本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

伝統を引き継ぐ囲炉裏のある家

囲炉裏は火鉢と並ぶ日本古来の暖房装置であり、また同時に調理のための火力としても用いられてきた歴史をもっています。

しかし、昨今の日本の住宅においては、なかなかお目にかかることがありません。

むしろ一般家庭よりも、和の風情を大事にする高級料理店や高級旅館などで遭遇する機会の方が多いといった感じではないでしょうか。

しかしながら、そうした古き良き時代の伝統を自宅に取り入れ、大切に受け継いでいくという想いをもっている方も、確実に存在しています。

もちろんHOPは、和風建築や和の要素を取り入れた高級注文住宅を多数手がけており、囲炉裏を設けた住宅を依頼したいという要望に応える準備を、常に整えています。

ここでは、そうした案件の実例として、HOPが手がけた和風の高級注文住宅を見ていきましょう。

札幌市: I様邸「囲炉裏のある家」

オーナーの要望とHOPの想い

純和風の伝統をしっかりと踏まえながら、現代的な感覚も共存するよう上手に取り入れた高級注文住宅。

白い塗り壁と黒光りする柱のメリハリの効いたコントラストや、梁が連なる高い吹き抜けが和の美しさを引き出しています。

一方で、2階には吹き抜けをもつ洋風の書斎やロフトを設けるといった具合に、現代テイストも組み合わせる遊び心を発揮。

そして、この物件の最大の特色と言えるのが、ほかならぬ和室の居間に設置した囲炉裏です。

畳を敷き詰めた純和室の部屋。その中央に堀ごたつ式の座卓を設置し、中心部分をくりぬいて炭で暖をとる囲炉裏をしつらえています。

天井からは自在鍵を吊り下げており、鍋などを囲炉裏にかけることが出来るようにもしました。

高級注文住宅チームの見解

中途半端にお茶を濁すことなく、とことんこだわって古き良き時代の風情を再現しているHOPの事例です。伝統美を感じさせる建物でありながら、どこかスタイリッシュな雰囲気をまとっているのも魅力。囲炉裏という主役に、HOPが用意したステージは「深みのある古さと現代的な要素を併せもった」高級注文住宅なのでした。