本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

神奈川県に住まうHOPオーナーの暮らし

HOPで高級注文住宅を建てた神奈川県在住のオーナーに、暮らしぶりやHOPの印象について高級注文住宅チームが取材させていただきました。

今回ご協力をいただいたのは、神奈川の横浜市在住のM様。HOPが手がけた案件の中でも、思い出深く、また話題になった高級注文住宅でした。

コンセプトは「くつろぎにこだわったニンゲンの巣」というもの。なにやらインパクトのある言葉ですが、その真意や込められた想いとは何でしょうか。

まずは、完成した高級注文住宅事例を見ていきましょう。

神奈川県横浜市:M様邸「ニンゲンの巣」

HOPの家_神奈川

こちらの物件を一目見て真っ先に感じるのは、曲線というものの優美さを、最大限に活かしているという点ですね。

白い外壁や木目を活かした格子などもセンスよく仕上げられています。

建物に近づいてみてもうひとつ驚くのは、自慢の曲線美が縦方向だけでなく、水平方向にもあしらわれているということ。

建物の屋根や外壁はもちろんのこと、リビングのサッシと連結されたウッドデッキと自然石の水鉢などがしつらえられた庭自体も、曲線で構成されているという徹底ぶりなのです。

あたかも家そのものが、まるで芸術作品であるかのような存在感を放っています。

そんな外観に圧倒されながら、エントランスから玄関へ向かうと、三和土との段差をなくした広いスペースがお出迎え。

室内も白壁を基調としながら、木目の梁がアクセントとしてあしらわれています。リビングに通されると、ここもまた曲線を活かした構造になっています。

開放感あふれる吹き抜けも備えられており、その部位には、木目の梁と柱がまっすぐに配置。家全体の曲線と、まるでコントラストを奏でているかのよう。

キッチンはリビングから段差を設けたところに位置しています。

壁などで空間は隔てずにリビングとのつながり感を残しておきながら、それでいてリビングから丸見えにならないように、角度や配置を考慮したのだとか。

リビングの中央に鎮座するのは、リビングの曲線に合わせてつくりつけであしらわれたオレンジ色のソファー。

自然と家族が集まってくる安らぎの場所となっているそうです。

この点こそが、冒頭で述べました「くつろぎにこだわったニンゲンの巣」というコンセプトを、カタチとして具現化した最大のポイント。

果たして、この「ニンゲンの巣」という発想はどこからきたのか。オーナーのM様に、詳しく伺ってみました。

くつろぎの追求とスムーズな流れを「ニンゲンの巣」で実現

HOPの家_神奈川

――まずは、この「ニンゲンの巣」という大変インパクトのある言葉に込められた想いはどんなところにあるのか、お聞かせください。

実はHOPさんとの最初の打ち合わせで『ニンゲンの巣』をつくってほしいとお願いしました。さすがに驚かれていましたね(笑)。言いたかったのは、くつろぎを追求した物件で、エントランスからアプローチ、玄関、リビングからキッチン、ウッドデッキや2階へと、流れがスムーズなものというリクエストです。そうした流れに包まれて、安心してくつろげる空間にしたいという想いがあったのです。

――ご自宅を最初に拝見した時に、曲線形状へのこだわりに圧倒されましたが、そこにはそういった想いが込められていたのですね。プラン提案の時はどのような感じだったのでしょうか?

HOPさんの提案は、描いていたイメージを的確にカタチにしてくれていて、想いもしっかり汲んでくれていて、まさに『これだ!』と直感しました。実は100%完璧だったわけではなく、ここはこうしたいという点もありました。ただし、それはプロの建築家として、なぜできないのかをキチンと説明してくれ、その上で、こうしたらいかがでしょうかという提案もしてくれました。そうした点にも、プロとしての誇りや矜持といったものを感じさせてくれましたね。

――リビングでひときわ目を惹くオレンジ色のソファーにも、逸話があるそうですね。

くつろぎの一番のこだわりとしていたのがリビングでしたので、それこそ足が棒になるくらい家具店を何軒も探し回ったのですが、しっくりくるものが見つかりませんでした。そこで、粘土でつくった模型を見せながら、こうした感じでこうくつろぎたいと説明したところ、こちらの意をしっかり汲んだつくりつけのソファーを仕上げてくれました。

――その他に、印象に残っている出来事などはありましたか?

現場のスタッフの皆さんに『ぜひ楽しんでつくってください』とお伝えしたのですが、実際にも職人さんたちが実に生き生きと楽しそうに作業をしていて、この家の完成を楽しみにしているというのが伝わってきました。そうした雰囲気から生まれた家だからこそ、格別な居心地をもたらしてくれる家になったのだと思います。本当に、よい仕事をしていただけました。

神奈川県横浜市:M様邸「ニンゲンの巣」の施工事例

石出会長が語る高級注文住宅の誕生秘話

農業を営んでいるM様が高級注文住宅の建築を予定した敷地は、市街化調整区域で本来であれば住宅は建てられず、特例的に農家住宅ならと建築が許可されたのでした。

加えて、敷地の一部上空には高圧電線が通っていたため、住居部分は高圧電線を避けなければならないという制約もありましたが、その制約こそが曲線を活かした美しいフォルムの家を生み出したのです。

HOPがこだわりとしている天然木材については、月日が経過していくことでどのように風合いが変化していくのかが楽しみと、オーナーさまが語ってくださったことが印象的でしたね。