本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を美しが丘で建てる

ロンドン郊外の街並みを見本に再開発された「美しが丘」は、1960年代頃から「東急グループ」によって再開発された街。マンションや戸建て住宅などが立ち並ぶ住宅地エリアはもちろん、「たまプラーザ駅」周辺の商業施設も充実しており、エリア全体を安全に繋ぐ遊歩道でも、とても暮らしやすい街並みになっています。今回は、そんな「美しが丘」の特徴、魅力、また地価などを調べてみました。

美しが丘で暮らす

美しが丘の特徴

多摩田園都市エリアの高級住宅街

神奈川県は、横浜市の青葉区東部にある街、「美しが丘」。エリア全域が、ロンドン郊外の街並みを手本に計画された「多摩田園都市」というプロジェクトのもとで、1960年代頃から「東急グループ」によって再開発されることで生まれた街です。多摩田園都市線「たまプラーザ駅」を中心として、団地やマンション、社宅、一戸建て住宅などが立ち並ぶ住宅街や、「たまプラーザテラス」や「東急百貨店たまプラーザ店」といった副業商業施設などが広がっています。

地理的には、もともと横浜地港北区の一部でした。そこから「多摩田園都市開発」の進展にともなって「美しが丘」という街が新設されたのです。そのため、街全体に住居表示が実施されていないなどの特徴を見ることもできます。

エリアの一角を占める「たまプラーザ団地」には木々の緑に囲まれた広い遊歩道があり、それぞれのエリアを結ぶほか、そのまま「東急百貨店たまプラーザ店」に直結しているつくりになっているなど、「美しが丘」の地域全体に、「暮らしやすさのデザイン」が行われていることを伺わせます。そのほかも、遊歩道に自動車が進入しないよう、車道がUターンできる「クルドサック」というサークル状の構造が導入されているなど、遊歩道を中心として安全に暮らすことができる地域になっています。

とりわけ、「美しが丘」の二丁目付近は、「多摩田園都市」エリアでも屈指の高級住宅地。緑豊かで閑静な住環境には、まさに理想の暮らしと言えるでしょう。

美しが丘の坪単価

坪単価は平均128万3,245円

美しが丘にある「たまプラーザ」の坪単価は、2019年時点での調査で、1坪あたり平均128万3,245円(地価は平均38万8,118円/㎡)となっています。変動率としては、前年から+2.91%で上昇しています。エリアで最も地価が高い住所は「横浜市青葉区美しが丘2丁目15番3」で、地価は114万円/㎡になっています。「たまプラーザ」駅中心部はとりわけ値段が高いエリアになっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/tama-plaza/)

美しが丘の魅力

自然と都会が融合した「田園都市」

エリアの中心をなしている「たまプラーザ」。「多摩田園都市」という名前の通り、周辺に広がる田畑や山林といった自然が周辺にありながら、駅周辺には充実した商業施設や暮らしやすい遊歩道が整備された住宅地などがあり、エリアのなかに自然と都会の利点ぞれぞれが融合した、魅力的な街になっています。とりわけ住宅街には、再開発に伴って植樹された桜などの街路樹が美しい景観を形成しています。

駅周辺にある「たまプラーザテラス」は、スタイリッシュながら、明るく開放的な雰囲気が特徴的な複合商業施設です。レストランやファッションショップ、雑貨店をはじめ、保育園やクリニックも揃っている、エリアを代表する施設として知られています。商業施設としては、そのほかにも、「東急百貨店たまプラーザ店」があり、広めの店内でゆったりと買い物を楽しめるようになっています。

また、自然と触れ合えると人気の「美しが丘公園」もオススメのスポット。ブランコやすべり台といった遊具をはじめ、芝生の広場や野球場があり、休日のファミリーのおでかけにぴったりな公園となっています。