本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を宝塚で建てる

「宝塚歌劇団」の本拠地があることでも知られる、兵庫県宝塚市。上品な街並みながら、「高速道路のインターチェンジがある」「乗り入れている路線が多い」など利便性も高い地域としても知られています。そのためファミリー層を中心に高い人気を誇っており、「住みたい街ランキング」でも上位にランクインしていました。そんな宝塚市を一言で表現すれば、「水と緑があふれる美しい街」でしょうか。ここでは、宝塚市の特徴や魅力、また坪単価についても調べてみました。

宝塚で暮らす

宝塚の特徴

宝塚歌劇団がある優雅な街

上品で落ち着いた雰囲気が漂う街、宝塚。中心部に位置する宝塚駅の駅舎は「オレンジの屋根にベージュの壁」が特徴的。優雅さを感じさせるデザインですが、これは宝塚の街並みのシンボルイメージにもなっています。エリアには中央自動車道の「宝塚IC」もあり、交通の利便性も良好です。武庫川や六甲山など、穏やかな自然も遠くないため、宝塚は、ゆったりと優雅な暮らしを理想とするようなファミリー層のあいだで特に人気のエリアとなっています。

歴史的には有馬街道の宿場町だった宝塚ですが、酒造地や温泉街として栄えた時期もあったようです。そんな宝塚の名を全国的に知らしめているのは、ご存知、「宝塚歌劇団」。「阪急グループ」の創始者、小林一三が設立していらい、創立100周年を超える伝統がある芸能の教育機関で、「宝塚大劇場」や「宝塚音楽学校」には連日多くのファンや観光客が足を運びます。

その周辺には雑貨店やレストランが立ち並ぶ「花のみち商店街」をはじめ、落ち着いたベージュの壁面にオレンジの屋根が特徴的な商業施設などが整備され、あたかもヨーロッパにいるかのような華やかな街並みが広がっています。そのほか「手塚治虫記念館」をはじめ、阪神競馬場やゴルフ場などもあることから、宝塚市には年間877万人もの観光客が訪れています。

また、中心部からはすこし郊外になりますが、「清荒神清澄寺」も宝塚の有名スポットのひとつです。年始になると毎年数多くの初詣客がやってきます。古くから由緒あるお寺として知られる「中山観音」、推古天皇ゆかりとされる「売布神社」も有名な宝塚の観光地です。

宝塚の坪単価

坪単価は平均約59万円

兵庫県宝塚市の坪単価ですが、2019年時点で平均59万3970円/坪で、全国の坪単価としては86位に位置しています。変動率としては、前年から+1.06%と上昇しています。エリアとしてみると、宝塚市で最も高価格となっているエリアは「宝塚駅南口」で、価格は22万9333円/㎡です。また地点としてみると、同市で最高額となっている地点は「宝塚市逆瀬川1-1-11」。その価格は38万3000円/㎡となっています。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/hyogo/takarazuka/)

宝塚の魅力

穏やかなベッドタウンも人気

商業施設や劇場があり、華やかで活気的な雰囲気がある宝塚駅周辺。郊外には「御殿山」や「武庫山」をはじめとした、ベッドタウンとして人気を集める住宅街も多くあります。鉄道・自動車ともに交通の利便性が高い宝塚市は、大阪や神戸まで電車で30分ほど。また、北部の田園地帯には豊かな自然も広がっており、劇場などがある華やかな中心部とあいまって、理想的な住環境が揃っていると言えるでしょう。

郊外の住宅街では、大きくゆとりを持って区切られた区画に、整然と戸建て住宅が立ち並ぶ景観を見ることができます。また自然環境としては、六甲・長尾山系の山並みや武庫川の景観が美しく、高い建物が周辺のエリアになり地域では、豊かな自然を日常的に楽しむことができるハイキングコースも魅力のひとつでしょう。

駅周辺のエリアで武庫川を挟むようにして中高層マンションが多く建てられています。宝塚らしいヨーロッパ風の街並みとあいまって、ゆったりとした穏やかな水辺の都市景観が広がっています。