本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を六麓荘で建てる

芦屋にある高級住宅地、「六麓荘町」。その歴史をたどってみれば、大阪の財界人が別荘地をかまえる街として開発された成り立ちを持っているエリア。現在も趣ある豪邸が立ち並ぶ、まさに関西有数の高級住宅街となっています。その美しい景観に憧れ、「一度は散策してみたい」という声も少なくありません。そんな「六麓荘町」の特徴や魅力、坪単価をまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

六麓荘で暮らす

六麓荘の特徴

歴史ある高級住宅街

兵庫県芦屋市に位置する「六麓荘町」は、香港の九龍半島の白人専用住宅街をモデルに開発がスタートしました。「六甲の麓に東洋一の別荘地を」という当時のモットーが、そのまま街の名前になったそうです。現在もたくさんの大豪邸が立ち並び、美しい街並みを形成しています。その美しい景観や快適な住環境を守るために、地域の自治会は厳しい協定を設置。例えば、新築や増改築をおこなう際には、町内会への承認と許可が必要です。また、新たに移り住むことを希望する者は、入会賛助金として町内会に50万円を支払い、承認を得ることが求められるとのこと。そのほか、町内では営業行為が禁じられているため、コンビニ等もなく、とても閑静な環境が保たれています。

当初はいわゆる紳士協定として定められていた六麓荘町の協定ですが、現在ではその一部が芦屋市の条例として取り入れらており、周辺地域も含めて、官民共同で「六麓荘町」の美観を守る努力がおこなわれています。住民自らが美しい街並みを守るため、主体的に活動しているのです。

六麓荘の坪単価

坪単価は約68万円

六麓荘町の坪単価を調べてみたところ、2019年時点のデータでは68万4297円/坪とのことでした。変動率としては、前年比+0.49%で上昇しています。六麓荘町が属する芦屋市の取り組みもあり、新規の居住者が増えているようです。

ちなみに、芦屋市全体の坪単価は、2019年時点のデータで113万1630円/坪。変動率としては、前年比+3.06%で上昇しています。これは、最も同市で高額なエリアである「芦屋駅」エリアの開発などが進んでいることも影響しているようです。

※参照元:土地価格相場が分かる土地代データ(https://tochidai.info/hyogo/ashiya/)

六麓荘の魅力

自然と大豪邸が美しい街並み

六麓荘町が佇む場所は眺めの良い高台。そのため、快晴の日には六甲山や大阪湾を眺めることができます。街の美観を損なわないよう、電柱や信号、自動販売機も設置さえておらず、山並みなどの自然を活かした、曲がりくねった道やなだらかな坂道に沿って、優雅で洗練された様々な高級住宅が立ち並んでいます。

建物には西洋風やモダン、日本家屋風など、趣向をこらした様々な豪邸が見受けられ、なかにはプール付きの広い庭やテニスコートもある大豪邸もあるようです。最も有名な建物のひとつとしては「ヨドコウ迎賓館」があります。世界的な建築家、フランク・ロイド・ライト氏によって設計された酒造家、山邑太左衛門の邸宅で、国の重要文化財にも指定されています。

そんな高級住宅には、言うまでもなく、大手企業の創業者やオーナーなど、富裕層の住民が暮らしています。礼儀正しい人たちが多く、散策中に挨拶をすると丁寧にお辞儀を返してくれるという声もあるほどです。

先述した「六麓荘町建築協定」では、街の緑に関する協定も定められています。例えば住宅の緑地に木を植えること、敷地の4割以上を庭にすることなど、自然ある住環境をつくっていく工夫があります。六甲山麓の眺めとあいまって、自然豊かな高級住宅地となっているのも頷けます。また、防犯カメラなどによる治安維持の取り組みも積極的です。地域の学校にはガードマンも置かれているなど、安心して子育てをすることができる環境がつくられています。