本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

高級注文住宅を鎌倉で建てる

観光地として人気と知名度の高い鎌倉。歴史や自然を感じさせる場所であることから、別荘として高級住宅を構える人々も多いようです。鎌倉の人口数や坪単価、地域の特性についてご紹介します。

鎌倉で暮らす

鎌倉の特徴は?

歴史ある街

鎌倉幕府は、日本史の勉強で誰もが耳にしたことがある名前でしょう。源頼朝が日本初の武家政権を打ち立て幕府を開いた土地として鎌倉は有名です。

また、幕府が開かれるずっと前の縄文時代から、人々が生活していたそうです。山と海に囲まれているだけでなく、高台があるため敵に狙われにくいことから、古代の人々にとって暮らしやすかったのではないかと推測されています。

源頼朝もこの地形が敵からの攻撃にも強いと考え、幕府を開いたとも言われています。当時、日本政治を始め、文化の成長や外国との交流など、あらゆる面で日本を発展させた中心地でした。その名残りなのか、現在でも発掘調査において鎌倉時代の文化財や縄文土器、弥生土器と貴重なものが発見されているそうです。

観光地として人気を誇る鎌倉は、なんと江戸時代からすでに観光スポットとして注目を浴びていたのだとか。そんな歴史ある鎌倉の2019年4月時点での人口数は約172,321人、世帯数は74,622人。今も昔も変わらず大勢の人が住んでいます。

鎌倉の坪単価

江ノ島電鉄を中心に人気のエリア

2019年時点での鎌倉の坪単価は、76万6240円/坪です。2018年からの変動率は+0.06%と上昇の傾向を見せています。最も平均坪単価が高いのが和田塚の113万5537円/坪、低いのが今泉台の38万6776円/坪です。

鎌倉エリアは江ノ島電鉄線を中心にJ東海道本線、JR京浜東北線、湘南新宿ライン、JR横須賀線などとても利便性が高いのが特徴。なかでも、江ノ島電鉄線の駅までの距離が短ければ短いほど、地価が高い傾向にあります。

明治22年にJR横須賀線が開通しました。政治家、財界人、文化人などが避暑地として鎌倉に足を機会が増加。それに伴い、高級住宅地を含む別荘が、多く建てられたそうです。

鎌倉の魅力

自然と食が豊富

鎌倉は四季折々の変化を濃く感じられる、自然豊かな街です。緑豊かなおかげで8月の平均気温は27度と夏でも快適に過ごせることから、避暑のため別荘を建てる人も。海にも囲まれているためマリンスポーツも人気を博しています。

さらに、山と海に恵まれた鎌倉では、地元農家や漁協によって、新鮮な野菜や魚介類が手に入ります。地元民だけではなく、遠方から買い物にやってくる人も大勢いるようです。山と海の幸をいかした料理を楽しめます。

昔ながらの景観を維持し、環境問題にも力を入れている

古民家や風情漂う物件が残されているのも魅力の1つです。鎌倉に住む人々は「今の景観があるからこそ鎌倉」という強い意識があります。昔ながらの美しさや街並みを残すため建築制限を設けているのも特徴。古民家は定期的にメンテナンスを行っているとのこと。

また、ゴミのリサイクル率も47.6%と全国平均の20.3%と比べて非常に高いことから、環境問題にも力を入れていることが分かります。 高級住宅地としての有名な鎌倉は、豊富な自然と利便性の高さを併せ持つ場所なのです。

高級注文住宅の施工事例

鎌倉で叶える。高級注文住宅のチームの見解

温かみのある木材と、弾力性と硬さを持つ素材を組み合わせています。自然な光が差し込む和の雰囲気に、モダン的な部分が光る高級注文住宅です。鎌倉は山と海の自然に恵まれ、都会的な街並みも味わえるのも魅力の一つ。理想がたくさん詰まった空間で、心豊かな生活が送れることでしょう。