本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

sponsored by ハウジングオペレーションアーキテクツ

高級注文住宅を西宮で建てる

西宮市は大阪と神戸の中間にある中核都市です。大阪市の帝塚山、芦屋市とともに近畿で有数の高級住宅地です。文教住宅都市として掲げられていたり、また球児にとって憧れであり甲子園球場があります。ここでは西宮の特徴や坪単価、さらに西宮の魅力をご紹介します。

西宮で暮らす

西宮の特徴

著名人も暮らす高級住宅

西宮市は大阪と神戸の中間に位置している中核都市です。神戸市、姫路市に次いで兵庫県の第3の都市となっています。北川には六甲山系、南側には大阪があり、自然に囲まれているエリアです。数多くの文化施設や教育機関があるのも特徴です。

平成31年3月1日時点での人口は48万7,000人で、世帯数は21万4,000帯となっています。阪急神戸線利用できる市街地からは大阪神戸へともに電車で15分ほどで行ける利便性の高いエリアです。

西宮市は憧れの住宅地として大正時代から開発が行われてきた地域で、甲子園球場や西宮戎神社などのスポットもあります。人口減少が続いている地域が多い中で、増加傾向があるのが特徴です。

開発が進められていたり保育施設や公立学校の増改築が行われ、子どもがいる家庭でも生活しやすいエリアとなっています。住みやすいエリアとして知られていることから多くの著名人も住んでおり、特に山手の阪急神戸本線沿線に邸宅が立ち並びます。南北に長い形状になっており六甲山の麓に沿うように邸宅街が広がり、海側には下町情緒が残る町並みがあります。山だけでなく海側にも住宅地が広がっている、自然が豊富な高級住宅地です。

西宮の坪単価

大部分で緩やかな上昇もしくは横ばい

西宮市の2020年の最新公示地価は、坪単価で平均90万5,913円、地価は平均27万4,038円です。前年からの変動率は+1.39%となっています。西宮市の全体の地価は、大部分で少しの上昇傾向が見られています。

150箇所あるランキングでは、27か所を除いて上昇もしくは横ばいでの移行を見せています。

地価ランキングでは、1位が西宮市高松町で坪単価が323万9,669円、地価は98万円/平方メートルと+8.89%の変動です。。最下位になっているのは、西宮山口で地価は3万5,300円/平方メートル、坪単価は11万6,694円です。

西宮市の地価のデータは1983年からあります。その中で最安値になったのは2005年です。当時の価格は20万7,935円/平方メートルでした。

※2020年(令和2年)時点参照元:土地価格相場が分かる土地代データhttps://tochidai.info/hyogo/nishinomiya/

西宮の魅力

歴史もあり文教住宅都市としての魅力

多くの史跡もあり1,000年以上前も記録に西宮の名が記されているものがあるなど、歴史もある街として知られています。弥生時代の遺跡や古墳時代の古墳なども多く存在しています。

14世紀頃から市場が設けられて商業の中心地となり西国街道と中国街道の交流地として栄えました。その後室町時代には西宮の酒が有名になり、江戸時代に本格的に酒造りが始まってから現在でも多くの酒造会社があります。

その後多くの鉄道が開通することにより、大正時代から住宅開発が積極的に行われています。沿線には多くの著名人が住んでいるほど、生活がしやすくアクセスがよい高級住宅街として知られているのです。

また西宮は歴史のある街並みが魅力的です。資料館や散策に適したエリアが広がっているので週末に出かけるのに魅力的なスポットもたくさんあります。寺町や宿場町跡などのスポットは、散策で訪れるのにぴったりでしょう。

治安も比較的よく都心部へのアクセスも良好で、ショッピングも気軽に行くことができます。夙川公園は桜の名所となっているので、春にはきれいな景観を楽しむことができるでしょう。また森林公園など、自然と触れ合えるスポットもたくさんあります。都心部から少し離れていることから、静かにのんびりと暮らせる住宅街が広がっているのです。