本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅
本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅 » HOPの高級注文住宅に住まう全国のオーナーが語った暮らし

HOPの高級注文住宅に住まう全国のオーナーが語った暮らし

高級注文住宅を建てるなら、建築家とプランを練り上げていくことが必要不可欠。自分が「どのような高級注文住宅に住んで、どのような生活を送りたいか」を考えておくべきでしょう。

そんなときに大きなヒントとなるのが、高級注文住宅を既に建てたオーナーの体験談や、美しい住宅事例なのではないでしょうか。

その家を建てるときに明確なイメージや希望があったのか、どのようなこだわりを高級注文住宅に取り入れているのかなど、あまり紹介されていない「各高級注文住宅の誕生秘話」について取材しました。

ぜひご覧ください。

北海道に住まうHOPオーナーの暮らし

北海道の家

HOPの本拠地である北海道にて高級注文住宅を建てたオーナーのうち、3組のご家族を取り上げています。

10代のお子さん2人をお持ちのご夫婦、国際結婚のご夫婦、そして小さなお嬢さんがいるご家庭…、家族構成も違えば住宅に対する要望も変わります。

天井の星座が散りばめられたバスルームや、リビングから大型サッシで繋がるウッドデッキのテラスと中庭など様々。

ただ、共通しているのは、どの家も家族にとって憩いの場となっていること。

HOPと施主のこだわりに注目していただきたいのはもちろんですが、北海道の環境に負けない工夫にも目を向けてみてくださいね。

北海道に住まうHOPオーナーの物語を読む

神奈川県に住まうHOPオーナーの暮らし

神奈川の家

神奈川県で高級注文住宅を建てたHOPオーナーからの依頼は、「ニンゲンの巣」をつくって欲しいというもの。

具体的にどのような家が「ニンゲンの巣」になるのか、ぜひ施工例をご確認ください。

またこの高級注文住宅は、完成するまでに様々な課題を乗り越えてきました。

例えば、そもそも住宅を建てられない土地であったり、敷地の一部上空に高圧電線が通っていたり...。

それらすべてをクリアして建った「ニンゲンの巣」。HOPだからこそ実現できた住宅事例でもあります。

施主が語るHOPの魅力についても注目しながら、ご覧ください。

神奈川県に住まうHOPオーナーの物語を読む