本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を鵠沼で建てる

藤沢市の南部にある「鵠沼」は、多くの文化人が訪れた別荘文化に触れることができる、神奈川県を代表する高級住宅街です。日本のサーフィンやビーチバレーの発祥の地と言われている鵠沼海岸もあり、毎年多くの観光客が訪れています。今回は、そんな「鵠沼」の特徴、魅力、また地価などを調べてみました。

鵠沼で暮らす

鵠沼の特徴

マリンスポーツが盛んな海辺の街

神奈川県藤沢市、湘南海岸もある街として知られる「鵠沼」。かつて地域に多く存在した沼地に、鵠(白鳥の古名)多くが訪れていたことからついた地名に、自然の豊かさと歴史の趣を感じることができます。

そんな鵠沼の街は、明治時代に別荘地として開発されることから始まりました。別荘宿を利用してきたのは、芥川龍之介、川端康成、与謝野晶子といった名だたる文豪たちです。その後、大正期に発生した関東大震災からの復興や再建にともない、鵠沼は高級住宅街として姿を変えて発展してきました。その美しい街並みは現在にも受け継がれており、「かながわのまちなみ100選」に選ばれるなど、お屋敷が立ち並ぶ別荘文化を感じることができる、風情ある雰囲気が人気を博しています。

気候は年間を通じて温暖。湘南海岸には、江ノ島をすぐ近くに眺めることができるなど、風光明媚な松林が広がっています。また、サーフィンをはじめとするマリンスポーツも有名で、毎年、夏場にかけて多くの観光客やサーファーが訪れています。とりわけ「鵠沼海岸」は日本のサーフィン、ビーチバレーの発祥の地と言われるほど有名なスポット。多くのサーファーが集まり、湘南ビーチの中心地としても親しまれています。海辺に続く明るい雰囲気の商店街も人気です。地域で暮らす人々のオープンで明るいコミュニティに触れることができます。

鵠沼の坪単価

坪単価は平均84万5,100円

藤沢市の鵠沼地区の坪単価は、2019年時点での調査で、1坪あたり平均84万5,100円(地価は平均25万5,642円/㎡)となっています。変動率としては、前年から+0.27%とやや上昇している傾向にあります。エリアで最も地価が高い住所は「藤沢市鵠沼石上1-7-4」で、地価は62万9,000円/㎡になっています。そのほか鵠沼エリアの地価ランキング上位は、「藤沢駅」中心部によって占められており、一帯はエリア内で特に値段が高い場所になっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/area/kugenuma/)

鵠沼の魅力

別荘文化とマリンレジャーが同居する街

鵠沼は古くから文化人に愛されてきた地域でした。鵠沼海岸に建造された代表的な旅館のなかに「東屋」がありますが、こちらには谷崎潤一郎や志賀直哉、武者小路実篤、与謝野晶子、芥川龍之介といった日本文学の歴史に名を残す文豪たちが多く逗留しては、執筆活動をしていた、まさに明治から昭和にかけての文化人の社交施設だったのです。

そんな鵠沼は、日本のマリンレジャーのメッカとしても有名。日本のサーフィンやビーチバレー発祥の地と言われ、現在も夏場には多くのサーファーや海水浴客が訪れています。鵠沼が多くのサーファーから高い人気を誇る理由は、サーフィンに適した良質な波が打ち寄せるため。ハイレベルなサーフィンを楽しむことができると、有名なサーファーが鵠沼を自らの活動拠点としています。

そんな別荘文化とマリンレジャーが同居する鵠沼は、文化の薫り高い高級住宅街としての歴史を持ち、海辺の景勝地と穏やかな気候が自慢です。神奈川県では地域を「鵠沼風致地区」と定め、旧別荘地の風情ある街並みを保全する政策を行っています。住民もまた高い教養を持ち、行政と一丸になって鵠沼ブランドを守っています。