特徴、坪単価、高級住宅の施工事例とあわせて紹介します。

池田で暮らす

池田の特徴

インスタントラーメン発祥の地

箕面市の西隣にある池田市は、阪急宝塚線「箕面駅」を利用することで大阪市街地まで直結しており、ホワイトカラーの人々からも人気の街。「北摂ブランド」と呼ばれる人気住宅街のひとつとしても知られており、駅を中心として形成されている市街地から離れると、戸建ての高級住宅街が見られます。レトロな市街地の街並みとあいまって、落ち着いた印象に癒されます。阪急宝塚線「池田駅」は、阪急最古の駅として1910年に開業した駅。阪急らしい綺麗な駅は、今でももちろん多くの人々から愛用されています。

池田市で観光地として有名なのは、やはり「カップヌードルミュージアム 大阪池田」でしょう。あの「日清食品」の創業者である安藤百福氏が有名な「チキンラーメン」を発明した場所は、まさにこの大阪府池田市なのです。「カップヌードルミュージアム 大阪池田」では、インスタントラーメンが辿ってきた歴史について学ぶことができたり、オリジナルのカップヌードルを作ることに挑戦できたりと、楽しみがもりだくさんです。

また、池田市の北部にある「五月山」もまた、池田のシンボルのひとつと言えるでしょう。「五月山公園」では、春の花、秋には紅葉と、四季折々の豊かな自然が豊富にあり、ファミリーでのおでかけにもぴったり。無料の動物公園や遊具もありますよ。

池田の坪単価

坪単価は73万1,033円/坪

大阪府池田エリアの坪単価は、2020年(令和2年)時点におけるデータによると、73万1,033円/坪という価格になっています。地価でみれば、22万1,033円/㎡で、変動率は+1.37%で上昇しています。地区区分の変動率は、全国の市町村でも182位という位置につけており、公示地価ランキングは全国65位です。エリア別の地価ランキングでは、1位のエリアは「石橋」エリアで、坪単価は85万1,790円/坪(地価としては25万7,666円/㎡、変動率は+1.58%)です。池田市で最も坪単価が高い地点は、池田駅付近の「堺町10-7」で、地価は55万0,000円/㎡、坪単価は181万8,181円/坪、前年比は+7.84%です。宅地の平均価格は、18万4,688円/坪となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/osaka/ikeda/)

池田の魅力

子育て支援も充実

池田市は、様々なものの発祥の地です。上述したインスタントラーメンはもちろん、太古には機織りの技術が伝わったことから「呉服神社」があり、多くの呉服関係者がいまでも池田を聖地として捉えています。また明治時代には、全国初となった鉄道会社の主導による本格的な分譲タイプの住宅街がつくられたのも、池田市なのです。

そんな池田市は、現在、子育て支援に最も大きなちからを入れています。「子ども、子育て支援・日本一の街」として取り組まれている事業には、平成17年に全国の先駆けとなった「子ども条例」を制定。子育てに最も優しい町になることを目指しており、子育て支援の一環として、結婚から妊娠、出産も含めた切れ目のない支援策を充実させています。