本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

静寂な時を与える中庭がある家

中庭もまた、オーナーの想いを建築家がどのように表現するか、技術とセンスが問われる場所ではないでしょうか。

もちろん、単に建物をコの字型やL字型にして囲えばよいというものではありません。

間取りとの関わりや室内からどのように見えるのか、逆に、中庭からの建物の眺めをどうするのかなど、あらゆる角度からの配慮が必要。

建築家の意図や狙い、計算などを考えながら見ると、より奥の深さが分かるはず。HOPがこだわった中庭をご紹介しましょう。

札幌市:H様邸「中庭のある終の棲家」

オーナーの要望とHOPの想い

レンガ調のタイル外壁が重厚感を醸し出しているこちらの高級注文住宅は、マンションや一戸建てに囲まれた住宅街に建っています。

住宅街という条件のなかでオーナーさまからいただいたリクエストは、「中庭を生活の中心とした終の棲家」というものでした。

対してHOPが導き出した解答は、周囲の視線からのプライバシーはしっかり守りながら、開口部を大きくとり、四季ごとの中庭の景色を楽しめる高級注文住宅。

とりわけ大きな特色としては、キッチンダイニングの一部を天窓としたインナーテラスを設け、リビングには吹き抜けと大型サッシ、そして中庭に面した一角を玄関からの回廊状の廊下とし、自慢の中庭を存分に満喫できる設計となっています。

高級注文住宅チームの見解

中庭を設けることで、部屋のなかへ効率的に外の光を取り入れています。木材のぬくもり溢れる柔らかな空間は、まさに終の棲家にふさわしいでしょう。

札幌市:I様邸「真に求めた“終の住処”」

オーナーの要望とHOPの想い

緩やかな曲線を描くタイルの外壁と、木目のサッシやテラス、飾り梁などで飾った高級注文住宅。

オーナーさまにとっては3件目の新築物件であり、“終の住処”として暮らしを愉しむことへの深いこだわりと、心地よさが溢れる空間に仕上がりました。

ご自慢の中庭は、タイルと小石、樹木をバランスよく配置した美しい空間に仕上げ、リビング、浴室、書斎などからの眺めが楽しめるように配慮。

一方で、外部からの視線を遮り、プライバシーもしっかり確保しています。

高級注文住宅チームの見解

穏やかな時間が流れる空間としての仕上がりが、事例写真からも伝わってきます。整備された中庭の木々が、季節や時間を超えて変化する様もきっとご家族にとって楽しみのひとつとなることでしょう。