本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

ゲストに感動を与える玄関アプローチがある家

玄関はその建物の“顔”です。

オーナーはどのような希望やこだわりを持ち、HOPの建築家はどのように応えたのか。玄関が美しい高級注文住宅の事例を、いくつか見ていきましょう。

札幌市 :C様邸「空間、そして人をつなげる家」

オーナーの要望とHOPの想い

オーナーさまのご要望は、「訪れる人を快く迎え入れる懐の深さのある家」というもの。

その回答としてHOPは、外部エントランスから玄関内部を事例写真の通りに仕上げました。

玄関に足を踏み入れると、白壁を基調としながら木目を活かした格子戸や建具、階段などが、やわらかな雰囲気でゲストを包み込みます。

そこには「訪れる人を大らかに受け入れ、楽しませ、新たな人間関係を広げていく」という思いを込めました。

高級注文住宅チームの見解

近代的でスタイリッシュな外観でありながら、無機質になることなく、訪れる方をまるで腕を広げて迎え入れるような形状のエントランスが印象的です。

帯広市: A様邸「心から寛ぐことのできる住まい」

オーナーの要望とHOPの想い

モダンスタイルに「和」の要素をセンスよく融合させた高級注文住宅です。

オーナーさまがこだわったのは「心から寛ぐことのできる住まい」。

玄関アプローチにも、自然の木目を活かした格子とドア、そして通路脇には石庭を彷彿させる白い小石を敷き詰めました。

玄関ドアをまたげば、ここでも木目の格子戸と建具、床板などが木のぬくもりを感じさせてくれます。

高級注文住宅チームの見解

大自然に近い立地の中で、木に包まれているかのような感覚を家の中でも実現しているのが秀逸ですね。すっきりとした玄関アプローチは、心がホッとする場所になっています。

ニセコ: H様邸「和と洋のフュージョン」

オーナーの要望とHOPの想い

ニセコのパウダースノーと、日本の文化をこよなく愛する外国人のオーナーさまより依頼をいただいた高級注文住宅です。

青い空に映える鮮やかな色味の外観も印象的ですが、さらに驚くのは玄関に入ってから。

エントランスホールは開放感のある吹き抜けとなっており、床には国産天然石を敷き、飾り柱や梁、格子となった階段の手すり、円窓などの和のテイストをふんだんに盛り込みました。

「せっかく日本に居を構えるのだから、和の要素をたくさん取り入れたい」というのがオーナーさまの要望。

玄関はもちろんのこと、本格的な茶庭や和紙を貼った障子、和陶器の洗面器などとことんこだわって仕上げています。

高級注文住宅チームの見解

オーナーは、HOPであれば外国人の感性にも響く和テイストを取り入れた本物の住まいを実現できると確信し、一生の住まいづくりをHOPに託したとのこと。見事、和と洋のフュージョンを心地よく表現した住宅に仕上がりました。