本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

高級注文住宅を旭川で建てる

旭川の特徴や魅力を紹介します。高級注文住宅の施工事例も必見です。

旭川で暮らす

旭川の特徴

中央部に位置する、北海道第二の中核都市

旭川は、北海道中央部の上川盆地に位置し、人口が33万人を超える、札幌に次ぐ北海道第二の中核都市。国道や鉄道路線の起終点となっており、高速道路の整備により、道内物流の拠点となっています。また道北における経済、産業、文化の中心都市でもあります。主要駅はJR旭川駅で、東西南北にそれぞれ網走、札幌、富良野、帯広、稚内など主要都市へ延びています。JR以外の交通手段は路線バスも運行されていますが、基本的には車での移動となります。気候は、地形が盆地であるために典型的な内陸性気候となっており、降雪量は多く、夏冬の寒暖差は激しいのが特徴です。

旭川の坪単価

都会過ぎず、田舎過ぎない、絶妙な環境

2019年公示による旭川市の平均坪単価は約9万円ですが、住宅街での平均坪単価となると約11万円です。スーパーやコンビニ、ファミレスや飲食店などがある一方で自然も多く、都会過ぎず田舎過ぎないといった絶妙な環境になっています。また住む上で気になるポイントの一つ、医療機関も充実しており、中心地から住宅街まで多数点在するだけでなく、高度先進医療を提供する市立旭川病院など、質の高い医療の提供が行われています。さらに育児をしやすい環境づくりとして、レベルの高い高校が数多く点在するなど、教育面なども充実しています。

旭川の魅力

年間500万人以上の観光入込客数を誇る

旭川は、「国際会議観光都市」に認定されており、年間500万人以上の観光入込客数があります。全国的に有名なのが旭山動物園。旭川市の東部、旭山公園に位置し、ペンギンの散歩などが人気です。また、さらに東には広さ2,267K㎡の山岳公園、大雪山国立公園があり、特に夏から秋にかけて観光客が多く訪れます。旭川を南に向かうと、美瑛や、ラベンダー畑で有名な富良野があります。

そして食べ物で有名なのは旭川ラーメン。旭川駅周辺から市内にかけて在していますが、南永山駅近くにさまざまなラーメン店が集まる「あさひかわラーメン村」が特に有名です。

また旭川駅の北側に延びる歩行者天国には、モールが建ち並ぶ「平和通買物公園」があり、ショッピングを楽しむ人で賑わっています。

旭川の高級注文住宅、施工事例

和モダンな住まい

HOP_和モダンな住まい外観

旭川の高台にある和モダンな住宅。窓の配置を生かし、高速道路越しに広がった山並みの景色を、四季とともに堪能できるようになっています。

1階部分をオープンな空気構構成にし、リビングダイニングキッチンを広く使えるように。 こだわりの造作キッチンは、まわりのダーク系の色に合わせて天板まで黒で統一。汚れも目立たなく、使い勝手も抜群のようです。背後には食器や調理器具、家電をひとまとめに収納できるスペースを設け、引き戸を閉めて見えないようにできます。

旭川の和モダンな高級住宅事例を
もっとくわしく見る

一年中緑と暮らす家

HOP_緑と暮らす家1廊下

一番の特徴はなんといっても家の中央にあるガラス張りのコンサバトリー。上部が吹き抜けのため、トップライトから光が射しこみ、たくさんの観葉植物が照らされ、まるで緑のコレクションボックスのようです。

格子状の土台上に、透明のなポリカーポネイトを敷いた床には蛍光管が仕込まれて、下からライトアップが可能。

1階から続くインナーテラスからは、見本林の緑を見渡すこともでき、家の中でも外でも、自然をずっと感じられる家になっています。

旭川の緑と暮らす高級住宅事例を
もっとくわしく見る