本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を奥池で建てる

六甲山の中腹に広がり豊かな自然に囲まれた高級住宅地の「奥池」です。奥池という池を中心に開発されており、企業の保養所なども多くあるエリアです。奥池特徴や坪単価、また魅力を詳しくご紹介します。

奥池で暮らす

奥池の特徴

美しさが別格の奥池

兵庫県芦屋市にある奥池というエリアは、北に六甲山南には大阪湾が広がっている地域で高級住宅地として別格の存在感を放ちます。芦有道路が開通してから奥池周辺には、数多くの保養所や邸宅が立ち並ぶようになります。六甲山でも美しいと言われていた奥池の周辺に住宅街が広がるようになったのです。

開発がスタートしたのは1964年で、「芦屋市を東洋のジュネーブにする」というコンセプトのもとに開発されています。現在では高級住宅街として芦屋を代表するエリアです。

芦屋市で2006年に改正された豪邸条例が適用され、建築物の制限が行われています。一戸建て住宅しか建設を許可せず、敷地面積を400㎡以上にしていることから、高級感や景観を守り続けているのです。

低層住宅が広がっていること、また美しい自然環境が広がっていることから、豊かな自然環境が広がっている住宅地となっています。奥池のほとりには「奥池あそびの広場」と呼ばれるアカマツ林がある緑地があり、バーベキューが出来たりグランドゴルフ場があったりします。子どもがいる家庭なら、週末にアウトドアに出かけるのにぴったりなエリアも広がっているのです。

住宅街でありながら避暑地のような様相を呈しているのも特徴で、著名人も多くの別荘地を建てているほどです。高級住宅地として景観を守り続けていることから、他のエリアでは見ることができないほど美しい街並みが特徴となっています。

奥地の坪単価

単価が減少傾向

奥池の坪単価は、2019年のデータで18万3,471円/坪となっています。また基準地価は、平均で5万5,500円/㎡です。前年比では、-0.89%となっています。

奥池の地価データは1999年からのものになりますが、その中で前年2019年の5万5,500円/㎡は最安値です。最高値は1999年の11万3,000円/㎡です。両者の違いはおよそ2倍となっています。

奥池はそれほど大きくないエリアですので、地価を求める基準となるエリアも1つとなっています。過去の推移を見ても1999年に最高値を記録してから、2006年から2008年まで少しの上昇しました。しかしその後は毎年前年比がマイナスとなっています。

※2020年(令和2年)時点参照元:土地価格相場が分かる土地代データhttps://tochidai.info/area/okuike/

奥池の魅力

日本のビバリーヒルズともいえる高級住宅街

高級住宅街が広がっている芦屋市の中でも、奥池周辺の住宅街は日本のビバリーヒルズと呼ばれるほどのトップクラスです。高級住宅街の景観を守るために、商業施設などを建設できない豪邸条例が設けられています。

豪邸条例により商業施設が建設できないだけでなく、看板を立てたり木を伐採したりすることもできません。奥池の自然環境が守られているだけでなく、街並み全体の景観を守るために条例が定められています。

奥池には市街地と有馬を結ぶ有料道路の「芦有ドライブウェイ」を通らなければいけません。お金を払わないと住宅地に入れないことも、高級住宅地のブランドを守る要因です。

有料道路を通らなければいけないことは、治安の向上にもつながっています。芦有ドライブウェイの入り口には防犯カメラがあるので通行する車の撮影をしています。個人宅でも防犯カメラが設置されていることが多いですが、住宅地に入るまでに車のチェックがされているので安心です。

奥池に住んでいる場合には、路線バスで通学することになります。芦屋市にはたくさんの保育園などの施設がありますので、交通の便で困ることはないでしょう。山や自然を楽しむイベントが多数開催されている「奥池あそびの広場」があるので、子育て世代の家庭が生活するのにも魅力的なエリアです。