本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

本物に暮らす。日本の美しい高級注文住宅

本物の高級注文住宅には
日本の伝統美が生きている

本物の高級注文住宅には
日本の伝統美が生きている

日本が誇れる、本物の高級注文住宅とは何か―。おそらく、施主の想いや建築士の情熱、日本の伝統美が表現された住宅こそ本物である、と私たちは考えます。

そして住宅にこだわることは、その後の人生を上質なものにすること。あなたは妥協することなく、自分が建てたい住宅と向き合えていますか?

当サイトではハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社(HOP)監修のもと、芸術のような美しさを兼ね備えた高級注文住宅の写真と、それにまつわる物語をまとめています。

本物を選んだオーナー達の声に、ぜひ耳を傾けてください。

芸術と化す高級注文住宅集

ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)が手がけた高級注文住宅の事例をご紹介。

「モダン」「和風」「スタイリッシュ」「ナチュラル」といった住宅スタイルごとで事例を閲覧できるほか、こだわりの「設備」やHOPの高級注文住宅を映し出した動画についてもご覧いただけます。

HOPで
高級注文住宅を建てた

オーナーの声

HOPで高級注文住宅を建てたオーナーの声を、エリア別にまとめました。

すでに高級注文住宅を建てた経験者の意見というのは、これから住宅を建てたいと考えているあなたに新しい発見を与えてくれるはず。

一歩踏み出せずにいる方も、高級注文住宅での暮らしを想像するヒントになりますので、ぜひご覧ください。

厳しい条件下で建てられた
「ニンゲンの巣」

神奈川 厳しい条件下で建てられた「ニンゲンの巣」

最初の打ち合わせでオーナーの口からでたのは、「ニンゲンの巣を作ってほしい」という要望。HOPのスタッフは、しばし絶句してしまったのだとか。

そんな漠然としたテーマの裏に、実は「住宅の流れを意識した、くつろぎのある高級注文住宅を建てたい」というオーナーの想いがありました。

想いを形にしようと奮闘するHOPですが、「ニンゲンの巣」の建設予定地は、本来であれば住宅が建てられない土地。加えて、敷地の一部上空には高圧電線が通っているというハードルも課せられていたのです。

そんな試練を乗り越えて、「ニンゲンの巣」はどのようにして完成したのでしょうか。

大自然で暮らす北海道の
家族が選んだ暮らし

北海道 大自然で暮らす北海道の家族が選んだ暮らし

HOPが本拠地としているのは北海道。手がける高級注文住宅も、必然的に北海道の事例が多くなっています。

そんな豊富な事例から、HOPで高級注文住宅を建てた複数の家族を取り上げてご紹介。

各家族の取材を終えてでてきた率直な感想は、「家づくりというものは、依頼主の数だけ、正解はいくつもある」ということ。

十人十色の言葉通り、理想として掲げる家、憧れを抱く家というのは、実に様々だと改めて実感させられました。

例えば、屋外と屋内を自由に行き来したい、家族とのつながりを大事にしたい、お子さんと星空を存分に楽しみたいなど。

果たして、HOPはそれらの想いにどのように応えたのでしょうか。施主の方々にお話をお聞きしました。

HOPの高級注文住宅で上質な空間を手に入れるHOPの高級注文住宅で上質な空間を手に入れる

取材協力ハウジングオペレーション
アーキテクツ株式会社

ハウジングオペレーションアーキテクツ株式会社 公式サイト

骨董品となりうる建築 
-日本が誇るHOPの高級注文住宅-

人の暮らしを豊かにする、美しい建築を手がけるハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)。その評判は、国内はもとより、海外からの依頼も寄せられているほど。

HOPが大切にしているのは、「本物は古くならずに深くなる」という信念。これこそが、今日もHOPの家づくりにおける礎となっています。

国産材の温かみや日本の古き良き伝統に重きを置きながらも、常に進化し続けるHOPの高級注文住宅こそ“本物”に等しいのではないでしょうか。

建築家であり芸術家
 HOP創業者「石出和博」

HOP創業者「石出和博」

1989年 一級建築士事務所 アトリエアム設立

1996年 林野庁と北海道の支援を受け、国産材の確保から製材、設計、建築までを協業化した新しい住宅供給システムHOP(ハウジングオペレーションアーキテクツInc)を設立、現在に至る。

木材供給システムにて林野庁長官賞受賞

消費者志向優良企業として経済産業大臣賞受賞

経済産業省主催「ジャパンベンチャーアワード」にて環境特別賞受賞

著書に、家を建てる前に読む本「ハウスドクター診察室」(2005年刊)、石出和博とアトリエアムの世界(2008年刊/ARTBOX社)、美しい日本の邸宅(2014年/幻冬舎)がある。

MOVIE動画で見る
HOPが生み出した
本物の高級注文住宅集

あなたに高級注文住宅での暮らしを想像していただくために、HOPがこれまで生み出してきた住宅を一挙にご覧いただける動画を用意しました。HOPの世界観に浸ってください。

TOPIC

日本で初めて
国産材を住宅に使うルートを
確保したのはHOP

1997年に設立したHOPは、自然素材、それも国産材を使用した新しい時代の住宅づくりを、今日まで実現させてきました。その意義や目的、もたらされるメリットなどをご紹介しましょう。

HOPの建築サイクルは森を救う

「日本の木造住宅は、国産材で建てられるのが当然」と、思っている方も多いことでしょう。

実は、一般的な木造住宅に用いられる木材の80%は、海外から輸入されているのです。もちろん、その輸送には船舶や鉄道、トラックなどが必要となり、CO2の排出も増加します。

こうした状況を改善するためにHOPが取り組んだ一大プロジェクトが、産地直送の住宅供給システムの確立。

具体的な内容として、住宅にはすべて本拠地である北海道の木材を使用することや、木材を伐採した箇所には新たに植林を行い、森の再生にも同時に注力する取り組みがあげられます。

このシステムを実現するために、大学の研究者や学識経験者などの協力を獲得。さらには林野庁、北海道、空知芦別木材協会に社会的意義を認められ、全面的バックアップにより成功を収めました。

地元・北海道の木を
自社システムで製材

地元・北海道の木を自社システムで製材

HOPでは、確保した国産材を品質確かな木材として活用するために、製材工程においても自社システムを駆使したこだわりを貫いています。

例えば、伐採から枝払い、皮はぎ、設定された長さでのカットといった工程は、コンピュータシステム搭載の最新鋭林業機械を活用。

そして、木材の品質を大きく左右する乾燥工程には、過去のデータなどを駆使し、木材の種類ごとに最適化できる独自の木材乾燥釜を擁しています。

地元・北海道の木を自社システムで製材

HOPの新工法プレカットで
木を傷めない

HOPの新工法プレカットで木を傷めない

自社の専用乾燥釜で、最適な状態に仕上げた木材は、HOPグループ留辺蘂工場に集約。そこで、高強度・高精度な建材として加工するプレカットが施されます。

そうすることにより、すべての木材の品質を均一化し、いわゆる不良品の使用を防止。

また、木造建築で弱点とされる柱と梁の接合部分を補強する金物は、HOP独自でオリジナルのものを設計・制作しています。

こうしたこだわりも、HOPが目指す本物の高級注文住宅づくりのベースとなっているのです。

HOPの新工法プレカットで木を傷めない

HOPの精鋭建築士と
アフターメンテナンスについて

HOPグループ代表CEOの石出和博会長は、一級建築士事務所アトリエアム株式会社の代表も兼務する建築家です。

石出会長のもとには、気鋭の設計士やスペシャリストが集結。品質の高いHOPの高級注文住宅は、精鋭建築士が集う・学べる環境が用意されているからこそ、実現できるものなのです。

また、アフターメンテナンスに関して、HOPでは物件完成後半年・1年・2年経過すると定期点検を実施。

気になることや不具合がでた場合には、直ちに駆けつけ、点検、修繕を行う体制を整えています。

上質な木の家で叶えられる5つの安全空間

HOPの家づくりに選ばれた
「こだわりの木」

HOPでは国産材の使用にこだわり、国産材を住宅へ使用するために自社システムをも確立しています。そんなHOPが、数ある木材の中からどのような木を厳選しているのでしょうか?

例えば、硬い性質で美しい木目を持つ「ヤチダモ」は大黒柱や階段の段板や建具などに使用され、耐久性・耐湿性に優れ、色合いが経年変化する「カラマツ」は天板に使用されることが多いようです。

他にも、重硬さが際立つ「ミズナラ」は床材に適しているなど、木材によって最適な使い道が全く変わってくるのです。

HOPが使用する木材は、すべて適切な森林管理を行っている林業者が扱い、産地も明確になっている「森林認証材」を使用。施主の方に安心していただけるよう、配慮を怠りません。

耐震性、耐火性は?
木の家の気になる安全性

木がもたらす温もりや風合いは、自然素材住宅・木造住宅ならではの大きな魅力。

その反面、鉄筋コンクリート造や鉄骨造に比べ、木造住宅は火事や地震に弱いというイメージをお持ちの方も少なくないことでしょう。

実は、そういったイメージは大きな誤解です。最新の自然素材住宅・木造住宅は、安全性が格段に進化しているのでご安心を。

HOP石出会長に、自然素材住宅・木造住宅の安全・安心面について解説していただきました。ぜひご覧ください。