納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト

納得の高級住宅を建てるための会社選びサイト

評判の高級注文住宅会社を徹底リサーチ

東京近郊の高級注文住宅会社 5選!

このサイトでは、東京で高級住宅(高級注文住宅)を建てられる選りすぐりの住宅会社を紹介しています。

まずはじめに、高級注文住宅の建築を得意とする会社の中から、家づくりに対するこだわりと実績で特に評判の高い5社を厳選!
選択の条件は東京近郊エリアで施工が可能なことと、なにより設計・デザインが優れていることです。それぞれの違いが解りやすいように、得意とするデザインについても簡単に解説を加えました。

ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)

ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)の家ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)の家2ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)の家3ハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)の家4

家づくりのこだわり

  • 設計から施工まで一貫した考え方による家づくりを徹底
  • 多様なデザインが可能で、設計の幅が非常に広く、ニーズに対応
  • 国産材を利用した自然素材の家を実践
  • 宮大工の技術を承継する自社職人が施工
  • 「月日がたつほど味わいの深い家、骨董品になれるほど愛着のもてる家づくり」を目指し、建具や階段材、作り付け家具まで全て自社工場で製作
  • 柱や梁の固定金具はHOP工法により従来の2.5倍強度の耐久性を実現している
  • 構造材の70%が再利用可能・間伐材の活用技術開発により森林保護に貢献

実績

1997年
グッドデザイン北海道賞
2000年
ノースパシフィックアントレプレナー大賞
2001年
林野庁長官賞(木材供給システム優良企業)
2006年
経済産業大臣賞(消費者志向優良企業)
2010年
経済産業省ジャパンベンチャーフォーラム2010環境特別賞
2011年
経済産業省主催 北海道IT経営貢献賞
著書多数

得意なデザイン

HOPを主宰する石出 和博氏が得意とするデザインは、現代的な感性に伝統建築の様式美を調和させた、和モダンの重厚な木造住宅。高度なデザイン志向、伝統的な美の追求、現代に息づくモダンな感覚のどれもを自在にいかした高級住宅が持ち味です。

ハウジングオペレーションアーキテクツの
施工事例を公式サイトで見る

水澤工務店

水澤工務店の家水澤工務店の家2水澤工務店の家3

家づくりのこだわり

  • 有名な建築家に設計を依頼して水澤工務店が工事を行うスタイル
  • 一流の建築家との実績で培ってきた経験と感性を基に、こだわりの提案を行う自社の設計部もある
  • イメージを具体化するためのコミュニケーションを重視
  • 大工の代表棟梁が「現代の名工」に選ばれる

実績

1965年
初代水澤文次郎氏が黄綬褒章受章
1967年
初代水澤文次郎氏が勲五等瑞宝章受章
1933年
吉田五十八賞特別賞受賞
2005年
グッドデザイン賞を受賞

得意なデザイン

「建築家とともにつくる家」として木原千利氏、岡田哲史氏、城戸崎博孝氏、アシハラヒロコ氏など有名な建築家に設計を依頼して、水澤工務店が工事を行うスタイルをとっています。意匠性・快適性を追求した和風・モダンの住宅に定評があります。

水澤工務店の
施工事例を公式サイトで見る

佐藤秀一級建築事務所

佐藤秀一級建築事務所の家佐藤秀一級建築事務所の家2佐藤秀一級建築事務所の家3

家づくりのこだわり

  • 建築界の俊英、初代佐藤秀三氏の「真に価値あるものを誠心誠意に創る」という遺志を継ぐ建築会社
  • 施主の夢や理想、想いと真摯に向き合い、時間や手間を惜しまず、ただひたむきに心を注ぐ「ものづくり」の姿勢を重視
  • 年月の経過とともに味わいを増す家づくり

実績

1978年
住宅建築コンクール 入賞
1979年
BCS賞
1988年
吉田五十八賞
1989年
東京建築賞 優秀賞
1979年
日光プリンスホテルが社団法人建築業協会BCS賞を受賞
2003年
志賀アルペンローゼが山ノ内町の有形文化財に指定
2004年
住友俣野別邸が国の重要文化財に指定

得意なデザイン

高級住宅から社寺建築、マンション、オフィス、工場まで手掛ける。一級建築士が多く在籍、可能な設計デザインの幅が非常に広いことが特徴。「佐藤秀調」と呼ばれる大屋根建築、伝統的木造建築が有名です。

佐藤秀一級建築事務所の
施工事例を公式サイトで見る

テラジマアーキテクツ

テラジマアーキテクツの家テラジマアーキテクツの家2テラジマアーキテクツの家3

家づくりのこだわり

  • 自然の力を最大限に活かすことでエネルギー消費量をできるだけ抑えるスマートハウスを提案
  • 代表者の寺島茂氏をはじめ多くの一級建築士や一級建築施工管理技士、コンサルタントが在籍、コミュニケーションを大切に楽しめる家づくりをサポート
  • 設計、施工、監理が一体化した“妥協を生まない”直接施工システムにより、工事の徹底した品質管理

実績

2006年
CGパースコンテスト優秀賞
2008年
TH大賞地域最優秀賞
2009年
TH大賞地域最優秀賞
2011年
「住まいと環境デザインアワード2011」東京ガス賞
2011年
自立循環型住宅(SOWEデザイン)コンテスト」最優秀賞
2011年
「ちょっとプレミアムな私の家と暮らしコンテスト」審査員特別賞播茂賞
2011年
「第21回TH大賞」 地域優秀賞

得意なデザイン

都市部にあってプライバシーが保たれつつも「光と風」が感じられる、開放的な感覚のデザインを得意としています。デザインに上手く目隠しを取り込んで、狭小地にも開放的な空間を生み出します。

テラジマアーキテクツの
施工事例を公式サイトで見る

アーネストホーム

アーネストホームの家アーネストホームの家2アーネストホームの家3

家づくりのこだわり

  • アーネストアソシエイツ株式会社を基幹とした建設プロデュースグループの中で、住宅に特化した施工会社で、高級注文住宅に特化
  • グループ会社に、設計、施工、インテリアなどを専門に行う会社があり協力体制をとっている
  • 建築現場にLiveカメラを設置して設計者・クライアントに情報を提供するサービスを行う

実績

創業以来800棟以上を施工      

得意なデザイン

高級住宅専門の施工会社として、広大な土地を生かした開放感のある建築を得意としています。

アーネストホームの
施工事例を公式サイトで見る

注目の高級住宅会社をクローズアップ

ここで紹介している住宅会社は押しも押されぬ実力派ばかりなので、高級注文住宅に興味がある人なら住宅専門誌などで紹介されている記事を読んだことがあるかも知れません。

この中から今回は北海道出身、宮大工出身という特異な経歴を持つ建築家、石出和博氏が主宰するハウジングオペレーションアーキテクツ(HOP)について、もう少し詳しく見ていきましょう。

国産材利用の仕組みづくりを確立

HOPの和モダンの家ハウジングオペレーションアーキテクツ(以下HOP)の特徴といえば、林野庁と北海道、空知(そらち)芦別木材協会の全面的バックアップによって開発された、原木確保から製材、流通、設計、建築までを協業化したHOPシステムが第一にあげられるでしょう。

HOPシステムではタモ、ミズナラ、セン、ヒノキ、スギ、マツなど北海道の天然木を建築素材として使用するため、シックハウス症候群が発生しない利点があります。

寒冷地の北海道で育った木材は強度が高いことに加えて、HOPでは北海道基準の気密・断熱性能と2メートルの積雪に耐える強度の家が建築できるため、都心部においては充分過ぎる性能の高級注文住宅の建設が可能です。

またHOPでは、人工林の間伐材を建築材料や建具の材料として活用する技術を確立しているため、森林の保護にも貢献しています。HOPシステムは「SGEC緑の循環森林認証」「環境共生システム供給型認定」「木造住宅合理化システム高耐久性能タイプ設定」の認定を受けています。

骨董品たり得る家づくり

HOPの和モダンの家2HOPの主宰、石出和博氏は宮大工出身ということもあって、日本の社寺建築など伝統的建築技術への思いが非常に強いようです。

国宝、法隆寺の修復や薬師寺再建を行った宮大工の第一人者(故)西岡常一棟梁とも親交があり、技術の承継を行うために自社の大工を入門させるほどだったそうです。

石出氏が西岡棟梁から学んだことは、50年60年あるいはもっと長いスパンで木造建築を考え、後世に残す骨董品のような家づくりをするということでした。

「あなたが今造っているものが、五十年もたったらその町の文化になる。そういうものを造らなければいけない」という西岡常一棟梁の言葉こそが、現在のHOPの原点になっています。

 
pagetop
納得の高級注文住宅を建てるための会社選びサイト