本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を大阪で建てる

独特な話し方と文化がある大阪。江戸時代には天下の台所と呼ばれており、多くの商人が行き交っていました。現代の大阪にも商売人魂は受け継がれており、「安く買えるものは買う」と言う信条が息づいています。財布の紐が堅いイメージのある大阪ですが、そこは商人の町。値段交渉はするものの、高くても必要なものであればポンっとお金を出す心意気があります。そんな大阪の特徴や魅力、土地の坪単価について調べてみました。

大阪で暮らす

大阪の特徴は?

日本で3番目に人口が多い土地

大阪の人口は2019年2月の時点で8,820,255人です。世帯を見ると4,043,812世帯が暮らしています。東京都、神奈川県、大阪と全国で3番目に人口が多い土地です。

大阪と聞くと「おもしろい」「お笑いに厳しい」と言うイメージを持っている人が多いでしょう。そのイメージゆえに雰囲気をよくしてくれそう、しっかりとオチをつけてくれそうと期待されがち。しかし、大阪人と言えどすべての人が芸人さんのようににぎやかなわけではなく控えめな人もいます。大阪以外のほかの県出身者と話す際に「おもしろさ」を期待されて、大きなプレッシャーに感じている人もいるのだそう。大阪の人と仕事やプライベートで付き合う際は、どんな相手か見極めて接することが大切です。

大阪の坪単価

全国で2番目に高い坪単価

大阪の平均坪単価は103万円となっています。地域別にみると大阪市の坪単価が1番高く、255万円となっていました。大阪で高級住宅街がある地域として知られるのが、箕面市、豊中市、高槻市です。それぞれの坪単価を見てみると箕面市が69万円、豊中市が75万円、高槻市が64万円となっています。

大阪と言えば吉本ですが、箕面市には吉本の大物芸人さんが住む高級住宅街があり、桜井、百楽荘は高級注文住宅が立ち並ぶ地区として有名。桜井の平均坪単価は71万円、百薬草は77万円となっています。豊中市の緑丘・東豊中・上野には資産家が多く、隠れた高級住宅街と言われているほど。空港や新幹線の乗り入れる駅が近いため、ビジネスで国内外問わず活躍する人に好まれる地域です。治安も良く、安心して暮らせます。高槻市は南平台が高級住宅街として知られています。緑が多く教育施設や公園などが多いので、子育て世帯が暮らすのに適した環境です。

大阪の魅力

人間的な魅力に溢れる土地

せっかちでハッキリと物申す人が多い大阪。そのため「大阪の人はこわい」というイメージをもたれがち。しかし、ハッキリと物を伝えてくれるので正確に表裏を感じません。また面倒見がよく、偏見を持たずに接してくれるので信頼関係を築きやすいのが魅力です。

施工事例

高級注文住宅チームの見解

4層のフロアを持つ住宅ですが、大きなガラスを用いた上層部に対して、地下に位置するエントランスやプライベートの空間は絞られた光を効果的に活かす工夫がなされています。また、下層部分は大理石調のタイル、RC 打ち放しなどで適度な重厚感が演出されています。

高級注文住宅チームの見解

19世紀のフランス・パリで主流となっていた、石造りの建築群を彷彿とさせるデザインです。木目の床や天板、梁、柱、建具をふんだんに散りばめ、HOPらしさが際立っていますね。

大阪の高級住宅地

帝塚山

帝塚山

大阪でももっとも有名な高級住宅地のひとつで、古来より豪族が住んでいた土地でもあります。大阪の中心部からはやや離れているものの、南海高野線や阪堺電気軌道上町線があるので路線は豊富です。

また、帝塚山は第一種低層住居専用地域に指定されており、その景観を守るために建築物の高さや隠蔽率が厳しく制限されています。帝塚山古墳、万世池公園、安倍晴明神社などの観光スポットも豊富です。

高級住宅地【帝塚山】の詳細を見る

豊中

豊中

豊中は人口40万人の都市で、大阪府内では大阪市、堺市、東大阪市、枚方市に次いで第5位の人口を誇ります。空の玄関である関西空港、大阪の中心地である梅田へのアクセスが良いことから富裕層が好んで住む土地となり、高級住宅地となりました。

また、商店街が充実しているという側面も持っています。1910年に誕生した「阪急豊中市場」の周囲には次々と商店が集まり、現在でも「豊中駅前一番街」「豊中銀座商店街」「豊中駅前商店会」などの商店街が活気づいています。

高級住宅地【豊中】の詳細を見る

箕面

箕面

箕面は、大阪都市圏のベッドタウンとして発展してきた都市です。市の南部は高級住宅地、中部から北部は広大な山地が広がっているという二面性を持つエリアです。その住みやすさは折り紙付きで、「都市データパック2017年版・住みよさランキング」にて6年連続で1位にランクインしていることからも、その人気がわかるでしょう。

いっぽう、中部から北部にかけての山地は明治の森箕面国定公園などの人気スポットが数多く、自然を楽しめるエリアとなっています。

高級住宅地【箕面】の詳細を見る

吹田

吹田

「万博記念公園」があることでも有名な吹田は、大阪府でもとりわけ高級住宅街がたくさん造成されている「北摂ブランド」のエリアに属する地域のひとつ。とりわけ高級住宅街として知られているエリアは、「千里山西」、「円山町」、「五月が丘北」など。「JR吹田駅」を中心部としながら、裕福なホワイトカラー層などが高級住宅を建てています。

「JR吹田駅」の北側には「アサヒグループエンジニアリング」の大きな工場が立地。観光名所として知られている「吹田操車場」もあり、鉄道とビールの街として知られています。戦後になれば、「計画人口15万人」という、日本で最初の大規模なニュータウン、「千里ニュータウン」が造成されました。

高級住宅地【吹田】の詳細を見る

高槻

高槻

大阪の「北摂ブランド」エリアのひとつとして知られる高槻市は、北部に森林や丘陵地が広がり、さらに邸宅街も見ることができる高級住宅地があります。山林エリアが多く残されていることが魅力的ですね。また、大阪市と京都市のちょうどに位置していることからも、それぞれの都市のベッドタウンとしても、高槻市は発展してきました。

高槻市でとりわけ富裕層が住まうエリアは、「奥天神町」、「唐崎北」、「西面北」、「西面南」など。市域は105平方㎞と大阪府内では4番目の広さ。北摂エリアのベッドタウンとして、のびのびと穏やかに暮らすことができる魅力があります。

高級住宅地【高槻】の詳細を見る

池田

池田

西は兵庫県、北東部は箕面市と隣接している池田は、「インスタントラーメン」の発祥の地としても知られ、「カップヌードルミュージアム 大阪池田」があります。そのほか、明治時代には、全国初となった鉄道会社の主導による本格的な分譲住宅街がつくられたのも池田市。機織りなど、様々なものの「ことはじめ」の町として知られています。

阪急宝塚線「箕面駅」を利用することで大阪市街地まで直結しており、「北摂ブランド」と呼ばれる人気住宅街のひとつとして裕福なホワイトカラー層から指示されています。駅を中心として形成されている市街地から離れると、戸建ての高級住宅街が見られます。レトロな市街地の街並みとあいまって、落ち着いた印象に癒されます。阪急最古の駅として1910年に開業した駅、阪急宝塚線「池田駅」も愛好されています。

高級住宅地【池田】の詳細を見る