本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

高級注文住宅を京都で建てる

美しい街並みが残る京都。日本の古き良き街並みを感じることができます。京都の特徴や魅力について、まとめてみました。

京都で暮らす

京都の特徴

歴史的価値の高い土地

まるで碁盤の目の様になっている町並みが特徴的な京都。華やかな観光地の印象が強い京都ですが、地域によって特色があります。丹後、中丹、南丹、京都市・乙訓、山城の5つの地域に分けることができます。丹後地域は丹後ちりめんといった伝統産業が受け継がれており、ちりめんは地域の特産としても有名。中丹は工業地帯が集まっており、さまざまな優良企業が軒を連ねます。南丹は伝統産業と先端産業の融合を掲げており、そのポテンシャルに注目が集まっている地域です。京都市・乙訓は京都府の文化の中核を担っています。山城地域は関西文化学術研究都市としてその名が知られています。

京都はアクセスの良さにも定評があります。京都の玄関口でもある京都駅はJR在来線・新幹線・地下鉄・私鉄と複数の路線が乗り入れていおり全国各地から人がやってくるほどです。子育てのしやすさも京都の特徴の1つ。100万人の人口を超える大都市のなかでも、保育園に入所しやすい状況で待機児童がゼロ(2016年4月時点)の実績を誇っています。

京都の坪単価

下鴨エリアが富裕層に人気

京都の平均坪単価は65万円です。坪単価の高い地域を見る京都市が133万円、長岡京市が63万円、日向市が57万円となっています。 京都で高級住宅街として知られているのが京都市左京区下鴨です。左京区の坪単価は79万円で、下鴨萩ケ垣内町6番外の坪単価は152万円となっています。下鴨の歴史を見ると、古くは農村が広がっており明治末期になって多くの人々が移り住むようになってきました。とくに教員や画家が移住するようになり、一時期は下鴨文化村と言われるようになったそう。その後、区画整理が行なわれて美しい街並みと住みやすい環境が整えられて高級住宅街として名を知られるようになりました。

京都の魅力

昔ながらの日本の町並みが残る京都

古き良き街並みが残る京都。室町時代以前に建てられた神社や仏閣、名工が手がけた仏像などが残っており、国内外問わず多くの歴史・仏像好きが訪れます。外せない京都のスポットと言えば、八坂神社。祇園祭で有名です。ほかにも1164年に創られた三十三間堂も有名。総ひのきづくりのお堂のなかに、1001体の千手観音像が安置されています。それぞれの千手観音像に表情があり、必ず惹かれるものがあると言われるほどです。京都は四季の豊かさも魅力。春には桜、秋には紅葉、夏には青もみじ、冬には雪景色と四季折々の風情を楽しめます。

京都は政治や文化、宗教の中心地として栄えた歴史があります。とくに仏教思想が根付いており、、野菜を中心とした食文化が広がりました。旬の野菜を中心に、大豆加工品・観物・漬物を組み合わせた食事が提供されます。食材の持ち味を生かした出汁ベースの味付けが特徴。見た目の美しさも相まって食べてよし、健康に良しなのが京料理の魅力です。

施工事例

高級注文住宅チームの見解

近代的なデザインと和の良さを融合した高級注文住宅です。吹き抜けになっているリビングには光が溢れ、開放感があります。心地よく過ごせるのが魅力です。外観は京都の街並みに馴染むように雰囲気のある造りとなっています。夜になると家の明かりが優しく灯り、家族を優しく迎えいれてくれる情緒あふれる邸宅です。